トップページ > B-netメルマガバックナンバー > B−net メルマガ第91号

B-NETメルマガ

%%NAME%% 様

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 中四国環境ビジネスネット (B−net)
 
 岡  山  県

 公益財団法人岡山県産業振興財団 からのお知らせ


               平成27年11月5日 第91号

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆



 このメールは、循環型産業クラスター形成促進事業にご賛同いただき、
 メールアドレスをお知らせいただいた皆様に配信しております。
  ※重複して送信した場合はご容赦ください。
  ※このメールへ直接返信されますと、読者の皆さん全員に配信され
   ますのでご注意ください。

 ◆ メールマガジンについてのお問い合わせは‥‥ ◆

    公益財団法人岡山県産業振興財団技術支援部 (担当:竹内)
      E-mail:stake@optic.or.jp  へご連絡を!!

 
 目  次

 
 【1】 「中四国環境ビジネスネット(B-net)フォーラム2015」
      来週末、開催です!!

 
 【2】 「エコプロダクツ2015」に岡山県企業が出展します!!


 【3】 「2015四国環境産業パネル展」開催のご案内


 【4】 「エコ・イノベーションメッセinひろしま」開催のご案内
 

 【5】 「竹の100%活用ビジネスセミナー」開催のご案内
 

 【6】 地域ミニエコタウン事業 申請者募集のご案内 ≪再掲≫
     ※本年度から申請要件が一部変更しました


********************************************************************

【1】 「中四国環境ビジネスネット(B-net)フォーラム2015」
     来週末、開催です!!

  前号でもご案内いたしましたとおり、来る11月13日(金)、岡山駅直結という
 交通アクセスの良い岡山コンベンションセンターにおきまして、中四国地域を中心に
 3R等の新技術・関連商品などを紹介する「中四国環境ビジネスネット(B-net)
 フォーラム2015」を開催いたします。
  基調講演には、昨年11月、TBS制作「夢の扉+」で放映され反響を呼んだ、
 これまで廃棄されていたゴミを有効活用した夢の燃料「バイオコークス」の生みの親、
 近畿大学の井田教授に開発経緯、今後の展開などご講演いただきます。
  後半の広域展示商談会には、中国四国地域を中心とする21企業・団体が、環境関連の
 先進的な技術、製品を紹介します。

  先だって、日本・アジア青少年サイエンス交流事業の一環で来日中の東南アジア
 諸国の研究者・学生の皆様が、会場にお越しいただけるとの嬉しいニュースが飛び込んで
 きました。
  ということで、今年のB-netフォーラムはグローバルな雰囲気の中での開催となり
 そうです。

  岡山県内外から多数のご参加をお待ちしております。

 ■日 時  平成27年11月13日(金) 13:00〜17:00

 ■会 場  岡山コンベンションセンター ママカリフォーラム
         1F イベントホール (JR岡山駅東西連絡通路直結)
        ※アクセス→ http://www.mamakari.net/access/

 ■主 催  岡山県、 公益財団法人岡山県産業振興財団

 ■後 援
   中国経済産業局、四国経済産業局、中国四国地方環境事務所、香川県、
   国立研究開発法人産業技術総合研究所中国センター・同四国センター、
   一般社団法人中国地域ニュービジネス協議会、公益財団法人岡山県環境保全事業団、
   中国経済連合会、一般社団法人廃棄物資源循環学会中国四国支部、
   中国地域産学官連携コンソーシアム
 
 ■定 員  150名 ※講演会場のみ

 ■参加費  無 料

 ■プログラム

  13:00〜13:05
   開会挨拶
     中四国環境ビジネスネット 会長
     岡山大学 廃棄物マネジメント研究センター 副センター長/教授 藤原 健史 氏
 
  13:05〜14:15
   基調講演
    『植物由来の次世代バイオ・リサイクル燃料「バイオコークス」
        〜廃棄物から新しい固形エネルギーができた!!〜 』
     近畿大学 バイオコークス研究所 所長/教授 井田 民男 氏
      http://www.kindai.ac.jp/bio-coke/

