トップページ > B-netメルマガバックナンバー > B−net メルマガ第80号

B-NETメルマガ

%%NAME%% 様

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 中四国環境ビジネスネット (B−net)
 
 岡  山  県

 公益財団法人岡山県産業振興財団 からのお知らせ


               平成26年10月3日 第80号

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆



 このメールは、循環型産業クラスター形成促進事業にご賛同いただき、
 メールアドレスをお知らせいただいた皆様に配信しております。
  ※重複して送信した場合はご容赦ください。
  ※このメールへ直接返信されますと、読者の皆さん全員に配信され
   ますのでご注意ください。

 ◆ メールマガジンについてのお問い合わせは‥‥ ◆

    公益財団法人岡山県産業振興財団技術支援部 (担当:竹内)
      E-mail:stake@optic.or.jp  へご連絡を!!

 
 目  次

 【1】 「びわ湖環境ビジネスメッセ2014」開催のご案内
      岡山県、広島県12社・団体が出展します!!

 
 【2】 「中四国環境ビジネスネット(B-net)フォーラム2014」
      広域展示商談会の出展者を募集します!! ※再掲
 

 【3】 「岡山バイオマスプラスチック研究会主催講演会」のご案内


 【4】 「平成26年度第1回岡山大学知財フォーラム」
      −大学で生まれる発明・発見(種)から
       新しいグローバル産業創成(果実)へ向けて−
      開催のご案内


 【5】 ≪補助金募集情報≫
     地域ミニエコタウン事業(岡山県資源循環推進事業)
     承認事業募集のお知らせ(随時受付) ※再掲
 

********************************************************************


【1】「びわ湖環境ビジネスメッセ2014」開催のご案内
    岡山県、広島県12社・団体が出展します!!

  今年も、10月22日から3日間にわたり、滋賀県長浜市で国内最大級の
 環境産業見本市「びわ湖環境ビジネスメッセ2014」が開催されます。
  今回は、岡山県から7社・団体、広島県から6社・団体が合同で「ちゅう
 ごく環境ビジネスプロジェクト」として出展します。
  過去最大の316企業・団体が出展し、会期中のべ36,000人の来場が
 見込まれるなど、例年多数の商談が成立するこの広域商談会に、多数ご来場
 いただきますようご案内いたします。

  ◎公式ホームページはこちら→ http://www.biwako-messe.com/

  ☆24日(金)にはサプライズゲストも来場予定ですので、乞うご期待!!
   詳細情報は・・・編集後記をご覧ください。
  
 ■会 期  平成26年10月22日(水)〜24日(金)
          10時〜17時 ※最終日16時まで

 ■会 場  滋賀県立長浜ドーム (滋賀県長浜市田村町1320)
         アクセス→ http://www.biwako-messe.com/access/
       ※JR米原駅、長浜駅より15分間隔で無料シャトルバス運行

 ■主 催  びわ湖環境ビジネスメッセ実行委員会

 ■出展者  316企業・団体、500小間

 ■ちゅうごく地域環境ビジネスプロジェクト 出展者情報
   ※詳細は下記URLをご覧ください
    http://bnet-okayama.jp/info_detail/show/39.html

  注)出展者名の前の数字は小間番号です

  ≪支援機関:岡山県産業振興財団≫
  Y-16 株式会社アース産業・有限会社阪本鶏卵(倉敷市)
       木質ペレット成形機、ペレットストーブ、鶏糞ペレット
       http://www.biwako-messe.com/sys/companies/view/Y-16

  Y-12 株式会社新興製作所 岡山事業所(津山市/本社:大阪府)
       廃シリコンパウダーの有効活用
       単結晶シリコンカーバイドの開発
       http://www.biwako-messe.com/sys/companies/view/Y-12

  Y-11 ナカシマプロペラ株式会社(岡山市)
       小落差によるマイクロ水力発電装置
       http://www.biwako-messe.com/sys/companies/view/Y-11

