トップページ > B-netメルマガバックナンバー > B−net メルマガ第97号

B-NETメルマガ

%%NAME%% 様

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 中四国環境ビジネスネット (B−net)
 
 岡  山  県

 公益財団法人岡山県産業振興財団 からのお知らせ


               平成28年6月2日 第97号

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆



 このメールは、循環型産業クラスター形成促進事業にご賛同いただき、
 メールアドレスをお知らせいただいた皆様に配信しております。
  ※重複して送信した場合はご容赦ください。
  ※このメールへ直接返信されますと、読者の皆さん全員に配信され
   ますのでご注意ください。

 ◆ メールマガジンについてのお問い合わせは‥‥ ◆

    公益財団法人岡山県産業振興財団技術支援部 (担当:竹内)
      E-mail:stake@optic.or.jp  へご連絡を!!

 
 目  次

 
 【1】 「エコプロ2016〜環境とエネルギーの未来展」
     岡山県ブース出展者募集のご案内


 【2】 ≪補助金公募情報≫
     平成28年度低炭素型廃棄物処理支援事業(廃棄物高効率熱回収事業
     及び廃棄物燃料製造事業)の公募について

 【3】 平成28年度容器包装利用・製造等実態調査説明会(岡山会場)の開催
     について

 【4】 「大学発ベンチャー表彰2016」募集のお知らせ
     

 【5】 ≪補助金公募情報≫
     岡山県内企業の
     三菱自動車工業関連企業の新事業創出・新分野進出を支援します!!

 【6】 グリーン購入法の特定調達品目に関する提案募集について
      (公共工事)(物品・役務)


********************************************************************

【1】 「エコプロ2016〜環境とエネルギーの未来展」
     岡山県ブース出展者募集のご案内
     
  岡山県は、県内企業等の環境関連の新技術、新商品をPRし、広域的な販路展開
 を支援するため、本年12月8日から3日間にわたり開催される、アジアを代表する
 環境・エネルギーの総合展示会「エコプロ2016〜環境とエネルギーの未来展」
 に岡山県ブースを設置し、共同出展いたします。
  環境ビジネスの新たな市場開拓をご検討中の岡山県内の事業者の皆様のご応募を
 お待ちしています!!

 ■出展事業  エコプロ2016〜環境とエネルギーの未来展[第18回]

 ■会  期  平成28年12月8日(木)〜10日(土) 3日間
           10時〜18時(最終日は17時まで)

 ■会  場  東京ビッグサイト 東ホール(東京都江東区有明3−10−1)
           アクセス→ http://www.bigsight.jp/access/transportation/

 ■主  催  一般社団法人産業環境管理協会、日本経済新聞社

 ■出展規模  730社・団体、 1,650小間(見込み)
           ※2015年出展規模:702社・団体/1,587小間

 ■来場者数  175,000人見込み
           ※2015年来場実績:169,118人

 ■来場対象  ビジネスパーソン、自治体・官公庁、業界団体、地域産業・商工団体、
         学校・教育関係者、環境NPO・NGO、市民団体、VIP、
         海外視察団、在日大使館、一般

 ■入場料   無料(登録制)

 ■募集対象  環境負荷を低減する新技術・新商品等の販路拡大、及び環境ビジネスの
         市場開拓を目指す、岡山県内に事業所を有する企業 6社程度

 ■出展小間  1小間:W2970mm×D1980mm×H2700mm(予定)
          ≪基本設備≫(予定)
             カーペット、パラペット、社名板、パネル設置用造作、
             スポットライト2灯、コンセント(1kw)1個、一次配線工事
          ≪共用スペース≫(予定)
             インフォメーション、ストックルーム、商談スペース

 ■出展費用  220,000円
           ※出展料及び小間基本装飾に係る経費(共用スペースを含む)の
            一部を補助します

 ■出展申込  出展申込書に必要事項を記入の上、会社案内、出展品等のカタログ及び
         資料を添えて事務局までお申し込みください(原則持参/事前TEL要)
 
 ■出展者募集案内・出展申込書
    下記よりダウンロードしてください↓↓↓
 http://bnet-okayama.jp/info_detail/show/57.html