     ≪講演内容≫
       お茶かすやコーヒーかす、野菜や果物、木くずなど、今まで廃棄処分されて
      いた光合成由来の資源から、製鉄・鋳造炉の燃料として欠かせない石炭コークス
      の代替えとなる、感興にやさしいリサイクル燃料「バイオコークス」を開発した
      経緯、今後の展開などについてご紹介いただきます。

  14:15〜14:20
   休 憩

  14:20〜15:10
   中国四国地域の未利用資源利活用に関する先進事例のご紹介
    ≪事例発表者≫
     中国経済産業局 エネルギー対策課、(株)ゼロテクノ四国、
     ダイオーエンジニアリング(株)、岡山県農林水産総合センター、
     おかやまグリーンバイオ・プロジェクト

  15:10〜17:00
   中国四国地域を中心とした企業・研究機関によるポスターセッション

    ≪出展者情報≫
      ♪♪展示内容がわかるリンクを出展者ごとに貼りましたので、ご来場の
       参考にクリックしてみてください♪♪

    ☆岡山県

     ○有限会社アクアテクノス
        カキ殻に含まれる成分を利用した汚水・廃水処理施設の
       汚泥減量化剤
        http://www.aquatechnos.net/

     ○旭テクノプラント株式会社
        太陽光モジュールの取付が可能なプランター架台「AQUA BASE」
       による太陽光発電設備とプランター菜園を融合した農業システム
        http://www.asahi-techno-p.co.jp/service/solarpower.php#anc02

     ○卯根倉鉱業株式会社・岡山大学大学院教育学研究科
        中和シュベルトマナイトの特性を活かした農業用資材の開発
        http://www.okayama-u.ac.jp/tp/release/release_id301.html

     ○おかやまグリーンバイオ・プロジェクト
        セルロース系バイオマス資源を高機能で付加価値の高い新素材
       として利用することを目指す産学官連携の取組みのご紹介
        http://www.pref.okayama.jp/sangyo/sangyo/greenbio/

     ○岡山県環境文化部循環型社会推進課・公益財団法人岡山県環境保全事業団
        岡山県エコ製品、岡山エコ事業所、循環資源マッチング制度、
       リサイクル技術情報のご紹介
        http://www.pref.okayama.jp/page/detail-11867.html

     ○岡山県農林水産総合センター 生物科学研究所
        “資源化のお手伝い! 植物の免疫力を調べます。”
        環境にやさしい作物病害防除剤「プラント・アクティベータ―」
       開発のご紹介
        http://www.pref.okayama.jp/page/detail-79456.html

     ○くろがね産業株式会社
        廃ゴムを活用した人工芝向け・弾性舗装材用着色チップ
        http://www.kurogane-sangyo.com/product_service.html#shiba

     ○津山工業原料株式会社
        破砕した角の少ないカレット(ガラス・陶磁器破砕粒)を利用した
       防音パネル、エクステリア製品等のご紹介
        http://www.oka-tkg.co.jp/

     ○株式会社濱田
        特殊球体セラミックを塗料化した高い断熱、遮熱効果をもつ
       機能性環境改善塗料「GAINA」他
        http://hamada-metal.com/i_gaina_kankyou.html

    ☆鳥取県

     ○株式会社鳥取再資源化研究所
        廃ガラスと貝殻を原料とした特許製法による多孔質ガラス発泡材
       「ポーラスα」とその応用技術
        http://www.t-rrl.jp/

    ☆広島県

     ○中国経済産業局 エネルギー対策課
        温室効果ガス削減に関する「J−クレジット制度」のご紹介
        設備更新によるCO2削減効果のクレジット化を無料支援します!!
        http://www.chugoku.meti.go.jp/carbon-action/index.html

     ○ミサワ環境技術株式会社
        建物への地中熱利用冷暖房システム
        路面融雪への地中熱利用システム
        http://www.ecomisawa.com/

    ☆山口県

     ○一般社団法人鋳田籠工法協会
        環境にやさしいダクタイル鋳鉄管くさび連結式パネル「鋳田籠
       (ちゅうたろう)」工法で、多自然型川づくりに貢献!!
        http://chutaro.info/

    ☆香川県

     ○三菱マテリアル株式会社 直島製錬所
        銅製錬所におけるリサイクル事業の紹介
        http://www.mmc.co.jp/naoshima/

