トップページ > B-netメルマガバックナンバー > B−net メルマガ第71号

B-NETメルマガ

%%NAME%% 様
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 中四国環境ビジネスネット (B−net)
 
 岡  山  県

 公益財団法人岡山県産業振興財団 からのお知らせ


               平成25年9月5日 第71号

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆



 このメールは、循環型産業クラスター形成促進事業にご賛同いただき、
 メールアドレスをお知らせいただいた皆様に配信しております。
  ※重複して送信した場合はご容赦ください。
  ※このメールへ直接返信されますと、読者の皆さん全員に配信され
   ますのでご注意ください。

 ◆ メールマガジンについてのお問い合わせは‥‥ ◆

    公益財団法人岡山県産業振興財団技術支援部 (担当:竹内)
      E-mail:stake@optic.or.jp  へご連絡を!!

 
 目  次

 【1】 「中四国環境ビジネスネット(B−net)フォーラム2013」
     広域展示商談会の出展者を募集します!!

 【2】 「びわ湖環境ビジネスメッセ2013」 開催のご案内

 【3】 「とっとり産業フェスティバル2013&鳥取環境ビジネス
     交流会2013」 開催のご案内
     

 【4】 「J−クレジット制度中国地域説明会」 開催のご案内 

【5】 「中国地域さんさんコンソ新技術説明会」 開催のご案内

 【6】 ☆☆ 環境サポーターからのお願い ☆☆
      お知恵拝借!! 〜漬物工場排出の食品残さの利活用〜
     


********************************************************************

【1】 「中四国環境ビジネスネット(B−net)フォーラム2013」
    広域展示商談会の出展者を募集します!!

  岡山県と公益財団法人岡山県産業振興財団では、本年11月に開催する
 「中四国環境ビジネスネット(B−net)フォーラム2013」における
 広域展示商談会の出展者を募集します。
  詳細は以下のとおりですので、3R・新エネルギーなどの新技術、新製品の
 事業化をご検討中の企業、研究機関、団体の皆様に多数ご出展いただきますよう
 ご案内申し上げます。

 ■事業名   中四国環境ビジネスネット(B−net)フォーラム2013
      
 ■開催日程  平成25年11月27日(水)13時〜17時(予定)

 ■開催会場  岡山ロイヤルホテル 2階 光楽の間
            岡山市北区絵図町2−4
            ※岡山駅西口徒歩15分、山陽道岡山ICより車で約8分
              アクセス→ http://www.orh.co.jp/access/

 ■主 催   岡山県 ・ 公益財団法人岡山県産業振興財団

 ■内 容
   (1)中国四国地域を中心とする企業・研究機関による3R関連の新技術
     等の展示商談会
         ポスターセッション・プレゼンテーション・商談会
   (2)基調講演 ≪環境ビジネスの最新情報、潮流等に関する話題提供≫
        講師 DOWAエコシステム株式会社
            代表取締役社長 佐々木 憲一 氏
   (3)研究機関からのイノベーション関連トピックス提供
        講師 岡山大学大学院自然科学研究科 教授 池田 直 氏

 ■出展対象
   (1)3R関連の新技術の事業化をお考えの企業及び研究者(研究機関)
   (2)新技術を活用して広域的な環境ビジネスの展開を目指している企業
    ※原則として中国地方・四国地方に事業所を有する企業、及び同地域内の
     各大学・公設試の研究者等

 ■出展料   無 料 (搬入・搬出費用はご負担いただきます)

 ■展示小間(基本装飾)
   ○パーテーション  W90cm×H210cm×2枚
      ※パネル(A1サイズ)2枚掲示可
   ○社名板
   ○展示テーブル   W150cm×D90cm×1本
   ○椅子  2脚

 ■募集団体  20団体

 ■プレゼン  6団体程度
          ※出展内容に関するプレゼンテーション(10分)ができます

 ■募集期間  9月5日(木)〜10月4日(金)

