トップページ > B-netメルマガバックナンバー > B−net メルマガ第78号

B-NETメルマガ

%%NAME%% 様

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 中四国環境ビジネスネット (B−net)
 
 岡  山  県

 公益財団法人岡山県産業振興財団 からのお知らせ


               平成26年8月25日 第78号

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆



 このメールは、循環型産業クラスター形成促進事業にご賛同いただき、
 メールアドレスをお知らせいただいた皆様に配信しております。
  ※重複して送信した場合はご容赦ください。
  ※このメールへ直接返信されますと、読者の皆さん全員に配信され
   ますのでご注意ください。

 ◆ メールマガジンについてのお問い合わせは‥‥ ◆

    公益財団法人岡山県産業振興財団技術支援部 (担当:竹内)
      E-mail:stake@optic.or.jp  へご連絡を!!

 
 目  次

 【1】 「びわ湖環境ビジネスメッセ2014」
     岡山県産業振興財団ブースへの展示品の募集について


 【2】 第11回エコプロダクツ大賞募集のご案内


 【3】 「リサイクル技術フォーラム」(サンメッセ香川)開催のご案内


 【4】 「とっとり産業フェスティバル2014&鳥取環境ビジネス
     交流会2014
      〜見て 触れて 感じてください とっとりの技術〜」
     開催のご案内

 【5】 ≪補助金募集情報≫
     地域ミニエコタウン事業(岡山県資源循環推進事業)
     承認事業募集のお知らせ(随時受付)
 

 【6】 ≪補助金募集情報≫
     平成26年度きらめき岡山創成ファンド支援事業助成金
     後期募集のお知らせ


********************************************************************

【1】 「びわ湖環境ビジネスメッセ2014」
    岡山県産業振興財団ブースへの展示品の募集について

  岡山県産業振興財団は、本年10月22日から24日までの3日間に
 わたり滋賀県長浜市で開催される日本最大級の環境産業総合見本市「びわ湖
 環境ビジネスメッセ2014」に出展いたします。
  つきましては、岡山県内に事業所を有する企業または団体で、会期中、
 自社技術、製品等のPRを希望される方は、岡山県産業振興財団までお知らせ
 ください。
  なお、当該事業の目的に合致しない展示内容については、お断りすること
 がございますのでご了承ください。

 ■出展事業 びわ湖環境ビジネスメッセ2014
  http://www.biwako-messe.com/

 ■会 期  平成26年10月22日(水)〜24日(金)3日間
         10:00〜17:00 (最終日は16:00まで)

 ■会 場  滋賀県立長浜ドーム (滋賀県長浜市田村町1320)
        ※JR田村駅から徒歩5分、米原駅から無料シャトルバス15分
        アクセス→ http://www.biwako-messe.com/access/

 ■主催者  びわ湖環境ビジネスメッセ実行委員会
       (担当窓口:滋賀県商工労働部モノづくり振興課)
 
 ■出展予定 316企業・団体、500小間(予定)

 ■来場者数 36,000人見込み

 ■入場料  無料

 ■展示ブース
   「ちゅうごく地域環境ビジネスプロジェクトゾーン」
    公益財団法人岡山県産業振興財団出展ブース内(小間番号Y−14)
     9平米(H2.7m×W3m×D3m)

 ■展示品に係る募集条件
  (1)岡山県内に事業所を有する企業・団体であること。
  (2)自社で開発した環境負荷を低減する新技術、新商品等の
    広域的な販路展開を目指していること。
  (3)指定期日までに展示品を岡山県産業振興財団に持参、または
    宅送等が可能であること。
  (4)会期中は、事務局(岡山県産業振興財団職員)が展示ブース
    にて来場者の応対をするため、事前に展示品の概要について
    事務局への説明をしていただきます。
  (5)搬出、搬入、展示は、原則として事務局が行いますので、
    取り扱いが困難な展示品についてはお断りすることがあります。
  (6)今回、当ゾーンで出展する岡山県内企業の出展内容と重複する
    場合は展示できません。
  (7)PRチラシ、パネル等、展示内容の説明資料が準備できること。

 ■参 考
   「ちゅうごく地域環境ビジネスプロジェクトゾーン」に出展する
   岡山県内企業は以下のとおりです。
    ○株式会社アース産業
    ○有限会社阪本鶏卵
    ○株式会社新興製作所 岡山事業所
    ○ナカシマプロペラ株式会社
    ○株式会社ビー・シー・オー
    ○真庭バイオマテリアル有限会社

 ■申込方法
    9月12日(金)までに、展示品の内容、数量、担当者連絡先
   を下記宛てメールにてお知らせください。
    追って、事務局よりご連絡させていただきます。

 ■お申し込み・お問い合わせ先
   公益財団法人岡山県産業振興財団 技術支援部 研究開発支援課
   担当:竹内
    TEL 086−286−9652
    E-mail:stake@optic.or.jp