        
    ☆愛媛県

     ○株式会社ゼロテクノ四国
        未燃カーボンを1%以下に除去したエココンクリート混和剤
       「高品質フライアッシュCfFA」
        http://www.zerotechno-shikoku.co.jp/

     ○ダイオーエンジニアリング株式会社
        廃家電、廃車から発生する小粒径混合プラスチックから特定の
       材質のプラスチックを選別する「近赤外線式光学選別装置」他
        http://eng.dd5.jp/?page_id=156

    ☆東京都

     ○特定非営利活動法人グリーンネットワーク
        乳酸発酵竹粉を利用した新規畜産飼料の開発
        竹粉複合バイオマスプラスチックの提案
        http://greennetwork.or.jp/

    ☆京都府

     ○有限会社ワイエス商事
        児島湖のヨシを原料に使用したお箸、食器等、バイオマス
       プラスチック製品のご紹介
        http://ys-shoji.sakura.ne.jp/

    ☆研究機関

     ○中国地域産学連携コンソーシアム
        さんさんコンソの取組みのご紹介
        http://www.sangaku-cons.net/

 ■詳細情報・参加申込書
   下記URLよりダウンロードできます
    http://bnet-okayama.jp/info_detail/show/47.html

 ■参加申込
   下記サイトからお申し込みください ※11月10日(火)まで
    http://www.optic.or.jp/okayama-ssn/event_detail/index/923.html

 ■お申し込み・お問い合わせ先
   公益財団法人岡山県産業振興財団 技術支援部 研究開発支援課
   担当:竹内
    TEL 086−286−9652 FAX 086−286−9676
    E-mail:stake@optic.or.jp
     
     
【2】 「エコプロダクツ2015」に岡山県企業が出展します!!

  毎年12月に東京ビッグサイトで開催される、日本最大の“参加体験型”
 環境イベント「エコプロダクツ2015」に、今年初めて岡山県企業6社・団体が
 合同出展します。
  「エコプロダクツ展」は、環境問題の解決に貢献することを目的に、産官学民の
 知恵が集まり、最高の環境機能性をもつ製品や、サプライチェーンの隅々まで
 見通して環境負荷低減に励む先進企業の取り組みなど、時代に求められる環境
 ソリューションを一堂に紹介する大イベントです。
  会期中は、ビジネスパーソンから生活者、環境学習を目的とした首都圏の
 子供たちまで、さまざまなステークホルダー約16万人が来場します。
  会期中に予定されているシンポジウム、セミナー、イベントなど、詳細情報は
 次号でご紹介させていただきます。

  現在、岡山県産業振興財団では、何とか来場者の目を惹くブースにすべく、
 岡山県企業ブースの展示装飾に注力しています。
  東京にお越しの際は、ぜひ岡山県企業ブースにお立ち寄りください。

  なお、開催情報が記載された案内チラシ及び招待券をご用意しておりますので、
 ご希望の場合は(公財)岡山県産業振興財団 技術支援部・竹内までご連絡ください。
  ※案内チラシ・招待券に関するお問い合わせ先
    (公財)岡山県産業振興財団 技術支援部 竹内
     TEL 086−286−9652


 ■事業名  エコプロダクツ2015[第17回] http://eco-pro.com/2015/

 ■会 期  平成27年12月10日(木)・11日(金)・12日(土)
           10時〜18時 ※最終日は17時まで

 ■会 場  東京ビッグサイト 東1〜6ホール
         東京都江東区有明3−11−1
         ※アクセス→ http://www.bigsight.jp/access/transportation/
 
 ■テーマ  わたしが選ぶ クールな未来 (ECO PRODUCTS FOR SUSTAINABIRITY)
 
 ■主 催  一般社団法人産業環境管理協会、 日本経済新聞社

 ■入場料  無 料(事前登録制)

 ■来場者数  165,000人(見込み)