 ■申込方法
    出展申込書に必要事項をご記入の上、FAXまたはE-mailにてお申し込み
   ください (予定小間数に達した場合は締切前にお断りすることがあります)

 ■募集要項等のダウンロード
    「出展者募集要項(PDF)」及び「出展申込書(Word)」は下記URL
    よりダウンロードしてご利用ください
    ※ダウンロードはこちら→ http://bnet-okayama.jp/info_detail/show/23.html


 ■お申し込み・お問い合わせ先
    公益財団法人岡山県産業振興財団 技術支援部 研究開発支援課
    担当:竹内
     TEL 086−286−9652
     FAX 086−286−9675


【2】 「びわ湖環境ビジネスメッセ2013」 開催のご案内
  
  来る10月24日(木)から3日間にわたり、滋賀県長浜市において「びわ湖
 環境ビジネスメッセ2013」が開催されます。
  今年で16回目となる「びわ湖環境ビジネスメッセ」は、「環境と経済の両立」
 を基本理念に、環境負荷を低減する製品・技術・サービス等を対象とした、商談・
 取引と情報発信、交流の場となる、国内最大級の環境産業総合見本市です。
  この「びわ湖メッセ」に、今年も広島県、岡山県を中心とする中国地方の企業・
 団体13社(共同出展1社を含む)が出展します。
  会場周辺には長浜城、彦根城に代表される戦国時代を彩る史跡や、江戸から明治の
 レトロな町並みが残る長浜黒壁スクエアなど、歴史好きには見どころ満載の散策
 スポットも!!
  今回はご来場者様からのご要望に応え土曜日も開催しておりますので、多くの
 皆様にご来場いただきますようご案内いたします。
  なお、開催案内リーフレットをご希望の場合は、岡山県産業振興財団 技術支援部
 で配布しておりますのでお立ち寄りください。

 ♪♪♪詳細情報はこちら→ http://www.biwako-messe.com/

 ■会 期  10月24日(木)〜26日(土)
           10時〜17時 (最終日は16時まで)

 ■会 場  滋賀県立長浜ドーム (滋賀県長浜市田村1320)
           JR田村駅下車 徒歩5分
           JR米原駅東口から無料シャトルバスで13分
           ※アクセス→ http://www.biwako-messe.com/access/

 ■主 催  びわ湖環境ビジネスメッセ実行委員会

 ■出展予定  314企業・団体、512小間

 ■入場料  無 料
 
 ■来場者数  36,000人(見込み)

 ■来場のご案内
    来場者事前登録、セミナー・プレゼンテーション受講の事前登録、
   出展者検索は下記URLをご利用ください
  https://www.biwako-messe.com/sys/exhibitions/guidance?&sort=TBaseInfo.modified&direction=desc

 ■ちゅうごく地域環境ビジネスプロジェクト 出展者のご紹介
   ☆印は取りまとめ機関です。
  
   ☆公益財団法人岡山県産業振興財団
     あっとくれーん株式会社(岡山市)
       http://www.biwako-messe.com/sys/companies/view/CH-01
     株式会社ビー・シー・オー(岡山市)
       http://www.biwako-messe.com/sys/companies/view/CH-02
     株式会社アース産業(倉敷市)/株式会社シー・エス・エス(岡山市) 
       http://www.biwako-messe.com/sys/companies/view/CH-03
     山陽施設工業株式会社(岡山市)
       http://www.biwako-messe.com/sys/companies/view/CH-04
     日進ゴム株式会社 環境事業部(岡山市)
       http://www.biwako-messe.com/sys/companies/view/CH-05
     株式会社アマキ(倉敷市)
       http://www.biwako-messe.com/sys/companies/view/CH-06
   ☆一般社団法人中国地域ニュービジネス協議会
     ミサワ環境技術株式会社(三次市)
       http://www.biwako-messe.com/sys/companies/view/CH-07
     株式会社トロムソ(尾道市)
       http://www.biwako-messe.com/sys/companies/view/CH-08
     株式会社タテイシ広美社(府中市)
       http://www.biwako-messe.com/sys/companies/view/CH-09
     第一コンテク株式会社(広島市)
       http://www.biwako-messe.com/sys/companies/view/CH-10
     真庭バイオマテリアル有限会社(真庭市)
       http://www.biwako-messe.com/sys/companies/view/CH-11
     一般社団法人中国地域ニュービジネス協議会(広島市)
       http://www.biwako-messe.com/sys/companies/view/CH-12

