トップページ > B-netメルマガバックナンバー > B−net メルマガ第88号

B-NETメルマガ

%%NAME%% 様

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 中四国環境ビジネスネット (B−net)
 
 岡  山  県

 公益財団法人岡山県産業振興財団 からのお知らせ


               平成27年8月25日 第88号

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆



 このメールは、循環型産業クラスター形成促進事業にご賛同いただき、
 メールアドレスをお知らせいただいた皆様に配信しております。
  ※重複して送信した場合はご容赦ください。
  ※このメールへ直接返信されますと、読者の皆さん全員に配信され
   ますのでご注意ください。

 ◆ メールマガジンについてのお問い合わせは‥‥ ◆

    公益財団法人岡山県産業振興財団技術支援部 (担当:竹内)
      E-mail:stake@optic.or.jp  へご連絡を!!

 
 目  次

 【1】 「中四国環境ビジネスネット(B-net)フォーラム2015」
    広域展示商談会・出展者募集のお知らせ


【2】 「ちゅうごくカーボン・アクション2015」開催のご案内


 【3】 「四国環境産業INDEX」発刊のご案内


 【4】 「蒜山大山EV・PHVエコドライブ・グランプリ」開催のご案内


 【5】 環境省中国環境パートナーシップオフィス主催 光害セミナー
     「持続可能な社会のために〜光との付き合い方〜」開催のご案内


 【6】 きらめき岡山創成ファンド支援事業助成金
     平成27年度後期募集のお知らせ ≪補助金情報≫


 【7】 地域ミニエコタウン事業 申請者募集のご案内 ≪再掲≫
     ※本年度から申請要件が一部変更しました



********************************************************************


【1】 「中四国環境ビジネスネット(B-net)フォーラム2015」
   広域展示商談会・出展者募集のお知らせ

  岡山県と公益財団法人岡山県産業振興財団は、中国四国地域を中心とした
 企業や研究機関などの環境関連の技術、製品等を紹介し、広域的なネットワーク
 を形成するため、毎年秋に、中四国の交通の要でもある岡山市内において、
 「中四国環境ビジネスネット(B-net)フォーラム2015」を開催しています。

  本年度は、11月13日(金)に岡山駅と直結した大変交通の便の良い
 岡山コンベンションセンターで開催することが決定しました。

  つきましては、下記のとおり広域展示商談会の出展者を募集しますので、
 自社技術・製品のPRや新たな販路展開をご検討中の企業、研究機関、団体の
 皆様のご応募を期待しています。

 ■行事名  中四国環境ビジネスネット(B-net)フォーラム2015

 ■開催日  平成27年11月13日(金)13:00〜17:00

 ■会 場  岡山コンベンションセンター ママカリフォーラム
         1F イベントホール
         ※岡山駅中央改札口徒歩3分(岡山駅東西連絡通路直結)
           アクセス→ http://www.mamakari.net/access/

 ■主 催  岡山県、公益財団法人岡山県産業振興財団

 ■内 容

  (1)中国四国地域を中心とする企業・研究機関による環境関連の新技術、製品等の
    展示商談会
      ポスターセッション・商談会 ※出展者:20社・機関(予定)
  (2)基調講演
    『植物由来の次世代バイオ・リサイクル燃料「バイオコークス」(仮題)』
       講師 近畿大学 理工学部機械工学科 教授 井田 民男 氏
  (3)中国四国地域を中心とする企業・研究機関による環境関連の先進事例紹介
      展示商談会出展者のうち5社程度にご発表いただきます
      ※10分×5社程度

 ■出展対象
  (1)環境関連の新技術・製品等の事業化を検討中の企業・団体及び研究者(研究機関)
  (2)新技術を活用して広域的な環境ビジネスの展開を目指している企業
   ※原則として中国地方・四国地方に事業所を有する企業、及び同地域内の
   各大学研究者等

 ■出展料  無 料(搬入・搬出費用は出展者負担)

 ■展示小間(予定)
    パーテーション  W80cm×H240cm×2枚(A1サイズパネル2枚掲示可)
    社名板      事務局で準備します
    展示テーブル   1本(W180cm×D45cm×H70cm)
    椅子       2脚
    テーブルクロス  あり