  Y-15 株式会社ビー・シー・オー(岡山市)
       磁気活水処理装置『BCOハピネス』(水質浄化システム)
       http://www.biwako-messe.com/sys/companies/view/Y-15

  Y-13 真庭バイオマテリアル有限会社(真庭市)
       木質系バイオマスの新規素材商品
       http://www.biwako-messe.com/sys/companies/view/Y-13

  Y-14 公益財団法人岡山県産業振興財団(岡山市)
       岡山県内の先進的な環境配慮型商品・技術の紹介
       http://www.biwako-messe.com/sys/companies/view/Y-14
      <展示予定企業/製品>
       ●株式会社アマキ(倉敷市)
         建設廃材を活用した布製植木鉢『クロスポット』
       ●くろがね産業株式会社(岡山市)
         再生着色ゴムシート、再生着色ウレタンシート 他
       ●津山工業原料株式会社(津山市)
         粉砕ガラス粒を活用した防音パネル『グラストーン』
       ●株式会社テオリ(倉敷市)
         竹集成材インテリア、竹表皮塗料、竹から生まれた浴用化粧品
       以下、おかやまグリーンバイオプロジェクト参画企業が、
       セルロース系バイオマス資源を高機能・高付加価値の新素材として
       利用するための超微粉砕技術や製品化への応用技術を展示します。
       ●株式会社ウッドプラスチックテクノロジー(本社:東京都)
       ●株式会社日本ジー・オー・アール(加賀中央町)
       ●モリマシナリー株式会社(赤磐市)
       ●株式会社リプロ(岡山市)

  ≪支援機関:ちゅうごく地域ニュービジネス協議会・ひろしま産業振興機構≫
  X-16 株式会社建築舎ゆわんと村(呉市)
       カキ殻から作られたカルシウムイオン水を混ぜた壁材『瀬戸漆喰』
       http://www.biwako-messe.com/sys/companies/view/X-16

  X-15 広和エムテック株式会社(福山市)
       浮上油回収装置
       http://www.biwako-messe.com/sys/companies/view/X-15

  X-14 合同会社創喜(広島市)
       窓面緑化商品『緑の玉すだれ』、『みどりの窓辺』
       http://www.biwako-messe.com/sys/companies/view/X-14

  X-12 日本エコル合同会社(広島市)
       太陽熱を最大限活用した『真空管式太陽熱温水器』
       http://www.biwako-messe.com/sys/companies/view/X-12

  X-11 日の丸産業株式会社(広島市)
       養殖場向け土壌改良材『スペラキレート』他
       http://www.biwako-messe.com/sys/companies/view/X-11

  X-13 一般社団法人中国地域ニュービジネス協議会(広島市)
       『バイオマス・ファインケミカルズ・リファイナリー』
       プロジェクトの紹介
       http://www.biwako-messe.com/sys/companies/view/X-13

 ■来場登録
   来場受付の混雑が予想されますので、事前登録のうえご来場ください。
   事前登録は以下URLをご利用ください
          ↓↓↓
 https://www.biwako-messe.com/sys/exhibitions/guidance?&sort=TBaseInfo.modified&direction=desc

 ■お問い合わせ先
   びわ湖環境ビジネスメッセ実行委員会事務局
     滋賀県大津市京町4-1-1 滋賀県庁東館 モノづくり振興課内
     TEL 077−528−3793
     FAX 077−528−4876
     E-mail:info@biwako-messe.com   



【2】「中四国環境ビジネスネット(B-net)フォーラム2014」
    広域展示商談会の出展者を募集します!!  ※再掲

  恒例の「中四国環境ビジネスネット(B-net)フォーラム」の開催が、
 11月28日(金)に決定いたしました。
  岡山県産業振興財団では、広域展示商談会の出展者を募集いたしますので、
 出展をご希望の企業・機関におかれましては、奮ってお申し込みいただき
 ますようご案内申し上げます。
  なお、今回は、来日中のメキシコ・トセパン協同組合のレオナルド・ヅラン・
 オルギン理事が、竹資源等、未利用資源の有効活用に関する情報収集のため、
 来場を予定しておられます。
  当日は通訳も同行されますので、ぜひこの機会に自社の技術・商品を
 アピールしてみませんか!!

