トップページ > B-netメルマガバックナンバー > B−net メルマガ第72号

B-NETメルマガ

%%NAME%% 様

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 中四国環境ビジネスネット (B−net)
 
 岡  山  県

 公益財団法人岡山県産業振興財団 からのお知らせ


               平成25年11月7日 第72号

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆



 このメールは、循環型産業クラスター形成促進事業にご賛同いただき、
 メールアドレスをお知らせいただいた皆様に配信しております。
  ※重複して送信した場合はご容赦ください。
  ※このメールへ直接返信されますと、読者の皆さん全員に配信され
   ますのでご注意ください。

 ◆ メールマガジンについてのお問い合わせは‥‥ ◆

    公益財団法人岡山県産業振興財団技術支援部 (担当:竹内)
      E-mail:stake@optic.or.jp  へご連絡を!!

 
 目  次

 【1】 「中四国環境ビジネスネット(B−net)フォーラム2013」
     開催のご案内

 【2】 「びわ湖環境ビジネスメッセ2013」 来場お礼・出展報告

 【3】 「エコ・イノベーションメッセ2013inひろしま」 開催のご案内  

 【4】 「揮発性有機化合物(VOC)排出抑制セミナー」 開催のご案内 

【5】 平成25年度資源循環技術・システム表彰
     (株)フジコー山陽工場が経済産業省産業技術環境局長賞受賞!!

********************************************************************

【1】 「中四国環境ビジネスネット(B−net)フォーラム2013」
    開催のご案内

  岡山県と公益財団法人岡山県産業振興財団では、リサイクルビジネスの広域
 ネットワーク形成などにより環境産業の振興を図るため、中国四国地域を中心
 に3R等の新技術・関連商品などを紹介する「中四国環境ビジネスネット
 (B−net)フォーラム2013」を開催いたします。
  今回の基調講演には、近年、アジアや東南アジア諸国にも環境事業の拠点を
 設け、各国政府から高い評価を得ているDOWAエコシステムの佐々木社長を
 お招きしご講演いただきます。
  また、注目の次世代型太陽電池素材「グリーンフェライト(R)」の開発者
 岡山大学の池田教授にその概要についてご紹介いただきます。
  県内外の多数の皆様の参加をお待ちしております!!

 ♪♪詳細情報はこちら→ http://bnet-okayama.jp/info_detail/show/29.html
     
 ■日 時  平成25年11月27日(水)13時〜17時

 ■会 場  岡山ロイヤルホテル 2階 光楽の間
            岡山市北区絵図町2−4
            ※岡山駅西口徒歩15分、山陽道岡山ICより車で約8分
              アクセス→ http://www.orh.co.jp/access/

 ■主 催  岡山県 ・ 公益財団法人岡山県産業振興財団

 ■参加費  無 料

 ■定 員  200名

 ■プログラム

  13:00〜13:10
   開会挨拶  中四国環境ビジネスネット委員会 会長 渡邊 裕 氏
         (岡山大学研究推進産学官連携機構 副機構長・教授)

  13:10〜14:40
   基調講演
    『アジアナンバーワンの環境・リサイクル企業を目指して
         −DOWAエコシステムが挑戦する新事業展開−』

     講師 DOWAエコシステム株式会社
        代表取締役社長 佐々木 憲一 氏

   ≪内容≫
      この10年間に中国や東南アジア諸国にも環境事業の拠点を設け、
     廃棄物処理、リサイクル、土壌汚染浄化の各分野において、相手国の
     地域に密着した事業を展開し、各国政府から高い評価を得ている
     同社の取組についてご紹介いただきます。
      併せて、東日本大震災の復興支援における廃棄物処理事業や、岡山
     県内における微量PCB処理、バイオディーゼル事業などの新たな
     事業展開についてもご紹介いただきます。

  14:50〜15:30
   研究機関からのイノベーション関連トピックス提供
    『酸化鉄加工物「グリーンフェライト(R)」を用いた次世代型
     太陽電池の実用化に向けた取組』

     講師 岡山大学大学院自然科学研究科 教授 池田 直 氏

  15:30〜17:00
   中国四国地域を中心とした企業・研究機関によるポスターセッション
    〜3R関連・未利用循環資源を活用した新技術・商品の広域展示商談会〜