 ■募集団体  20社(機関)

 ■プレゼン  5社(機関)
    ※出展内容に関するプレゼンテーション(10分)ができます(事前申込要)

 ■募集期間
    平成27年8月25日(火)〜平成27年9月25日(金)

 ■申込方法
    出展申込書に必要事項をご記入のうえ、FAXまたはメールでお申し込みください
    ※予定小間数に達した場合は締切前にお断りすることがあります

 ■出展者募集要領・出展申込書
    下記URLよりダウンロードしてください
    http://bnet-okayama.jp/info_detail/show/45.html

 ■お申し込み・お問い合わせ先
    公益財団法人岡山県産業振興財団 技術支援部 研究開発支援課 担当:竹内
     TEL 086−286−9652
     FAX 086−286−9676
     E-mail:stake@optic.or.jp


【2】 「ちゅうごくカーボン・アクション2015」開催のご案内

  中国経済産業局と中国四国地方環境事務所では、中国地域におけるJ−クレジット
 制度やカーボン・オフセットの普及拡大を目的として、「ちゅうごくカーボン・アク
 ション2015」を開催します。
  J−クレジット制度とは、「省エネルギー設備の導入」や「森林経営」などの取組に
 よる温室効果ガスの排出削減量や吸収量を「クレジット(排出権)」として国が認証し、
 他の事業者へ売却できる制度です。
  今回のイベントでは、基調講演として環境活動における最先端企業のカーボン・
 オフセットの取組の紹介、施策説明、マッチングイベント等、環境活動に取り組む皆様に
 交流の場を提供いたしますので、ご関心のある皆様、ぜひご参加ください。

 ■日 時  平成27年9月17日(木)13:00〜17:00

 ■会 場  広島グランドインテリジェンスホテル(広島市南区京橋町1−4)
         アクセス→ http://www.intelligent-hotel.co.jp/grand/map.html

 ■主 催  中国経済産業局、中国四国地方環境事務所

 ■参加費  無料(事前登録制)

 ■定 員  100名

 ■募集対象
   (1)新たな環境貢献活動やCSR活動に興味のある方
   (2)設備更新に伴うCO2削減効果の環境価値化に興味のある方
   (3)カーボン・オフセット、J−クレジット制度に興味のある方

 ■プログラム
  第1部 中国地域J−クレジット制度ネットワーク会議
   13:00〜15:30 2F「芙蓉」

   (1)基調講演
    「キャノンにおける環境配慮活動とカーボン・オフセット」
      キャノン株式会社 環境統括センター 担当部長 望月 規弘 氏
    「持続可能な社会へ向けたマツダの取り組み」
      マツダ株式会社 CSR・環境部 主幹 角 和宏 氏

   (2)施策説明
     ○J−クレジット制度に関する施策のご紹介 (中国経済産業局)
     ○環境省におけるカーボン・オフセットの取組(中国四国地方環境事務所)
     ○J−クレジット制度ソフト支援事業報告(中電技術コンサルタント株式会社)
 
  第2部 カーボン・オフセット マッチングイベント
   15:45〜17:00 3F「光琳」

   (1)中国地域のクレジットの紹介(パネル展示)
   (2)どんぐりポイント制度の紹介
   (3)平成27年度ソフト支援事業の紹介

 ■参加申込
   下記URLより参加申込書をダウンロードし、必要事項をご記入の上、
  FAXでお申し込みください (9月4日まで)
   http://www.chugoku.meti.go.jp/event/enetai/150810.html

 ■お申し込み・お問い合わせ先
   イベント事務局 
    中電技術コンサルタント株式会社 都市整備部 都市施設グループ
    担当:乗越さん、村上さん
     TEL 082−256−3352
     FAX 082−256−1968
     E-mail:nmurakami@cecnet.co.jp
 