 ■開催日  平成26年11月28日(金) 13時〜17時(予定)

 ■会 場  メルパルクOKAYAMA 1階 「泰平」
          岡山市北区桑田町1−13 (岡山駅徒歩7分)
          アクセス→ http://www.mielparque.jp/okayama/access/

 ■主 催  岡山県・公益財団法人岡山県産業振興財団

 ■内 容
  (1)中国四国地域を中心とする企業・研究機関による3R関連の新技術等
    の展示商談会
       ポスターセッション・商談会
  (2)基調講演
      「環境政策の最新動向及び環境ビジネスに関する制度紹介(案)」
         みずほ情報総研株式会社
  (3)中国四国地域を中心とする企業・研究機関による未利用資源利活用に
    関する事例紹介
       展示商談会出展者のうち5社程度にステージ会場にて
      ご発表いただきます ※各10分程度

 ■出展対象
  (1)3R関連の新技術の事業化をお考えの企業及び研究者(研究機関)
  (2)新技術を活用して広域的な環境ビジネスの展開を目指している企業
    ※原則として中国地方・四国地方に事業所を有する企業、及び
     同地域内の各大学研究者等

 ■出展料  無料 ※搬入・搬出費用は出展者負担
 
 ■展示小間(予定)
   パーテーション  W180cm×H240cm×2枚
   展示テーブル   W180?×D60?×1本
   椅子 2脚、 テーブルクロス、 社名板

 ■募集団体  20社・機関

 ■プレゼン  5社・機関程度 (事前申込要)

 ■募集期間  9月22日(月)〜10月14日(火)

 ■出展要領・申込方法
    下記URLより出展要領、出展申込書をダウンロードし、必要事項を
   ご記入のうえ、事務局宛てFAXまたはメールでお申し込みください
    http://bnet-okayama.jp/info_detail/show/37.html

 ■お申し込み・お問い合わせ先
   公益財団法人岡山県産業振興財団 技術支援部 研究開発支援課
   担当:竹内
    TEL 086−286−9652
    FAX 086−286−9676
    E-mail:stake@optic.or.jp


【3】 「岡山バイオマスプラスチック研究会主催講演会」のご案内

  このたび、岡山バイオマスプラスチック研究会の主催、大建工業株式会社様の
 協賛により、次のとおり講演会が開催されますのでご案内いたします。
  当日は、セルロースナノファイバー研究の第一人者として有名な京都大学の
 矢野教授を招聘した講演もございます。
  奮ってご参加ください。

 ■日 時  平成26年10月22日(水)10:00〜12:00

 ■会 場  岡山国際交流センター 5階 会議室1
        JR岡山駅西口徒歩5分
        アクセス→ http://www.opief.or.jp/oicenter/access.html

 ■主 催  岡山バイオマスプラスチック研究会

 ■協 賛  大建工業株式会社

 ■参加費  無 料

 ■定 員  50人程度

 ■内 容

  (1)講演
     「セルロースナノファイバー材料に関する最近の動向」

       国立大学法人京都大学 教授 矢野 浩之 氏

    <要旨>
       セルロースナノファイバーは植物細胞の基本骨格物質である。
       鋼鉄の1/5の軽さで、その5倍以上の強度を有するナノ繊維
      で、自動車材料や電子デバイス材料への応用が期待されている。
       6月24日に発表されたアベノミクス成長戦略に、セルロース
      ナノファイバー材料開発の推進が明記され、多方面から多くの
      関心を集めている。
       本講演では、主として木材をはじめとする植物バイオマスから
      のナノファイバー製造とその用途、最近の動向について紹介する。