 ■出展規模  700社・団体/1,700小間

 ■出展者情報
   公式サイトをご覧ください→ https://eco-pro.biz/exhibitor/index/EP/ja
   
   ☆岡山県企業ブースは以下のとおりです
     
    東1ホール 小間番号1−019
     https://eco-pro.biz/exhibitor/info/EP/ja/4718/

     公益財団法人岡山県産業振興財団
     旭テクノプラント株式会社 (岡山県倉敷市)
     津山工業原料株式会社 (岡山県津山市)
     卯根倉鉱業株式会社・西部事業所 (岡山県久米郡美咲町) ・岡山大学
     株式会社新興製作所・津山事業部 (岡山県津山市)
     くろがね産業株式会社 (岡山県岡山市)
     日進ゴム株式会社(岡山県岡山市)

 ■来場事前登録
   申込サイトからお申し込みください→ http://eco-pro.com/2015/regist.html
    ※ウェブサイトから来場事前登録をしてご来場いただいた方に、抽選で
     素敵な賞品が当たるチャンスも!?

 ■展示会に関するお問い合わせ先
   フリーダイヤル 0120−261−122(土日祝日を除く9時〜18時)
   E-mail:eco-pro@nikkeipr.co.jp


【3】 「2015四国環境産業パネル展」開催のご案内

  四国経済産業局では、環境産業に関する社会的認知度を高めるため、四国企業の
 高い環境技術力、四国内の企業が製造した環境配慮製品、環境施策等を紹介する
 「2015四国環境産業パネル展」を開催します。
  多数のご来場をお待ちしております。

 ■日時・会場

  日時 平成27年11月7日(土) 10:00〜17:00
            11月8日(日) 10:00〜15:00

  会場 香川高等専門学校 高松キャンパス 一般棟2F(学祭での展示紹介)
     ※アクセス→ http://www.kagawa-nct.ac.jp/prospectus/accessmap/access.html

  日時 平成27年11月14日(土) 9:00〜21:00
            11月15日(日) 9:00〜21:00

  会場 イオンモール高松 1F 西広場(サンセットコート)
     ※アクセス→ http://www.aeon.jp/sc/takamatsu/access/

 ■主 催  四国経済産業局

 ■協 力  四国地域エネルギー・温暖化推進会議
        環境省中国四国地方環境事務所・高松事務所
        四国環境パートナーシップオフィス
        一般社団法人産業環境管理協会

 ■展示内容
  (1)四国企業の高い環境技術力
       環境対応優良企業、環境技術力の高い企業等
  (2)四国内の企業が製造した環境配慮製品
       40業者・55アイテム
  (3)環境施策等
       循環型社会の推進、地球温暖化対策、化学物質管理、
       揮発性有機化合物対策、PCB処理、地域エネルギー

   詳細情報はこちら↓↓↓
http://www.shikoku.meti.go.jp/soshiki/skh_d1/3_event/151016/151016.html

 ■お問い合わせ先
   四国経済産業局 資源エネルギー環境部 環境・リサイクル課
    担当:久保総括係長
    TEL 087−811−8534 FAX 087−811−8559
   

【4】 「エコ・イノベーションメッセinひろしま」開催のご案内

  環境とイノベーションをテーマに、地域のあり方、技術、企業と共に考える
 「エコ・イノベーションメッセ」が今年も広島市を中心に産学官の連携で開催されます。
  このイベントでは、地方創生のためのキーワードを“魅力ある地方の中核都市づくり”
 とし、広島市の事例をもとに環境に配慮した災害にも強い、持続可能なまちづくりを
 進める姿を提案します。

 ♪♪詳細情報はこちら→ http://www.rcc.co.jp/eco/innovation/

 ■会 期  平成27年11月27日(金)・28日(土)
           10時〜17時 (28日は16時まで)

 ■会 場  広島県立広島産業会館 西展示館(広島市南区比治山本町16−31)
         ※アクセス→ https://www.hiwave.or.jp/kaikan/access/

 ■主 催 「エコ・イノベーションメッセinひろしま」実行委員会

 ■同時開催  脱・温暖化フェア2015inひろしま
          建設技術フォーラム2015in広島

 ■入場料  無 料

 ■出展者  120社・団体程度

 ■セミナー等

  ○基調講演
    日時 11月27日(金)13:00〜15:00
    会場 広島市南区民センターホール
    定員 500名
    プログラム
     第1部
      テーマ「市民の安全・安心を考えるNECの社会ソリューション事業(仮)」
        NEC 執行役員常務 西村 知典 氏
     第2部
      テーマ「200万人広島都市圏構想を目指して
           〜広島駅の利便性向上がカギを握る〜(仮)」
        広島市長 松井 一實 氏
        JR西日本 執行役員広島支社長 杉岡 篤 氏