【2】 第11回エコプロダクツ大賞募集のご案内

  現在、エコプロダクツ大賞推進協議会では、環境負荷の低減に配慮した
 優れた製品・サービス(エコプロダクツ)を表彰する「第11回エコ
 プロダクツ大賞」の募集を行っています。
  「エコプロダクツ大賞」は、優れたエコプロダクツの供給者である
 企業等の取り組みを支援し、わが国におけるエコプロダクツの開発・普及
 の促進を図るとともに、エコプロダクツに関する正確な情報を需要者
 サイド(事業者、消費者等)に広く伝えることを目的に、平成16年から
 実施されているものです。
 
  予備選考後、有識者等による審査委員会において受賞作を決定し、
 11月下旬に結果が発表されます。
  表彰式は、12月11日(木)に東京ビッグサイトにおいて開催予定の
 「エコプロダクツ2014」の会場内にて行う予定です。

 ■募集期間  平成26年7月2日(水)〜9月2日(火)

 ■募集対象

  ○エコプロダクツ部門
     環境負荷の低減を目的に、さまざまな技術や手法等を活用する
    などして開発され、日本国内市場において製品化(提供)されて
    いるもの。

  ○エコサービス部門
     わが国の社会経済を取り巻く環境問題に対して環境負荷の低減
    を目的に提供されているサービス、あるいは持続可能なビジネス
    モデルを創出して環境負荷の低減を図っている新たな環境配慮型
    のサービスであって、日本市場に導入されているもの。
     ただし、応募締切時点でサービス提供開始から6ヶ月以上の
    実績を有するサービスとする。

 ■応募資格  特に制限なし

 ■応募方法等
    詳細情報は下記URLをご確認ください。
    http://www.gef.or.jp/ecoproducts/11th_bosyu.htm

 ■応募先・お問い合わせ先
    エコプロダクツ大賞推進協議会事務局
    (一般財団法人地球・人間環境フォーラム内)
     TEL 03−5825−9735
     FAX 03−5825−9737
     E-mail:ecoproducts@gef.or.jp


【3】「リサイクル技術フォーラム」(サンメッセ香川)開催のご案内

  近年、小型家電等は様々な種類の貴金属やレアメタルが使用されており、
 廃棄家電中の金属資源は「都市鉱山」と呼ばれ注目を集めています。
  さらには、貴金属に限らず、さまざまな一般廃棄物や産業廃棄物などの
 資源リサイクル事業に取り組む企業も増えています。
  このたび、四国産業・技術振興センター(STEP)では、最新の
 リサイクル技術動向や国の政策、企業の取組事例を紹介して、再資源化
 事業を創出するきっかけ作りを目的として、「リサイクル技術フォーラム」
 を開催いたします。
  産総研の最新技術情報や、四国の企業の先進事例が紹介されますので、
 奮ってご参加いただきますようご案内いたします。

 ■行事名  リサイクル技術フォーラム 〜資源循環型社会を目指して〜

 ■日 時  平成26年9月5日(金)13:00〜16:30

 ■会 場  サンメッセ香川 2F サンメッセホール
         香川県高松市林町2217−1
         (高松駅よりバスで30分、高松中央ICより車で5分)
          アクセス→ http://www.sunmesse.com/access/

 ■主 催
    一般財団法人四国産業・技術振興センター
    四国地域イノベーション創出協議会

 ■後 援
    四国経済産業局、(独)産業技術総合研究所・四国センター

 ■参加費  無料

 ■定 員  80名

 ■内 容

  13:10〜14:40 基調講演

    「レアメタルリサイクルの課題と戦略的都市鉱山研究拠点の展開」
      (独)産業技術総合研究所 環境管理技術研究部門
       リサイクル基盤技術研究グループ長 大木 達也 氏

  14:50〜16:00 四国の企業のリサイクル事業紹介

    「廃棄うどんによるメタン発酵発電プラント」
       株式会社ちよだ製作所 技術開発営業 尾崎 哲夫 氏
    
    「歯科用合金スクラップからの貴金属リサイクル」
       山本貴金属株式会社 第一工場製造課
       精錬係 藤原 隆太郎 氏

    「貴金属等のリサイクルを通じた地域活性化活動」
       有限会社協同回収 営業・広報 小野 真一 氏

  16:00〜16:25 国の取組状況・施策等紹介
       四国経済産業局 資源エネルギー環境部
       環境・リサイクル課 課長 山内 守 氏

 ■申込方法
    下記URL(新着情報)より開催案内をダウンロードし、
   参加申込書に必要事項を記入の上、FAXまたはメールでお申し込み
   ください。
   ☆ダウンロードはこちら→ http://www.tri-step.or.jp/
    