 ■出展企業紹介 ※はプレゼンテーションも行います

  ≪岡山県≫
   ○岡山市エコ技術研究会(岡山市) ※プレゼン有
      業務用生ごみ処理機 〜バイオと温風乾燥のハイブリッド〜
   ○くろがね産業株式会社(岡山市)
      再生ゴムチップ使用の人工芝資材・弾性舗装用着色チップ
   ○鈴木工業株式会社(新見市)
      石灰を使用した無機汚泥リサイクル事業の紹介
   ○テスラム株式会社(和気郡和気町)
      磁性体のリサイクル事業 〜ソフトフェライト粉等の製造〜
   ○株式会社トマト銀行(岡山市)
      環境保全の取り組み
   ○バイオディーゼル岡山株式会社(岡山市)
      廃食用油回収によるBDF(バイオディーゼル燃料)製造
   ○真庭バイオマテリアル有限会社(真庭市) ※プレゼン有
      木質バイオマスの新素材商品
   ○岡山県環境文化部循環型社会推進課&公益財団法人岡山県環境保全事業団
      岡山県エコ製品・岡山エコ事業所の制度紹介、製品展示
      循環資源マッチング制度・リサイクル情報システムの紹介

  ≪広島県≫
   ○株式会社エフピコ(福山市)
      トレー、透明容器、PETボトルのリサイクル技術の紹介
   ○株式会社グリーンテクノロジー(広島市) ※プレゼン有
      CO2削減コンサルタントで節電分析!!
   ○有限会社東根製作所(尾道市)
      木質バイオマス燃料ガス生成装置
   ○ミサワ環境技術株式会社(三次市)
      地中熱エネルギーシステムのご紹介

  ≪香川県≫
   ○株式会社ソルエース(高松市)
      世界初五角形型散気管・排水設備用エアレーター「空海」
   ○株式会社ちよだ製作所(高松市)
      廃棄うどんを利用したバイオエタノール生成事業 他

  ≪徳島県≫
   ○株式会社アクト(吉野川市)
      凝集剤を用いた廃液の減容化処理と池の浄化に関する提案

  ≪経済団体≫
   ○一般社団法人中国地域ニュービジネス協議会(広島市)
      バイオマス・ファインケミカルズ・リファイナリー創出

  ≪研究機関≫
   ○岡山大学大学院教育学研究科 〜石川准教授〜(岡山市)※プレゼン有
      植物繊維を利用した放射性金属イオン除去技術
   ○岡山大学大学院自然科学研究科 〜池田教授〜(岡山市)
      「グリーンフェライト(R)」を用いた次世代型太陽電池の
      実用化
   ○中国地域産学官連携コンソーシアム
      さんさんコンソの取り組み紹介

  ≪特 設≫
   ○DOWAエコシステム株式会社(東京都)
      DOWAグループの環境事業及び岡山地区実施事業の紹介    

 ■参加申込
   下記より11月25日(月)までにオンライン申し込みをお願いします
    ↓↓↓
   http://www.optic.or.jp/okayama-ssn/event_detail/index/340.html

 ■開催案内・参加申込書
   下記URLからダウンロードできます
    ↓↓↓
   http://bnet-okayama.jp/info_detail/show/29.html
 
 ■お申し込み・お問い合わせ先
    公益財団法人岡山県産業振興財団 技術支援部 研究開発支援課
    担当:竹内
     TEL 086−286−9652
     FAX 086−286−9675


【2】 「びわ湖環境ビジネスメッセ2013」 来場お礼・出展報告
  
  去る10月24日(木)から3日間にわたり、滋賀県長浜市において開催された
 「びわ湖環境ビジネスメッセ2013」に際しましては、台風の西日本縦断と重なり、
 あいにくの悪天候の中、会場全体で34,740人、私どもが出展した「ちゅうごく
 地域環境ビジネスプロジェクト」ブースには2,145人もの多くの皆様にご来場
 いただき、心より感謝申し上げます。
  会期中、アンケートにご協力いただいた皆様には、心ばかりのプレゼントを
 差し上げましたがお気に召したでしょうか。
  廃棄防草シートを活用して作った、広島、岡山両県をイメージした「桃」「マス
 カット」「宮島の鳥居」「もみじ」などなど、様々な種類のコースターをお渡し
 したところ、口コミで来場者に評判となったようです。
  なぜか男性の皆さんに岡山県の天然記念物「オオサンショウウオ」コースター
 が人気だったのは意外でしたが・・・(笑)
  会期中だけで、出展者12企業・団体全体において、今後の販路に繋がる見込み
 のある100件近い商談ができたのは、大きな成果となりました。
  出展企業の今後の販路開拓に期待しています!!