 ■お問い合わせ先
    びわ湖環境ビジネスメッセ実行委員会
      滋賀県商工観光労働部モノづくり振興課内
      TEL 077−528−3793
    公益財団法人岡山県産業振興財団 技術支援部 担当:竹内
      TEL 086−286−9652


【3】 「とっとり産業フェスティバル2013&鳥取環境ビジネス
    交流会2013」 開催のご案内

  9月6日(金)・7日(土)の2日間、鳥取県民体育館を会場に、「とっとり
 産業フェスティバル2013」&「鳥取環境ビジネス交流会2013」が開催
 されます。
  「とっとりの知恵と技術をむすんで、未来をひらく」をテーマに、多彩な
 催しが企画されています。

 ♪♪♪詳細情報はこちら→ http://www.pref.tottori.lg.jp/147466.htm

 ■会 期  9月6日(金)10時〜17時 / 9月7日(土)10時〜16時
 
 ■会 場  コカ・コーラウエストスポーツパーク 鳥取県民体育館
           鳥取市布勢146−1(鳥取駅よりバスで約17分)
         ※アクセス→ http://www.fuse-sportspark.com/service/access.html

 ■主 催  とっとり産業フェスティバル2013実行委員会、鳥取県

 ■内 容
   ○企業展示
   ○研究発表
   ○産学官マッチングプレゼン
   ○TNS合同発表会
   ○商談会・相談会
   ○山陰発技術シーズ発表会inとっとり 9/6(金)14:00〜17:00
   ○基調講演 9/6(金)10:15〜11:30
     「3Dデータとテクノロジーの活用による新規事業創出の可能性」
       有限会社ニコラデザイン・アンド・テクノロジー
        代表取締役社長 水野 操 氏
   ○産学官連携交流会 9/6(金)18:00〜20:00
   ※詳細情報は下記URLよりパンフレットをダウンロードしてください
    http://www.pref.tottori.lg.jp/secure/521237/sangyofes2013-panfulet.pdf

 ■お問い合わせ先
    鳥取県商工労働部経済産業総室・立地戦略課
     TEL 0857−26−7690


【4】 「J−クレジット制度中国地域説明会」 開催のご案内 

  平成25年4月より、これまでの「国内クレジット制度」と「J−VER制度」
 を統合した「J−クレジット制度」がスタートしました。
  これは、省エネルギー設備の導入や森林経営などの取組による、温室効果ガス
 の排出削減量や吸収量を「クレジット」として国が認証し、売却できる制度です。
  このたび、「J−クレジット制度」をご理解いただき、制度の普及促進を図る
 ことを目的とした説明会が開催されます。
  当日は、制度内容のほか、カーボン・オフセットの取組事例の紹介、具体的な
 手続きについての説明もありますので、対象となる設備の導入等をご検討中の
 事業者の皆様はぜひご出席ください。

 ♪♪♪詳細情報はこちら→ http://www.chugoku.meti.go.jp/event/energy/130802.html

 ■開催日・会場
  ○広島会場
    9月6日(金)14時〜16時
       広島YMCA国際文化センター 2号館4階 大会議室
        (広島市中区八丁堀7−11)
  ○米子会場
    9月11日(水)14時〜16時
       国際ファミリープラザ 2階 多目的ホール
        (米子市加茂町2−180)
  ○岡山会場
    9月 12日(木)14時〜16時
      岡山国際交流センター 8階 イベントホール
        (岡山市北区奉還町2−2−1)