  ○マツダミュージアム見学ツアー
    日時 11月27日(金) 15:15〜17:00
    移動 専用バス送迎
    定員  先着40名

 ■上記イベントお申し込み先・お問い合わせ先
   「エコ・イノベーションメッセinひろしま」実行委員会事務局内
    RCC文化センター
     TEL 082−222−2276 FAX 082−222−2270
     E-mail:next@rccbc.co.jp


【5】 「竹の100%活用ビジネスセミナー」開催のご案内

  バイオマスの有効活用のための活動や農商工連携促進の活動などを積極的に
 行っている特定非営利活動法人グリーンネットワーク(本部:東京都)は、
 このたび岡山市内において「竹の100%活用ビジネスセミナー 〜農業・
 畜産・食品から工業プラスチックへ〜」を開催します。
  同団体は、昨年開催した「B-netフォーラム2014」に初出展した際、岡山県内で
 畜産業を営んでいる来場者に対し、竹粉を乳酸発酵した畜産飼料について提案した
 ところ賛同を得、昨年末以降、県内の牧場において実証実験を行ってこられました。
  その結果、竹粉発酵微粉末を利用した新規畜産飼料によって、和牛の毛並みが良く
 なったとか、肥育牛の下痢が少なくなったなどの効果が見られたため、今回、
 B-netフォーラムに併せて、成果報告を兼ねたセミナーを開催されることになりました。
  B-netフォーラム開催当日の午前中、同じママカリフォーラムの会議室にて
 開催されます。もちろんポスターセッションにも出展されますが、ご関心のある方は
 セミナーにもぜひご参加ください。

 ■日 時  平成27年11月13日(金) 10:00〜12:00
 
 ■会 場  岡山コンベンションセンター ママカリフォーラム 4F 406会議室
          フロア案内→ http://www.mamakari.net/facility/ 

 ■主 催  特定非営利活動法人グリーンネットワーク
        http://greennetwork.or.jp/

 ■後 援  一般社団法人日本有機資源協会(JORA)テクノフォーラム

 ■内 容
  (1)竹粉活用のビジネス化・・・ ビジネスパートナー求む!
      NPO法人グリーンネットワーク理事長
      東京大学大学院農学生命科学研究科研究員
      日本有機資源協会理事  佐野 孝志 氏

      ○乳酸発酵微粉末活用による新規畜産飼料の成果
      ○竹粉溶融バイオマスプラスチックの提案
      ○乳酸発酵竹粉の低温真空乾燥による個液分離利活用の提案

  (2)発酵竹粉の農業への活用事例・・・ 儲かるビジネス紹介
      山都町竹資源利活用協議会副会長
      熊本県立大学研究員・博士(環境共生) 野口 慎吾 氏

      ○熊本県山都町での先進活用事例
      ○竹粉製造・販売ビジネスモデルの紹介
 
  (3)竹粉活用ビジネスによる地方再生・・・ 支援策の利用
      奈良先端科学技術大学院大学 客員准教授
      6次産業化プランナー  光井 将宇 氏
     
      ○地方再生/6次産業化/ビジネス成功事例/助成金等、各種支援策

 ■参加費  資料代2,000円要

 ■参加申込 
   下記より参加申込書をダウンロードし、必要事項をご記入のうえ、11月10日
  までにメールまたはFAXでお申し込みください
   http://jora.smallworld.jp/press/jora_pdf_files/201510201813.pdf

 ■お申し込み・お問い合わせ先
   特定非営利活動法人グリーンネットワーク
   理事長 佐野 孝志 氏、副理事長 清水 右孝 氏
    E-mail:tsano128@lion.ocn.ne.jp
    FAX 03−3389−9510