 ■申込期限  6月27日(月)17時まで(必着)

 ■開催概要  「エコプロ2016〜環境とエネルギーの未来展」公式サイトをご参照ください
           http://eco-pro.com/2016/

 ■出展ゾーン  ビジネスゾーン(エコ&エネルギービジネスEXPO)

 ■事務局(お申し込み・お問い合わせ先)
    公益財団法人岡山県産業振興財団 技術支援部 研究開発支援課 担当:竹内・保本
     TEL 086−286−9652
     FAX 086−286−9676
     E-mail:stake@optic.or.jp


【2】 ≪補助金公募情報≫
     平成28年度低炭素型廃棄物処理支援事業(廃棄物高効率熱回収事業
     及び廃棄物燃料製造事業)の公募について
     
  公益財団法人廃棄物・3R研究財団では、環境省から平成28年度二酸化炭素排出
 抑制対策事業費等補助金(低炭素型廃棄物処理支援事業)の交付決定を受け、循環型
 社会形成推進基本法の基本原則として示されている[1]リデュース、[2]リユース、
 [3]マテリアル・リサイクル、[4]サーマル・リサイクルの優先順位に従い、
 温暖化対策に資する高効率の熱回収施設及び燃料製造施設の廃棄物エネルギー利用施設
 の整備を促進するため、これらの施設を整備する事業に対して、補助金を交付する事業
 を実施します。
  補助対象事業が公募されていますのでご案内いたします。

 ■補助対象事業

 (1)廃棄物高効率熱回収事業
      廃棄物処理に伴う廃熱を有効利用する施設の設置を行う事業

 (2)廃棄物燃料製造事業廃棄物由来燃料製造施設(油化・メタン化・RPF化等)の
   設置を行う事業

 ■応募受付期間  平成28年5月13日(月)〜6月13日(月)17時必着

 ■応募申請対象者
    一般廃棄物処理業または産業廃棄物処理業を主たる業とする事業者
    (廃棄物処理業による売上げが全体の半分以上である者)
 (1)民間企業
 (2)独立行政法人通則法第2条第1項に規定する独立行政法人
 (3)一般社団法人・一般財団法人及び公益社団法人・公益財団法人
 (4)法律により直接設立された法人
 (5)その他環境大臣の承認を得て財団が適当と認める者

 ■補助対象期間  交付決定日〜平成29年2月末日

 ■応募方法等
   詳細情報はこちら→ http://www.jwrf.or.jp/a16321.html

 ■応募先・お問い合わせ先
   公益財団法人廃棄物・3R研究財団
    担当:河村さん、足立原さん、有田さん
    TEL 03−6659−6424
    FAX 03−6659−6425
    E-mail:r.koudoka-2@jwrf.or.jp


【3】 平成28年度容器包装利用・製造等実態調査説明会(岡山会場)の開催
     について

  「容器包装リサイクル法」に基づき、平成9年度から、容器を製造している
 事業者、容器包装を利用している事業者、輸入業者には、容器包装廃棄物の
 再商品化の義務が生じることとなっています。
  各事業者に課せられる再商品化義務量は、国が毎年公表する「数量」「比率」
 等に基づき算出されます。
  この調査は、容器包装を用いた商品の販売額、容器包装の利用量等を集計、
 分析して、再商品化義務量を算出する時に必要となる「数量」「比率」等を
 算定するための標本調査で、毎年度実施しています。
  このたび、調査の実施にあたり、調査票の記載方法についての説明会が岡山
 市内で開催されますのでご案内いたします。
  なお、岡山会場以外の開催につきましては、下記より最寄りの会場をご確認
 のうえ、お申し込みください。
 http://www.meti.go.jp/policy/recycle/main/3r_policy/policy/pdf/research/28fy/setsumeikai28.pdf

 ■日 時  平成28年6月17日(金) 13:30〜15:30

 ■会 場  岡山第2合同庁舎 4F 中国四国農政局 第2会議室
         岡山市北区下石井1−4−1
         アクセス→ http://www.maff.go.jp/chushi/annai/