 ■定 員  各会場とも100名
 
 ■対象者
   ○省エネ・温室効果ガス削減を目指している皆様
   ○クレジットを活用したカーボン・オフセット等の環境貢献への取組に
    関心のある皆様

 ■主 催  中国経済産業局
         (事務局:中電技術コンサルタント株式会社)

 ■参加費  無 料

 ■参加申込
   (1)下記URLより参加申込書をダウンロードしFAXにてお申し込み
     ください
      http://www.chugoku.meti.go.jp/event/energy/130802.pdf
   (2)件名に【J−クレジット制度中国地域説明会 参加申込】と入力し、
     本文に【希望会場】【所属】【連絡先(TEL・FAX・Eメール】
     参加者名【氏名・所属部署・役職】を入力し、下記宛てメール送信
     してください

 ■お問い合わせ・お申し込み先
    中電技術コンサルタント株式会社
    臨海・都市部循環システムグループ 担当:村上さん、乗越さん
     TEL 082−256−3352
     FAX 082−256−1968
     E-mail:nmurakam@cecnet.co.jp
    中国経済産業局 資源エネルギー環境部エネルギー対策課 担当:近藤さん
     TEL 082−224−5741

 

【5】 「中国地域さんさんコンソ新技術説明会」 開催のご案内

  科学技術振興機構(JST)は、大学、公的研究機関などの各種事業により生まれた
 研究成果の実用化を促進するため、新技術説明会を開催しています。
  このたび、岡山大学と鳥取大学が事務局を担う中国地域さんさんコンソのシーズを
 首都圏の企業関係者向けに発表する「中国地域さんさんコンソ新技術説明会」が開催
 されますのでご案内いたします。
  ライセンス・共同研究可能な技術(未公開特許を含む)を開発した研究者自らが
 発表されますので、ぜひご来場ください。

 ■日 時  9月20日(金)10:30〜16:40
 
 ■会 場  JST東京本部別館ホール(東京都市ヶ谷、JR市ヶ谷駅より徒歩3分)
          ※アクセス→ http://jstshingi.jp/sansan/2013/access.html

 ■主 催  中国地域産学官連携コンソーシアム(さんさんコンソ)
        独立行政法人科学技術振興機構

 ■シーズ発表
  (1)虫歯を予防するバイオフィルム形成阻害物質
       薮田 行哲 氏(鳥取大学/准教授)
  (2)脳で音楽を感じるスピーカ(ニューロスピーカ)
       谷口 和弘 氏(広島市立大学/講師)
  (3)非線形システムに対するPIDパラメータの自動調整法
       山本  透 氏(広島大学/教授)
  (4)高圧縮・高セキュリティ・高速処理を実現する幾何学的データ暗号方式
       六井  淳 氏(広島大学/講師)
  (5)波線グリッドパターン投光器とカメラを用いた画像3次元形状復元方法
       古川  亮 氏(広島市立大学/准教授)
  (6)自己組織化マップによる多次元データの有意度の算出法
       大木  誠 氏(鳥取大学/准教授)
  (7)バイオマスからスーパーエンプラを作る!
       木村 邦生 氏(岡山大学/教授)
  (8)ナノカルシウムを用いる複合汚染土壌の浄化技術
       三苫 好治 氏(県立広島大学/准教授)
  (9)微生物を用いた消化汚泥の資源化
       藤井 克彦 氏(山口大学/准教授)

 ■参加申込(事前登録制)
    下記URLより聴講希望の発表を選択の上、お申し込みください
     https://www.jstshingi.jp/cgi-bin/2013/sansan/form.cgi

 ■お申し込み・お問い合わせ先
    中国地域産学官連携コンソーシアム(さんさんコンソ)事務局
     TEL 086−251−7151
     FAX 086−251−8442
     E-mail:info@sangaku-cons.net
    科学技術振興機構 産学連携支援担当
     TEL 0120−679−005
     FAX 03−5214−8399
     E-mail:scett@jst.go.jp