  
【6】 地域ミニエコタウン事業 申請者募集のご案内 ≪再掲≫
    ※本年度から申請要件が一部変更しました

  岡山県では、岡山県循環型社会形成推進条例第29条の規定に基づき、
 循環型社会の形成を推進すると認められる先進的なリサイクル関係施設
 などの整備や、新たなリサイクル技術の開発などに対して、申請に基づき
 専門家等から成る「資源循環推進事業承認審査委員会」において審査の
 うえ、「岡山県資源循環推進事業」として承認しています。
  また、承認事業に対し、予算の範囲内で経費の一部を補助する助成
 制度も設けています。
  申請は1年を通じて随時受け付けていますが、申請事業は年度内
 (3月中旬まで)の完了が前提となりますので、本年度内の申請をご検討
 されている事業者におかれましては、お早めに事務局までご相談ください。

  なお、昨年度より新たに対象事業として、従来の廃棄物の再生利用に
 加え「発生抑制」分野も新たに対象となっています。
  また、本年度から補助上限額が変更しましたのでご留意ください。

 
 ■対象者
    岡山県内に事業所を有する民間事業者

 ■対象事業

  (1)施設整備事業

     地域産業において蓄積された技術等を活用して、循環資源の
    循環的な利用を推進する施設の整備を行う事業
    ※対象となるのは、新技術等を利用する中核施設です。
     ○補助対象経費
       工事費、機械装置費、設計費、諸経費
     ○補助率・補助上限額
       岡山市・倉敷市内の事業者 1/4以内 1,250万円以内
       上記以外の事業者     1/2以内 2,500万円以内


  (2)技術開発等ソフト事業

     区分:技術開発、用途開発、システム開発、相互利用、
        環境意識向上、その他
     ○補助対象経費
       人件費、原材料費、構築物借上費、機械装置費、工具器具費、
       外注加工費 等
     ○補助率・補助上限額     1/2以内 400万円以内

 ■詳細情報(申請書書式ダウンロード等)
    こちらをご覧ください↓↓↓
    http://bnet-okayama.jp/page/minieco.html

 ■お問い合わせ先
    公益財団法人岡山県産業振興財団 技術支援部 研究開発支援課
    担当:竹内
     TEL 086−286−9652
     FAX 086−286−9676
     E-mail:stake@optic.or.jp    
     

********************************************************************

 ♪ 後 記 ♪

 ▼先般開催された2020年以降の温暖化対策の新たな枠組みを話し合う
  国連交渉において、温暖化による被害を軽減するための「適応策」を
  各国で進め、世界共通の目標を掲げることで大筋合意したとのニュースが
  流れました。
 ▼11月末にパリで始まる国連気候変動枠組み条約締約国会議、いわゆる
  COP21の新たな柱となるものです。
 ▼わが国も適応計画案をまとめ、7分野76項目での対応策が発表されました。
 ▼7分野のうち、農林水産業分野については、高温に耐えられる品種の開発、
  病害虫対策が取組事例として挙げられていましたが、、、
 ▼今回のB-netフォーラムに出展される岡山県農林水産総合センター・生物
  科学研究所 植物免疫研究グループの鳴坂グループリーダーが以前から
  研究されているのが、まさにこの事例に該当するものです。
 ▼従来使用されてきた植物用の殺菌剤は、菌を殺すこと、もしくは菌の生育
  を阻害することに重きを置いて開発されてきましたが、鳴坂研究員は、
  まったく発想を変え、植物の免疫力を高めることで病害を防除するという
  視点から、環境にやさしい病害防除剤の開発に取り組んでおられます。
 ▼鳴坂研究員によると、来場者の方からこの植物に抵抗性を付与する資材と
  なるものの提案を受けたいとのこと。
 ▼例えば、未利用のまま捨てられているキノコの石突きとか、廃棄されている
  菌の培養液などなど。
 ▼これなんて該当しないだろうか?・・・みたいなご相談、大歓迎だそうです。
 ▼皆さんの提案から未来の新しい病害防除剤が生まれるかも・・・?!
   
********************************************************************

 (発信者)

  B−net(中四国環境ビジネスネット)
  岡 山 県
  公益財団法人岡山県産業振興財団
  URL http://bnet-okayama.jp

  公益財団法人岡山県産業振興財団
  技術支援部 研究開発支援課
  環境サポーター 竹 内 聖 子
  E-mail:stake@optic.or.jp
 
  〒701−1221
  岡山市北区芳賀5301 テクノサポート岡山3F
  TEL 086−286−9652
  FAX 086−286−9676

************************************************************************