  (2)講演
     「ポリマー複合材料研究におけるナノセルロースの重要性」

       スウェーデン王立工科大学
       ワーレンバーグ・ウッドサイエンス研究センター
        所長 Lars A Berglund 氏

     <要旨>
        ポリマー複合材料研究における新規のナノ素材、ナノ
       セルロースは多くの興味深い性質を有している。
        低コストで、大量に存在する植物由来の持続型資源で、
       生分解性を有し、水中ではコロイドとして容易に扱える。
        本講演では、高靭性のナノコンポジットフィルム、湿度に
       対し安定な熱硬化性樹脂、ナノコンポジットフォーム、難燃性
       コーティング、エアロゲルなど、様々な特性のナノセルロース
       材料について紹介する。

 ■申込方法
    事前登録制とします。
    ?団体名、?連絡先、?連絡担当者名、?当日参加者の役職・氏名を
   記載のうえ、メールにてお申し込みください。
 
 ■申込期限
    10月14日(火)17時まで
    ※定員に達し次第締め切り

 ■お申し込み・お問い合わせ先
    岡山県産業労働部産業振興課 新産業推進班 雲井さん
     TEL 086−226−7380
     FAX 086−224−2165
     E-mail:hiroyuki_kumoi@pref.okayama.lg.jp


【4】 「平成26年度第1回岡山大学知財フォーラム」
     −大学で生まれる発明・発見(種)から
      新しいグローバル産業創成(果実)へ向けて−
     開催のご案内

  岡山大学知的財産本部では、学内研究者並びに学生を対象に、毎年、
 「知財フォーラム」を開催しています。
  これは、岡山大学が目指す研究・教育・社会貢献に不可欠な要素と
 して、研究や教育活動の結果得られた知的財産を、有効に活用するための
 スキルを体得する目的で実施するものです。
  学外の方々の聴講も自由ですので、ぜひご来校ください。

 ■日 時  平成26年10月21日(火)10:00〜12:00

 ■会 場  岡山大学創立五十周年記念館 2階 大会議室
        アクセス→ http://www.okayama-u.ac.jp/tp/profile/50kinenkan02.html

 ■主 催  岡山大学研究推進産学官連携機構

 ■入場料  無料

 ■定 員  50名

 ■内 容

   講演
    「大学の知的技術移転−複合化による移転の試み」

       清原国際特許事務所 所長 清原 義博 氏

   講演
    「シリコンバレーから見る米国と日本の違い
     −グローバル化と新産業創成の観点から考える−」

       岡山大学産学官連携機構 知的財産本部
       特任教授 千田 一貴 氏

 ■申込方法
    下記URLより申込書をダウンロードのうえ、必要事項をご記入
   のうえ、メールまたはFAXにてお申し込みください
   ※事前参加登録要
    http://www.okayama-u.net/renkei/contents/02_04.html
    
 ■お問い合わせ・お申し込み先
    岡山大学研究推進産学官連携機構 知的財産本部
    担当:渡邊さん、小林さん
     TEL 086−251−8472
     FAX 086−251−8961
     E-mail:wyutaka@cc.okayama-u.ac.jp


【5】 ≪補助金募集情報≫
    地域ミニエコタウン事業(岡山県資源循環推進事業)
    承認事業募集のお知らせ (随時受付)  ※再掲

  岡山県では、岡山県循環型社会形成推進条例第29条の規定に基づき、
 循環型社会の形成を推進すると認められる先進的なリサイクル関係施設
 などの整備や、新たなリサイクル技術の開発などに対して、申請に基づき
 専門家等から成る「資源循環推進事業承認審査委員会」において審査の
 うえ、「岡山県資源循環推進事業」として承認しています。
  また、承認事業に対し、予算の範囲内で経費の一部を補助する助成
 制度も設けています。
  申請は1年を通じて随時受け付けていますが、申請事業は年度内
 (3月中旬まで)の完了が前提となりますので、本年度内の申請をご検討
 されている事業者におかれましては、お早めに事務局までご相談ください。

  なお、本年度より新たに対象事業として、従来の廃棄物の再生利用に
 加え「発生抑制」分野も新たに対象となりました。
  自社排出の産廃の発生を抑制する新たな設備導入を検討中の企業様、
 ぜひ事務局へご相談ください!!