【3】 「四国環境産業INDEX」発刊のご案内

  四国経済産業局では、今後の発展が期待される環境関連ビジネスに取り組ん
 でいる四国地域内の事業所を対象に、環境関連技術力等の調査を実施しました。
  この調査の成果として、このほど四国地域で環境ビジネスを行う企業のうち、
 59社の概要を「四国環境産業INDEX」として取りまとめるとともに、
 ヒアリング協力企業29社の環境関連事業の特徴、関連技術の優位性、当該
 企業の環境ビジネス状況等の情報を「環境技術・製品PRレポート」として
 紹介しています。
  下記よりダウンロードできますので、ぜひ情報収集等にご活用ください。
       ↓↓↓
 「四国環境産業INDEX」(PDF形式;5.41MB)
  http://www.shikoku.meti.go.jp/soshiki/skh_d1/5_houkoku/150325/2014kankyouindex.pdf

 ■本資料に関するお問い合わせ先
   四国経済産業局 資源エネルギー環境部 環境・リサイクル課 担当:久保さん
    TEL 087−811−8534


【4】 「蒜山大山EV・PHVエコドライブ・グランプリ」開催のご案内

  EV・PHVで蒜山大山エリアを中心に、岡山・鳥取両県の指定した
 観光地等を巡り、制限時間内に相手県のゴールを目指す「蒜山大山EV・
 PHVエコドライブ・グランプリ」が、本年10月4日に開催されます。
  本イベントでは、鳥取・岡山両県の充電器を活用しながら、主催者が指定
 するチェックポイントを巡り、マイカーもしくはレンタル車でゴールを
 目指すものです。
  EVは電費、PHVは燃費で競い、参加者全員に地域特産品、また、上位
 入賞者にはペア宿泊券など賞品も用意されているとのこと。
  初秋の一日、自然豊かなルートを次世代のエコドライブでめぐって
 みませんか。
  奮ってご参加ください!!

 ♪♪詳細情報はこちら→ http://eco-evdrive.jp/index.htm

 ■募集期間  平成27年8月3日(月)〜9月10日(木) ※必着

 ■募集数   鳥取・岡山各県20チーム ※応募者多数の場合は抽選

 ■使用車両
  (1)EV・PHVをお持ちの方・・・マイカー(車種自由)
  (2)EV・PHVをお持ちでない方・・・事務局が準備するレンタル車
       岡山発:三菱アイミーブ、三菱アウトランダー、日産リーフ
       鳥取発:ホンダアコード、トヨタプリウス、三菱アウトランダー

 ■参加費用  無料 ※飲食費、施設入場費、発着会場までの交通費は自己負担

 ■走行ルート
  ≪鳥取≫ 米子市・鳥取県西部総合事務所(発)→真庭市役所(着)
     三菱アウトランダー(PHEV)  南部町〜蒜山
     トヨタプリウス(PHV)     大山寺〜蒜山〜湯原
     ホンダアコード(PHV)     溝口〜蒜山

  ≪岡山≫ 真庭市役所(発)→米子市・鳥取県西部総合事務所(着)
     三菱アウトランダー(PHEV)  蒜山〜南部町
     日産リーフ(EV)        湯原〜蒜山〜大山寺
     三菱アイミーブ(EV)      蒜山〜溝口

 ■申込方法  下記申込フォームからお申し込みください
        http://eco-evdrive.jp/mailform2/mail2.html

 ■主 催   鳥取・岡山EV・PHV普及連携プロジェクト実行委員会

 ■応募先
   郵送 〒700−0975 岡山市北区今2−18−22
       株式会社オフィスダン内
       「蒜山大山EV・PHVエコドライブ・グランプリ」受付窓口宛て
   FAX 086−239−2988

 ■お問い合わせ先
   鳥取県環境立県推進課       TEL 0857−26−7874
   岡山県新エネルギー・温暖化対策室 TEL 086−226−7298


【5】 環境省中国環境パートナーシップオフィス主催 光害セミナー
    「持続可能な社会のために〜光との付き合い方〜」開催のご案内

  光害(ひかりがい)とは、過剰または不要な光による公害のことで、
 「見えていない環境問題」と言われています。
  都市化や交通網の発達による屋外照明の増加や照明の過剰な使用等により、
 「夜空の明るさ」が増大し、住む人へのまぶしさといった不快感や交通信号
 等の重要な認知力低下、また野生動物や農作物等への悪影響が報告されて
 います。
  環境省中国環境パートナーシップオフィス(EPOちゅうごく)では、この
 光害の現状と対策について、専門家をお招きしてセミナーを開催します。
 「光との付き合い方」について理解を深め、持続可能な社会のために何が
 できるか考えてみませんか。

