トップページ > B-netメルマガバックナンバー > 【臨時配信】平成25年度第3回岡山大学知財フォーラムについて

B-NETメルマガ

%%NAME%% 様

□□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  平成25年度第3回岡山大学知財フォーラム
   −本格化する海外での権利確保と活用−   開催のご案内
   
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□□■

このたび岡山大学研究推進産学官連携機構では、本格化する海外での生産活動や
共同事業に関わる権利確保とその活用について話題提供する、本年度第3回目の
「岡山大学知財フォーラム」を開催いたします。

ご存知のように、発明の一部が米国でなされた場合、出願は原則として米国から
となります。
しかしながら、米国での権利化は産業的に極めて重要な意味をもつため、これを
知らずに日本で共同研究成果を出願してしまうと、米国での権利化ができなく
なります。
このように、海外との共同事業や共同研究を行う際、最低限の基礎留意事項を
知っているのと知らないのでは、雲泥の差が生じることになります。

この観点から、今回の知財フォーラムでは、海外との連携事業に焦点をあて、
参加者の知的財産レベルを高めることを目指し開催いたします。

特許・知的財産に関心をお持ちの企業関係者の皆さん、奮ってご参加ください。

■日 時  平成26年3月19日(水) 15:30〜17:30
 
■会 場  岡山大学 鹿田キャンパス 医学部臨床第一講義室(臨床講義棟内)
        (岡山市北区鹿田2−5−1)
       ※アクセス→ http://www.okayama-u.ac.jp/tp/access/access_5.html
       ※構内図→ http://www.okayama-u.ac.jp/tp/access/soumu-access_shikata.html

■主 催  岡山大学 研究推進産学官連携機構

■参加費  無 料

■定 員  100名

■内 容 

  (1)講演 「拡大する海外連携から見た知的財産の意義と留意事項」

      (独)日本貿易振興機構(JETRO)進出企業支援・知的財産部
        知的財産課 知的財産アドバイザー  服部 正明 氏

  (2)講演 「米国企業への技術移転事業から見た大学がとるべき戦略」

       米国法人Japan Technology Group,Inc.代表 矢口 太郎 氏

■申込方法
   下記より参加申込書をダウンロードし、FAXにてお申し込みください
    http://www.okayama-u.net/renkei/contents/02_04.html

■お申し込み・お問い合わせ先
   岡山大学研究推進産学官連携機構 知的財産本部 教授 渡邊 裕 氏
    TEL 086−251−8472
    FAX 086−251−8961
    E-mail:wyutaka@cc.okayama-u.ac.jp

************************************************************************

 (発信者)

  B−net(中四国環境ビジネスネット)
  岡 山 県
  公益財団法人岡山県産業振興財団
  URL http://bnet-okayama.jp

  公益財団法人岡山県産業振興財団
  技術支援部 研究開発支援課
  環境サポーター 竹 内 聖 子
  E-mail:stake@optic.or.jp
 
  〒701−1221
  岡山市北区芳賀5301 テクノサポート岡山3F
  TEL 086−286−9652
  FAX 086−286−9676

************************************************************************