 ■詳細情報・参加申込
   下記サイトをご参照ください↓↓↓
    http://www.meti.go.jp/policy/recycle/main/3r_policy/policy/research.html

 ■申込期限  平成28年6月10日(金)

 ■お申し込み・お問い合わせ先
   中国経済産業局 資源エネルギー環境部 環境・リサイクル課
    担当:山形さん
     TEL 082−224−5676
     FAX 082−224−5648
   四国経済産業局 資源エネルギー環境部 資源エネルギー環境課
    担当:朝倉さん
     TEL 087−811−8532
     FAX 087−811−8559

   
【4】 「大学発ベンチャー表彰2016」募集のお知らせ

  国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は、
 大学等における研究開発成果を用いた起業および起業後の挑戦的な取組や、
 大学や企業等から大学発ベンチャーへの支援等により一層促進することを
 目的として、国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)と共催で、
 「大学発ベンチャー表彰2016」を行います。
  今後の活躍が期待される優れた大学発ベンチャーを表彰するとともに、
 特にその成長に寄与した大学や企業等を表彰します。
  自薦、他薦を問いませんので、この機会にぜひご応募ください。

 ■表彰対象  大学発ベンチャー企業
    ※大学発ベンチャー企業の成長に特に寄与した機関、企業(研究開発
     成果を創出した大学、支援および協力した企業等)がある場合には、
     それらの機関等も表彰します

 ■応募要件
  (1)大学等の研究開発成果を活用して起業したベンチャーであること
  (2)応募時点で上場していない、概ね設立10年以内のベンチャーであること
  (3)過去の本表彰における文部科学大臣賞、経済産業大臣賞を受賞して
    いないこと

 ■表 彰
  (1)文部科学大臣賞(1社)
  (2)経済産業大臣賞(1社)
  (3)科学技術振興機構理事長賞(1社)
  (4)新エネルギー・産業技術総合開発機構理事長賞(1社)
  (5)日本ベンチャー学会会長賞(1社)
  (6)大学発ベンチャー表彰特別賞(複数社)

 ■応募方法  推薦または自薦による公募
    ※詳細情報はこちら→ http://www.jst.go.jp/aas/summary.html

 ■応募期間  平成28年5月9日(月)〜6月20日(月)12時まで

 ■表彰式   平成28年8月25日(木) 於 東京ビッグサイト

 ■お申し込み・お問い合わせ先
   国立研究開発法人科学技術振興機構 起業支援室
    TEL 03−6380−9014
    FAX 03−5214−0017
 

【5】 ≪補助金公募情報≫
     岡山県内企業の
     三菱自動車工業関連企業の新事業創出・新分野進出を支援します!!

  公益財団法人岡山県産業振興財団では、三菱自動車工業(株)水島製作所の
 主要生産車種の生産・販売の停止による影響を受けている岡山県内関連企業を
 対象に、新技術・新製品開発力強化や新事業創出・新分野進出に向けての取組
 等を支援し、県内中小企業の製品開発や新事業の展開を促進するための補助金
 を募集します。
  該当企業の皆様、ぜひご活用ください!!

 ■補助対象事業
    新技術・新製品開発強化や新事業創出・新分野進出に向けての取組等

 ■補助対象者
  (1)三菱自動車工業株式会社と直接または間接的な取引を行っており、
    同社に対する前事業年度または前年度における取引依存度が20%
    以上である岡山県内の中小企業者
  (2)中小企業者の団体
  (3)(1)及び(2)の中小企業者・団体を支援する岡山県内支援機関

 ■補助率  4/5以内(支援機関は10/10以内)
   ※自己負担部分に企業の労務費を充てることを可とする

 ■補助限度額  2,000千円

 ■補助期間  交付決定日〜平成29年2月末日

 ■助成経費
    謝金、旅費、会場費、会議費、委託費、広告宣伝費等
    その他、財団が必要と認める経費

 ■募集期間  平成28年5月23日(月)〜6月22日(水)
    ※随時採択しますので、お早めにお申し込みください!!