【6】 ☆☆ 環境サポーターからのお願い ☆☆
      お知恵拝借!! 〜漬物工場排出の食品残さの利活用〜

  先日、岡山県内の漬物工場の美人社長さんから、次のようなご相談を受けました。
  
  同社は、県内で収穫された白菜、大根、ナスなどの新鮮野菜を加工したお漬物の
 製造、販売を行っています。
  現在、製造工程において月間約15トンの野菜くずが発生します。
  問題は容量が半端なくかさばることです。
  処理業者に引き取ってもらうまでの保管スペースを確保するため、同社では、
 この15トンの残さを再度塩漬け処理することで水分を下げ、50%まで減量して
 廃棄処理しています。
  そのため、廃棄物の保管スペースの確保、塩漬け処理要員の配置、処理費等の
 負担が、以前から課題となっているそうです。
  
  真っ先に思い浮かぶのは、肥料化、飼料化ですが、生野菜なので腐敗が早く、
 臭いの問題など近隣農家からのクレームもあり、断念した経緯もあり。

  読者の皆様で、もし良いアイデア、あるいは情報をお持ちでしたら、ぜひ環境
 サポーターまでご一報ください!!

  ☆ 環境サポーター連絡先 ☆
     (公財)岡山県産業振興財団 技術支援部 研究開発支援課
      環境サポーター 竹内 聖子
      TEL 086−286−9652
      FAX 086−286−9676
      E-mail:stake@optic.or.jp

 
********************************************************************

 ♪ 後 記 ♪

  ずいぶんメルマガの発行の間が空き、ご心配をお掛けしました。
  気付けば、あたりは秋風が吹き始めてたりしまして、、、
  前号の配信以後、いろいろな分野の方のお話を聴く機会をもつことができ
  ました。

  まずは、業務多忙の中、11月のB−netフォーラムの基調講演を快く
  お引き受けいただいたDOWAエコシステムの佐々木社長。
  ゲリラ豪雨の合間を縫って、オタクの聖地・秋葉原駅と通称アキバブリッジ
  で直結する秋葉原UDXビル22Fにある本社オフィスでお目にかかり
  ました。
  一瞬強面そうに見えましたが(ごめんなさい)、お話を伺っているうち、
  たまに垣間見える笑顔でとてもチャーミングでお優しい方でした。
  今回の講演では、PCB廃棄物の無害化処理から震災瓦礫の処理、高度な
  除染技術開発など、社会貢献にも繋がる同社の取組についてご紹介いただ
  けるそうです。
  積極的な海外展開を行い、アジアナンバー1を目指す企業のトップのご講演
  をいまから楽しみにしています。

  そして、もうお一方は、祇園祭の山鉾巡業の翌週の京都でお会いした堀場
  製作所の堀場最高顧問です。
  御年88才とは思えない顔艶と白髪を後ろで束ねた独特のヘアスタイルで
  本社応接に入ってこられたときは、さすがにその威厳にたじろぎ、思わず
  立ち上がって最敬礼してしまいました。
  ベンチャーの神様と称される同氏ですが、地元京都への愛着は深く、同社
  も含め、島津製作所やオムロン、ワコールなどなど、京都に本社をもつ
  優良企業がなぜ生き残っているかについて、明瞭にご説明くださいました。
  京都の企業の皆さんにとって、東京に本社機能を移すのは「都落ち」だ
  という感覚をお持ちだそうで・・・
  さすがに千年の歴史の重みは違うと、改めて実感した今年の夏でした。
   
********************************************************************

 (発信者)

  B−net(中四国環境ビジネスネット)
  岡 山 県
  公益財団法人岡山県産業振興財団
  URL http://bnet-okayama.jp

  公益財団法人岡山県産業振興財団
  技術支援部 研究開発支援課
  環境サポーター 竹 内 聖 子
  E-mail:stake@optic.or.jp
 
  〒701−1221
  岡山市北区芳賀5301 テクノサポート岡山3F
  TEL 086−286−9652
  FAX 086−286−9676

************************************************************************