 ■お申し込み・お問い合わせ先
    一般財団法人四国産業・技術振興センター 担当:田中さん
     TEL 087−851−7081
     FAX 087−851−7027
     E-mail:tanaka@tri-step.or.jp


【4】 「とっとり産業フェスティバル2014&鳥取環境ビジネス
    交流会2014
     〜見て 触れて 感じてください とっとりの技術〜」
    開催のご案内
   
  来る9月26日、27日の2日間にわたり、米子市内において、
 鳥取県内の事業者の製品・技術・サービス、研究機関等の技術・シーズ・
 活動等を一堂に集めて展示し、県内外へ情報発信する「とっとり産業
 フェスティバル2014&鳥取環境ビジネス交流会2014」が開催
 されます。
  会期中は、B−netフォーラムにもご出展いただいた企業や研究者
 の皆さんの展示発表等もございます。
  また、「山陰発技術シーズ発表会inとっとり2014」や、産学官金
 関係者の交流会など、多彩な催しが企画されていますので、ぜひご参加
 ください。

 ■テーマ  見て 触れて 感じてください とっとりの技術

 ■会 期  平成26年9月26日(金)・27日(土)
         10時〜17時(27日は16時まで)

 ■会 場  米子コンベンションセンター Big SHip
          鳥取県米子市末広町294(米子駅徒歩5分)
          アクセス→ http://web.sanin.jp/p/bigship/15/

 ■主 催
    とっとり産業フェスティバル2014実行委員会
    鳥取県

 ■主なプログラム

  ○基調講演  9月26日(金)13:00〜14:30
    「ガキ大将型マネジメントのすすめ
      〜あのNHKスペシャルから13年」
      NHK制作局 第1制作センター 経済・社会情報番組部
      シニア・ディレクター兼解説委員 片岡 利文 氏

  ○企業・団体・研究機関展示  9月26日(金)・27日(土)
     鳥取県内発の製品・技術・サービス、シーズを紹介
     (ブース展示100小間程度)

  ○山陰発技術シーズ発表会inとっとり
      9月26日(金)10:00〜15:45

  ○鳥取大学・株式会社テムザック技術研究所 合同セミナー
     「これからの医工連携を考える」
      9月26日(金)15:50〜17:20

  ○産学官金連携交流会
      9月26日(金)17:30〜19:00
      会費4,000円、定員100名
      ※9月12日(金)までに申し込むこと

 ■詳細情報
    下記URLをご覧ください↓↓↓
     http://www.pref.tottori.lg.jp/sangyo-fes2014/

 ■お問い合わせ先
    鳥取県商工労働部 経済産業総室・立地戦略課
     TEL 0857−26−7690
     FAX 0857−26−8117


【5】 ≪補助金募集情報≫
    地域ミニエコタウン事業(岡山県資源循環推進事業)
    承認事業募集のお知らせ (随時受付)

  岡山県では、岡山県循環型社会形成推進条例第29条の規定に基づき、
 循環型社会の形成を推進すると認められる先進的なリサイクル関係施設
 などの整備や、新たなリサイクル技術の開発などに対して、申請に基づき
 専門家等から成る「資源循環推進事業承認審査委員会」において審査の
 うえ、「岡山県資源循環推進事業」として承認しています。
  また、承認事業に対し、予算の範囲内で経費の一部を補助する助成
 制度も設けています。
  申請は1年を通じて随時受け付けていますが、申請事業は年度内
 (3月中旬まで)の完了が前提となりますので、本年度内の申請をご検討
 されている事業者におかれましては、お早めに事務局までご相談ください。

  なお、本年度より新たに対象事業として、従来の廃棄物の再生利用に
 加え「発生抑制」分野も新たに対象となりました。
  自社排出の産廃の発生を抑制する新たな設備導入を検討中の企業様、
 ぜひ事務局へご相談ください!!

 ■対象者
    岡山県内に事業所を有する民間事業者

 ■対象事業

  (1)施設整備事業

     地域産業において蓄積された技術等を活用して、循環資源の
    循環的な利用を推進する施設の整備を行う事業
    ※対象となるのは、新技術等を利用する中核施設です。
     ○補助対象経費
       工事費、機械装置費、設計費、諸経費
     ○補助率・補助上限額
       岡山市・倉敷市内の事業者 1/4以内、1,500万円以内
       上記以外の事業者     1/2以内 3,000万円以内

  (2)技術開発等ソフト事業

     区分:技術開発、用途開発、システム開発、相互利用、
        環境意識向上、その他
     ○補助対象経費
       人件費、原材料費、構築物借上費、機械装置費、工具器具費、
       外注加工費 等
     ○補助率・補助上限額
       技術開発:1/2以内、500万円以内
       上記以外:1/2以内、400万円以内

 ■詳細情報(申請書書式ダウンロード等)
    こちらをご覧ください↓↓↓
    http://bnet-okayama.jp/page/minieco.html