 ■日 時  平成27年8月30日(日)13:30〜16:30

 ■会 場  中国銀行 岡山駅前支店 会議室
         (岡山市北区本町2−5 ちゅうぎん駅前ビル)
 
 ■主 催  環境省 中国環境パートナーシップオフィス

 ■共 催  公益財団法人岡山県環境保全事業団、中国銀行

 ■参加費  無料

 ■定 員  100名

 ■プログラム
   第1部 宇宙(そら)から考える光害
    講師 自然科学研究機構 国立天文台 岡山天体物理観測所
        助教 柳澤 顕史 氏
  
   第2部 植物と光の関係性を解き明かす
    講師 山口大学 農学部 教授 山本 晴彦 氏

   第3部 ディスカッション
     「宇宙(そら)から、自然との光の共生」について

 ■参加申込
   下記URLから参加申込書をダウンロードし、必要事項をご記入の上、
  FAXでお申し込みください
    http://epo-cg.jp/blog/event/150830hikarigai/

 ■お申し込み・お問い合わせ先
   環境省中国環境パートナーシップオフィス(EPOちゅうごく)
    TEL 082−511−0720
    FAX 082−511−0723
    E-mail:info@epo-cg.jp


【6】 きらめき岡山創成ファンド支援事業助成金
    平成27年度後期募集のお知らせ ≪補助金情報≫

  岡山県産業振興財団では、県内中小企業の研究開発から販路開拓までを支援し、
 県内地域産業の活性化を推進するため、「きらめき岡山創成ファンド支援事業」
 を実施しています。
  このたび、平成27年度後期募集をスタートしますのでご案内いたします。
  新技術や新製品の研究開発、販路開拓を検討中の会員の皆様、この機会に
 奮ってご応募ください。
  なお、募集にあたり公募説明会・個別相談会を開催しますのでご利用ください。

 ■公募期間  平成27年9月7日(月)〜10月9日(金)17時まで

 ■公募説明会
   ○日 時 平成27年9月4日(金) 13:00〜16:30
   ○会 場 テクノサポート岡山 大会議室(岡山市北区芳賀5301)
   ○プログラム
     13:00〜13:55 申請書の書き方セミナー
     14:00〜15:00 助成金制度説明・質疑応答
     15:00〜16:30 個別相談会

   ○参加費 無料
   ○参加申込 下記申込フォームよりお申し込みください ※当日受付可
          ↓↓↓
     http://www.optic.or.jp/okayama-ssn/event_detail/index/798.html

 ■助成対象事業
  (1)新技術または新製品の研究開発事業(ミクロものづくり分野)
  (2)地域産業資源を活用した研究開発事業等

 ■助成対象者
  (1)岡山県内の中小企業者及び起業予定者
  (2)岡山県内の中小企業者の団体(県内の中小企業者が1/2以上を占める
    事業協同組合、商工組合等の法人及び任意団体)

 ■助成率・助成限度額等
  (1)ミクロものづくり分野新事業育成支援事業
    ア.研究シーズ活用型支援事業
       助成率:4/5以内
       助成限度額:総額30,000千円
       助成期間:24ヶ月以内
    イ.重点分野育成型支援事業
       助成率:2/3以内
       助成限度額:総額20,000千円
       助成期間:24ヶ月以内
  (2)地域産業資源活用・域外への発信事業
    ウ.事業可能性調査・検証支援事業
       助成率:2/3以内
       助成限度額:総額1,000千円/年
       助成期間:12ヶ月以内
    エ.商品化の研究、試作支援事業
       助成率:1/2以内
       助成限度額:3,000千円/年
       助成期間:24ヶ月以内
    オ.商品、サービスの販路開拓支援事業
       助成率:1/2以内
       助成限度額:1,000千円/年
       助成期間:12ヶ月以内

 ■詳細情報→ http://www.optic.or.jp/enterprise_detail/index/9.html?i=8


 ■お申し込み先・お問い合わせ先
   公益財団法人岡山県産業振興財団 技術支援部 担当:小川、喜井
    TEL 086−286−9651
    FAX 086−286−9676
    E-mail:kirameki@optic.or.jp