 ■対象者
    岡山県内に事業所を有する民間事業者

 ■対象事業

  (1)施設整備事業

     地域産業において蓄積された技術等を活用して、循環資源の
    循環的な利用を推進する施設の整備を行う事業
    ※対象となるのは、新技術等を利用する中核施設です。
     ○補助対象経費
       工事費、機械装置費、設計費、諸経費
     ○補助率・補助上限額
       岡山市・倉敷市内の事業者 1/4以内、1,500万円以内
       上記以外の事業者     1/2以内 3,000万円以内

  (2)技術開発等ソフト事業

     区分:技術開発、用途開発、システム開発、相互利用、
        環境意識向上、その他
     ○補助対象経費
       人件費、原材料費、構築物借上費、機械装置費、工具器具費、
       外注加工費 等
     ○補助率・補助上限額
       技術開発:1/2以内、500万円以内
       上記以外:1/2以内、400万円以内

 ■詳細情報(申請書書式ダウンロード等)
    こちらをご覧ください↓↓↓
    http://bnet-okayama.jp/page/minieco.html

 ■お問い合わせ先
    公益財団法人岡山県産業振興財団 技術支援部 研究開発支援課
    担当:竹内
     TEL 086−286−9652
     FAX 086−286−9675
     E-mail:stake@optic.or.jp    


********************************************************************

 ♪ 後 記 ♪

 ▼「びわ湖環境ビジネスメッセ2014」開催まで数週間となりました。
  今年は例年より申込期限が早かかったため、5月末に出展の申し込みを
  行い、まだまだ当分先だとタカをくくっておりましたら、あっという間に
  男性陣がネクタイを着用して出社されはじめ、慌てて本腰を入れて
  出展準備に取り掛かっております(涙)

 ▼最後まで引き延ばしちゃいましたが、今回、私ども・・・というよりは
  ナカシマプロペラさんのブースの応援に、とっても可愛い女の子が
  遠く奈良から駆けつけてくれます。
  名前は・・・吉野ピンクルちゃん。
  奈良県吉野町の出身で、4月に山々をピンク色に染める吉野の桜から
  生まれた桜の妖精・・・だそうです。
  なぜ吉野町のマスコットキャラクターが、わざわざ岡山県の企業の応援
  に?と不思議に思いますよね。
  実は、ナカシマプロペラが開発し、今回出展する「小落差によるマイクロ
  水力発電装置」の実証実験を吉野町で実施していることからのご縁なんだ
  そうです。
  忙しいピンクルちゃんですので、来場は24日(金)のみとなりますが、
  「出会った人を笑顔にすること」が特技のピンクルちゃんに会いに、
  ぜひ会場へお越しください。
  ピンクルちゃんとの撮影会は行いませんが、ツーショットはたぶんOK
  だと思います(笑)
  ちなみに、筆者はピンクルちゃんには入りませんのであしからず。
  前環境サポーターI氏は「入らないんじゃなくて、入れないの間違い
  だ」と大変失礼なことを申しております(怒)

 ▼地元長浜市内では、大河ドラマで岡田准一くん演ずる「黒田官兵衛博覧会 」も開催中です!!
http://kitabiwako.jp/kanbee/
   
********************************************************************

 (発信者)

  B−net(中四国環境ビジネスネット)
  岡 山 県
  公益財団法人岡山県産業振興財団
  URL http://bnet-okayama.jp

  公益財団法人岡山県産業振興財団
  技術支援部 研究開発支援課
  環境サポーター 竹 内 聖 子
  E-mail:stake@optic.or.jp
 
  〒701−1221
  岡山市北区芳賀5301 テクノサポート岡山3F
  TEL 086−286−9652
  FAX 086−286−9676

************************************************************************