 ■お問い合わせ先
    公益財団法人岡山県産業振興財団 技術支援部 研究開発支援課
    担当:竹内
     TEL 086−286−9652
     FAX 086−286−9675
     E-mail:stake@optic.or.jp    
     
      

【6】 ≪補助金募集情報≫
    平成26年度きらめき岡山創成ファンド支援事業助成金
    後期募集のお知らせ

  岡山県産業振興財団では、県内中小企業の研究開発から販路開拓までを
 支援し、県内地域産業の活性化を推進するため「きらめき岡山創成ファンド
 支援事業」を実施しています。
  来る9月8日より本年度後期募集をスタートしますので、ご検討中の方、
 ご準備をお願いいたします。
  なお、後期募集にあたり公募説明会を開催いたしますので、併せてご案内
 いたします。
 
 ■受付期間 平成26年9月8日(月)〜10月10日(金)17時まで

 ■助成対象事業
  (1)新技術または新製品の研究開発事業(ミクロものづくり分野)
  (2)地域産業資源を活用した研究開発事業・販路開拓事業等

 ■助成対象者
  (1)岡山県内の中小企業者及び起業予定者
  (2)岡山県内の中小企業者の団体(県内の中小企業者が1/2以上
    を占める事業協同組合、商工組合等の法人及び任意団体)

 ■助成率・助成限度額等
  (1)ミクロものづくり分野新事業育成支援事業
    ア.研究シーズ活用型支援事業
       助成率:4/5以内
       助成限度額:総額30,000千円
       助成期間:24ヶ月以内
    イ.重点分野育成型支援事業
       助成率:2/3以内
       助成限度額:総額20,000千円
       助成期間:24ヶ月以内
  (2)地域産業資源活用・域外への発信事業
    ウ.事業可能性調査・検証支援事業
       助成率:2/3以内
       助成限度額:1,000千円/年
       助成期間:12ヶ月以内
    エ.商品化の研究、試作支援事業
       助成率:1/2以内
       助成限度額:3,000千円/年
       助成期間:24ヶ月以内
    オ.商品、サービスの販路開拓支援事業
       助成率:1/2以内
       助成限度額:1,000千円/年
       助成期間:12ヶ月以内

 ☆公募説明会の開催について

 ■日 時  平成26年9月5日(金)14:00〜16:30

 ■会 場  テクノサポート岡山 大会議室(岡山市北区芳賀5301)

 ■内 容
   ○きらめき岡山創成ファンド支援事業助成金についての説明
   ○個別相談会

 ■申込方法  下記申込フォーマットよりお申し込みください
   http://www.optic.or.jp/okayama-ssn/event_detail/index/671.html 

  ■お申し込み・お問い合わせ先
    公益財団法人岡山県産業振興財団 技術支援部 担当:小川、喜井
     TEL 086−286−9651
     FAX 086−286−9676
     E-mail:kirameki@optic.or.jp




********************************************************************

 ♪ 後 記 ♪

  8月20日未明に広島市北部を襲った大規模土砂災害、本当に驚きました。
  隣県ということで知人も多く住んでいる地域だったこともあり、ニュースを
  連日食い入るように見ています。
  被災された多くの皆様に心からお見舞い申し上げますとともに、今も安否
  不明の方々の迅速な救出を祈っております。

  先月、2011年の東北地方太平洋沖地震発生後、初めて福島県に行って
  きました。
  去年から岡山県内の企業と岡山大学では、県下の企業が排出する循環資源
  の新たな有効活用として、放射性物質を吸着する効果について研究開発を
  進めています。
  本年度からは、今回のメルマガでも紹介した岡山県資源循環推進事業にも
  採択され、本格的に農作物への放射性物質の移行抑制効果について検証する
  ため、福島市内の圃場において実証実験をスタートさせました。
  新幹線が停車する福島駅から車でわずか15分の田園地帯ですが、やはり
  実際に現地に行ってみると、各所に「ただ今、除染作業中」と書かれた
  工事用看板が立っていて、まだまだ福島第一原発事故の影響はこのような
  住宅が立ち並ぶ市街地でさえ続いているのだと、改めて実感しました。
  実証実験の成果により、遠く岡山で進められている研究開発が福島の皆さん
  のお役に立てることを期待しています。
   
********************************************************************

 (発信者)

  B−net(中四国環境ビジネスネット)
  岡 山 県
  公益財団法人岡山県産業振興財団
  URL http://bnet-okayama.jp

  公益財団法人岡山県産業振興財団
  技術支援部 研究開発支援課
  環境サポーター 竹 内 聖 子
  E-mail:stake@optic.or.jp
 
  〒701−1221
  岡山市北区芳賀5301 テクノサポート岡山3F
  TEL 086−286−9652
  FAX 086−286−9676

************************************************************************