  出展の模様をB−netホームページにアップしましたので、ぜひご覧ください。
     ↓↓↓
  http://bnet-okayama.jp/event_list/show.html
  

【3】 「エコ・イノベーションメッセ2013inひろしま」 開催のご案内

  来る11月22日、23日の両日、広島市内において「エコ・イノベーション
 メッセ2013inひろしま」が開催されます。
  この催しは、環境とイノベーションをメインテーマに、広島を中心に産学官
 連携で開催される環境総合展です。
  今回のテーマは「新しい“まち創り”を提案します」
  地域の活性化につながる交流とビジネス提案の場を提供します。
  奮ってご参加ください!!

 ♪♪詳細情報はこちら→ http://www.rcc.co.jp/eco/innovation/

 ■会 期  11月22日(金)〜23日(土)10時〜17時 ※23日は16時まで
 
 ■会 場  広島県立広島産業会館 (広島市南区比治山本町16−31)
         広島駅より広電「広島港行き」南区役所前下車 徒歩3分
         ※アクセス→ http://www.hiwave.or.jp/hikos/kaikan/map.pdf

 ■主 催  「エコ・イノベーションメッセinひろしま」実行委員会

 ■内 容
  ○講演
   11月22日(金)13:00〜15:00
    会場:広島市南区民文化センター ホール
   
   講演
   「異常気象と人類の選択−地球温暖化をもっとよく考えるための最新科学知見−」
     国立環境研究所 地球環境研究センター
     気候変動リスク評価研究室長 江守 正多 氏

   基調講演
   「SKYACTIVEとそのココロ」
     マツダ株式会社 代表取締役副会長 金井 誠太 氏

   11月23日(土)13:30〜14:30
    会場:広島市南区民文化センター 大会議室

   講演
   「子どもたちの未来のために考えたいエネルギーや環境のこと」
     キャスター 木場 弘子 氏

  ○環境ビジネスセミナー
   11月22日(金)11:00〜12:00
    会場:広島市南区民文化センター 大会議室

   「環境ビジネスセミナー 〜海外でのビジネスに挑む〜」
     日本ポリグル株式会社、リマテック株式会社

  ○企業・団体等の出展
   135社・団体
   ※出展者情報はこちら→ http://www.rcc.co.jp/eco/innovation/exhibitor.htm

 ■同時開催
   脱・温暖化フェアinひろしま2013
   建設技術フォーラム2013in広島  
  
 ■お申し込み・お問い合わせ先
  「エコ・イノベーションメッセinひろしま」実行委員会事務局内
   RCC文化センター
    TEL 082−222−2276
    FAX 082−222−2270


【4】 「揮発性有機化合物(VOC)排出抑制セミナー」 開催のご案内 

  経済産業省では、浮遊粒子状物質及び光化学オキシダントの原因物質の一つと
 されている揮発性有機化合物(VOC)の排出を抑制するため、大気汚染防止法
 による法規制及び事業者の自主的取組を合わせた対策を行っています。
  中国経済産業局では、引き続き事業者の方に自主的取組を進めていただくため、
 VOC排出抑制の意義やメリットに加え、VOC対策を実際に実践されている
 事例についても紹介するセミナーを開催いたします。
  多数のご参加をお待ちしております。

 ■日 時  平成25年11月26日(火)13:30〜16:30
 
 ■会 場  中国経済産業局 第1会議室
        (広島市中区上八丁堀6−30 広島合同庁舎2号館2階)

 ■主 催  中国経済産業局

 ■参加費  無 料

 ■定 員  100名(先着順)