  
【6】 地域ミニエコタウン事業 申請者募集のご案内 ≪再掲≫
    ※本年度から申請要件が一部変更しました

  岡山県では、岡山県循環型社会形成推進条例第29条の規定に基づき、
 循環型社会の形成を推進すると認められる先進的なリサイクル関係施設
 などの整備や、新たなリサイクル技術の開発などに対して、申請に基づき
 専門家等から成る「資源循環推進事業承認審査委員会」において審査の
 うえ、「岡山県資源循環推進事業」として承認しています。
  また、承認事業に対し、予算の範囲内で経費の一部を補助する助成
 制度も設けています。
  申請は1年を通じて随時受け付けていますが、申請事業は年度内
 (3月中旬まで)の完了が前提となりますので、本年度内の申請をご検討
 されている事業者におかれましては、お早めに事務局までご相談ください。

  なお、昨年度より新たに対象事業として、従来の廃棄物の再生利用に
 加え「発生抑制」分野も新たに対象となっています。
  また、本年度から補助上限額が変更しましたのでご留意ください。

 
 ■対象者
    岡山県内に事業所を有する民間事業者

 ■対象事業

  (1)施設整備事業

     地域産業において蓄積された技術等を活用して、循環資源の
    循環的な利用を推進する施設の整備を行う事業
    ※対象となるのは、新技術等を利用する中核施設です。
     ○補助対象経費
       工事費、機械装置費、設計費、諸経費
     ○補助率・補助上限額
       岡山市・倉敷市内の事業者 1/4以内 1,250万円以内
       上記以外の事業者     1/2以内 2,500万円以内


  (2)技術開発等ソフト事業

     区分:技術開発、用途開発、システム開発、相互利用、
        環境意識向上、その他
     ○補助対象経費
       人件費、原材料費、構築物借上費、機械装置費、工具器具費、
       外注加工費 等
     ○補助率・補助上限額     1/2以内 400万円以内

 ■詳細情報(申請書書式ダウンロード等)
    こちらをご覧ください↓↓↓
    http://bnet-okayama.jp/page/minieco.html

 ■お問い合わせ先
    公益財団法人岡山県産業振興財団 技術支援部 研究開発支援課
    担当:竹内
     TEL 086−286−9652
     FAX 086−286−9676
     E-mail:stake@optic.or.jp    
     

********************************************************************

 ♪ 後 記 ♪

 ▼お盆休みに島根県の温泉に行ってきました。
 ▼全国的に話題のプレミアム宿泊券を利用して、5,000円分の宿泊券を
  半額の2,500円で購入。
 ▼当初は、国のばら撒き政策に安易に乗っかるのなんてイヤだよね・・・なんて、
  冷ややかな目で見てたくせして、いざ使ってみたらお得感満載。
 ▼このプレミアム宿泊券、1泊につき一人あたり3枚まで購入可能とのことで、
  このチャンスを利用しない手は無いと、普段は高くて手が出ない、古民家の
  離れが自慢の高級旅館に奮発して泊まっちゃいました。
 ▼我ながらポリシーも何もあったもんじゃないと、現金な自分に呆れつつ・・・
 ▼おかげで、数種類ある露天風呂を堪能し、プチセレブな夏休みを味わうことが
  できました。直前に患ったぎっくり腰の養生もできましたし(苦笑)
 ▼まだ販売中のようですので、読者の皆様にもご紹介します。
 ▼ただし、あくまでも県外からの観光客の増加及び消費喚起が目的の制度です
  から、島根県民の皆さんは購入できないのでご注意を!!
 ☆ご縁の国しまねプレミアム宿泊券・プレミアムおみやげ券のサイトはこちら
        ↓↓↓
  http://www.shimane-premium2015.jp/
   
********************************************************************

 (発信者)

  B−net(中四国環境ビジネスネット)
  岡 山 県
  公益財団法人岡山県産業振興財団
  URL http://bnet-okayama.jp

  公益財団法人岡山県産業振興財団
  技術支援部 研究開発支援課
  環境サポーター 竹 内 聖 子
  E-mail:stake@optic.or.jp
 
  〒701−1221
  岡山市北区芳賀5301 テクノサポート岡山3F
  TEL 086−286−9652
  FAX 086−286−9676

************************************************************************