 ■注意事項
    同一期間内に同一テーマの国・県・市町村の研究開発等に関する
   他の補助金・助成金とは、原則として重複交付しない。

 ■応募方法  下記サイトをご参照ください↓↓↓
    http://www.optic.or.jp/okayama-ssn/info_detail/show/297.html

 ■応募先・お問い合わせ先
   公益財団法人岡山県産業振興財団 技術支援部 研究開発支援課
   担当:藤井、松下
    TEL 086−286−9651
    FAX 086−286−9676
    E-mail:kaihatsu@optic.or.jp


【6】 グリーン購入法の特定調達品目に関する提案募集について
     (公共工事)(物品・役務)

  「国等による環境物品等の調達の推進等に関する法律」(グリーン
 購入法)に基づく「環境物品等の調達の推進に関する基本方針」に
 定める特定調達品目及びその判断の基準等については、毎年度、定期的
 に見直しが行われています。
  本年度についても、特定調達品目の追加、見直し等を行う際の検討の
 参考とするため、平成28年5月23日より特定調達品目(公共工事)、
 及び特定調達品目(物品・役務)に関する提案募集が実施されますので、
 ご案内いたします。

 ■提案募集の内容

 (1)「特定調達品目」の追加及びその「判断の基準」等の提案
 (2)技術開発、科学的知見の充実等による現行の「判断の基準」の
   強化、見直し等の提案

  ※(物品・役務)について<補足>
     環境物品の開発や普及を促進するため、「数年後を目途に市場化
    が見込まれる製品等」を念頭に置いた提案も応募可能です。
 
 ■詳細情報・提案資料等

  公共工事↓↓↓
   http://www.meti.go.jp/press/2016/05/20160523002/20160523002.html

  物品・役務↓↓↓
   http://www.meti.go.jp/press/2016/05/20160523003/20160523003.html

 ■提出期限  平成28年6月17日(金) ※郵送の場合、消印有効

 ■提出先
   環境省 総合環境政策局 環境経済課 製品対策・グリーン契約推進係
    TEL 03−5521−8229
   


********************************************************************

 ♪ 後 記 ♪

 ▼何とかやっと平成28年度のB−netメルマガの配信にこぎ着ける
  ことができました。
  例年のことながら、年度初めは何かと業務が立て込み、どうしても
  メルマガを送るのが遅れ気味となっております。
  反省しております(涙)
 ▼先日、東京ビッグサイトで開催された「NEW環境展2016」を
  見学してまいりました。
 ▼全国の様々な分野の先進事例が紹介されていて、大変参考になりました。
 ▼会場で多くの来場者の目を惹いていたのが、栃木県小山市に本社がある
  協栄産業株式会社。
 ▼同社では、薄物や厚物、大型成形品などあらゆる材質・形状の廃プラを
  独自の技術で高品質な樹脂原料にリサイクルしています。
 ▼特筆すべきは、最先端のテクノロジーで使用済みのペットボトルの表面
  に付着した汚れや、樹脂の中に浸み込んでいる不純物まで除去することで、
  高純度な樹脂として生まれ変わらせる技術です。
 ▼これにより、バージン原料と同等の品質が評価され、日本初の「ボトル
  toボトル」リサイクルが実現!! 同社が開発した再生樹脂「MR-PET」
  を100%使用した「リペットボトル」は、サントリー「烏龍茶」やキリン「生茶」
  のペットボトルに採用されているそうです。
 ▼今後、ボトル用ラベルや食品用レトルトパウチ、また医療用薬ボトルなど、
  様々な用途も開発中とのこと。
 ▼今後の展開が楽しみな「元気印企業」に出会えました。
   <参考>協栄産業株式会社→ http://www.kyoei-rg.co.jp/
  

********************************************************************

 (発信者)

  B−net(中四国環境ビジネスネット)
  岡 山 県
  公益財団法人岡山県産業振興財団
  URL http://bnet-okayama.jp

  公益財団法人岡山県産業振興財団
  技術支援部 研究開発支援課
  環境サポーター 竹 内 聖 子
  E-mail:stake@optic.or.jp
 
  〒701−1221
  岡山市北区芳賀5301 テクノサポート岡山3F
  TEL 086−286−9652
  FAX 086−286−9676

************************************************************************