 ■プログラム

  (1)有期溶剤を適切に処理していますか?
      〜VOC排出抑制の意義、メリット〜
       経済産業省 産業技術環境局 環境指導室 星 真梨子 氏

  (2)有機溶剤取扱い職場の健康障害防止対策
       中央労働災害防止協会 労働衛生調査分析センター
        衛生管理士 山田 周 氏
 
  (3)塗料分野におけるVOC排出抑制への取り組みについて
       大日本塗料株式会社 建築・構造物塗料事業部
       構造物グループ テクニカルサポートグループ
        チームリーダー 松本 剛司 氏
  (4)自主的取組の具体的な進め方と支援ツール
       一般社団法人産業環境管理協会 環境管理部門
       環境技術・人材育成センター 所長 池田 茂 氏

 ■参加申込
    件名を【11/26VOC排出抑制セミナー参加】、メール本文に会社(団体)名、
   所属、氏名、TEL、FAX、メールアドレスを記入の上、下記宛てメール
   送信してください。※11月22日(金)まで
    または、下記より参加申込書をダウンロードし、必要事項をご記入の上、
   お申し込みください。
    http://www.chugoku.meti.go.jp/event/kankyo_recycle/131101.html

 ■お問い合わせ・お申し込み先
    中国経済産業局 資源エネルギー環境部 環境・リサイクル課
    担当:佃さん
     TEL 082−224−5676
     FAX 082−224−5648
     E-mail:cgk-junkan@meti.go.jp
 

【5】 平成25年度資源循環技術・システム表彰
    (株)フジコー山陽工場が経済産業省産業技術環境局長賞受賞!!

  去る10月18日、東京都内において、平成25年度「資源循環技術・システム表彰」
 表彰式が執り行われ、廃棄物の発生抑制(リデュース)、使用済み製品の再使用
 (リユース)、再生資源の有効利用(リサイクル)等に資する優れた事業15件19社
 が表彰されました。
  今年3月にB−net先進事例視察で視察させていただいた、岡山県浅口市にある
 株式会社フジコー 山陽工場が、栄えある≪経済産業省産業技術環境局賞≫を受賞
 されましたのでお知らせいたします。
  同社が製造する熱間圧延ワークロールは、自動車用鋼板や電化製品用の薄板鉄鋼製品
 を圧延成形するために、圧延工場の主要部品として使用されます。
  今回受賞した同社の技術は、使用済み複合ハイス熱間圧延ワークロールを対象として、
 世界で初めて独自開発した連続鋳掛法(CPC法)を用いて、使用済みワークロールの
 表面にハイス層を再形成し(ロール芯材のリユース)、さらに軸部の形状復元に特殊
 溶接法を駆使して新品同等の品質及び性能に再生するものです。
  この技術により、使用済み複合ハイス熱間圧延ワークロールの残存ハイス層も、
 再生ハイス層の原材料として有効活用されています。

  視察させていただいた工程が受賞されましたこと、心から嬉しく思います。
  本当におめでとうございました。
 
  なお、他の受賞者については以下のURLをご覧ください。
  http://www.meti.go.jp/press/2013/10/20131011001/20131011001.html

 
********************************************************************

 ♪ 後 記 ♪

  前回配信号で、漬物工場から出る廃棄野菜くずの利活用について、読者の皆様
  にアドバイスを求めたところ、わずか1週間もしない間に5件ものご意見を
  お寄せいただきました。
  改めてB−netのネットワークに感服しています。
  さっそく相談者の漬物工場に出向き、幾つかの提案をご紹介させていただき
  ました。
  近いうちに関係者にお集まりいただき、利活用に向けて情報交換の場を
  セッティングする予定です。
  B−netでは、現在、2千人近いメーリングリストをフル活用し、皆様方
  から寄せられたリサイクル関連の相談等についてご意見・ご助言を頂戴して
  います。
  ぜひご活用ください!!
   
********************************************************************

 (発信者)

  B−net(中四国環境ビジネスネット)
  岡 山 県
  公益財団法人岡山県産業振興財団
  URL http://bnet-okayama.jp

  公益財団法人岡山県産業振興財団
  技術支援部 研究開発支援課
  環境サポーター 竹 内 聖 子
  E-mail:stake@optic.or.jp
 
  〒701−1221
  岡山市北区芳賀5301 テクノサポート岡山3F
  TEL 086−286−9652
  FAX 086−286−9676

************************************************************************