トップページ > B-netメルマガバックナンバー > B−net メルマガ第99号

B-NETメルマガ

%%NAME%% 様

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 中四国環境ビジネスネット (B−net)
 
 岡  山  県

 公益財団法人岡山県産業振興財団 からのお知らせ


               平成28年8月22日 第99号

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆



 このメールは、循環型産業クラスター形成促進事業にご賛同いただき、
 メールアドレスをお知らせいただいた皆様に配信しております。
  ※重複して送信した場合はご容赦ください。
  ※このメールへ直接返信されますと、読者の皆さん全員に配信され
   ますのでご注意ください。

 ◆ メールマガジンについてのお問い合わせは‥‥ ◆

    公益財団法人岡山県産業振興財団技術支援部 (担当:竹内)
      E-mail:stake@optic.or.jp  へご連絡を!!

 
 目  次


 【1】 「B−netフォーラム2016」展示ブース出展者募集のお知らせ 


 【2】 ≪補助金公募情報≫
     平成27年度補正予算「中小企業等の省エネ・生産性革命投資促進事業費
     補助金」3次公募のお知らせ


 【3】 《助成事業公募情報》
     平成28年度産業廃棄物処理助成事業募集のお知らせ


 【4】 「環境経営実践講習会
      〜環境経営の重要性と化学物質のリスクアセスメント〜」
     開催のご案内

 【5】 「知財戦略セミナー 〜あなたの独自技術は守られていますか〜」
     開催のご案内

 【6】 ちゅうごく産業創造センター
     「平成28年度産業創出講演会
       〜JAXAが取り組む宇宙・航空分野の技術動向と産業界〜」
     開催のご案内

 【7】 「おかやまテクノロジー展2017」出展者募集のお知らせ
    

 【8】 化学物質のGHSラベルを活用した「HOW TO 職場の安全衛生教育」
     講習会のご案内


********************************************************************

【1】 「B−netフォーラム2016」展示ブース出展者募集のお知らせ
     
  岡山県と岡山県産業振興財団では、本年11月、リサイクルビジネスの広域ネット
 ワーク形成などにより環境産業の振興を図るため、中国四国地域を中心に3R等の
 新技術・関連商品などを紹介する「中四国環境ビジネスネット(B-net)フォーラム
 2016」を開催いたします。
  このたび、下記のとおり展示ブースの出展者を募集しますので、広域的な環境
 ビジネスの展開を目指す企業・機関の積極的なご応募をお待ちしています!!

 ♪♪詳細情報はこちら→ http://bnet-okayama.jp/info_detail/show/59.html

 ■出展イベント
    中四国環境ビジネスネット(B-net)フォーラム2016

 ■会 期  平成28年11月15日(火)13:00〜17:00
          ※ポスターセッション 15:00〜17:00(予定)

 ■会 場  岡山コンベンションセンター ママカリフォーラム
         1F イベントホール
        (岡山市北区駅元町14−1 岡山駅中央改札口徒歩3分)
         ※アクセス→ http://www.mamakari.net/access/

 ■主 催  岡山県、公益財団法人岡山県産業振興財団

 ■出展対象
  (1)環境関連の新技術・製品等の事業化を検討中の企業・団体及び研究者(研究機関)
  (2)新技術を活用して広域的な環境ビジネスの展開を目指している企業
   ※ 原則として、中国地方・四国地方に事業所を有する企業・団体、及び同地域内の
    研究者、研究機関・公設試等

 ■出展料  無 料(搬入・搬出費用は出展者負担)

 ■展示小間
   パーテーション(W80cm×H240cm×2枚) ※A1サイズパネル2枚程度掲示可
   社名板、展示テーブル1本(W180cm×D45cm×H70cm)、テーブルクロス、
   椅子2脚

 ■募集団体  20社(機関) ※岡山県内10団体・岡山県外10団体(想定)

 ■募集期間  平成28年8月22日(月)〜平成28年9月23日(金)

 ■出展申込
    B−net公式サイトより募集要領・出展申込書(Word形式)をダウンロードし、
   必要事項を記入の上、FAXまたはメールでお申し込みください。
    ※会社案内、出展品に関する資料は後日郵送可。

   ◎B-net公式サイト→ http://bnet-okayama.jp/info_detail/show/59.html

 ■お申し込み・お問い合わせ先
   公益財団法人岡山県産業振興財団 技術支援部 研究開発支援課 担当:竹内・保本
    〒701-1221 岡山県岡山市北区芳賀5301 テクノサポート岡山3F
    TEL 086-286-9652 FAX 086-286-9676 E-mail:stake@optic.or.jp 


【2】 ≪補助金公募情報≫
     平成27年度補正予算「中小企業等の省エネ・生産性革命投資促進事業費
     補助金」3次公募のお知らせ

  一般社団法人環境共創イニシアチブ(SII)では、平成27年度補正予算「中小企業等の
 省エネ・生産性革命投資事業費補助金」の3次公募の申請を受け付けています。
  補助金の申請をご検討中の企業様におかれましては、お早めにご準備ください。

 ■公募期間(3次公募)
   平成28年7月29日(金)〜平成28年9月9日(金)17時必着
 
 ■事業目的
   省エネルギー性能の高い機器及び設備の導入により事業活動における省エネルギーを
  推進することで、事業活動の生産性を高めるとともに、省エネルギーを促進し、中小
  企業等の競争力を強化する。

 ■補助対象事業者
  (1)国内において事業活動を営んでいる法人及び個人事業主
  (2)原則、本事業により国内において設置する補助対象設備の所有者であること
  (3)法定耐用年数の間、導入設備等を継続的に維持運用できること
  (4)導入した補助対象設備等に関する使用状況や設備導入による事業効果等について、
    SIIあるいは国からの依頼により調査を実施する場合、必ず協力できること
  (5)経済産業省から補助金等停止措置または指名停止措置が講じられていない者であること

 ■補助対象となる事業
  (1)日本国内で事業活動を営んでいる既築の工場・事業場・店舗等において使用している
    設備を更新する事業であること
  (2)既設設備を省エネルギー性の高い補助対象設備へ更新することにより、省エネルギー
    効果が得られる事業であること
  (3)補助事業者は事業終了後、1ヶ月間の省エネルギー量の実績値を基に1年分の省エネ
    ルギー量を算出し、事業完了後90日以内にSIIへ成果報告を行うこと
  (4)SIIが必要と認めたものについては、その事業の交付申請及び成果報告内容を公表できる
    事業であること

 ■補助対象設備
   高効率照明、高効率空調、産業ヒートポンプ、業務用給湯器、高性能ボイラ、
   低炭素工業炉、変圧器、冷凍冷蔵庫、産業用モータ(新規)、FEMS・BEMS(新規)

 ■補助率
   上限:1事業者あたりの補助金1.5億円
   下限:1事業所あたりの補助金50万円(中小企業者及び個人事業主は30万円)

 ■交付決定
   平成28年10月上旬〜下旬(予定)

 ■詳細情報及び補助金申請手続き
   下記サイトをご覧ください↓↓↓
    http://sii.or.jp/kakumeitoushi27r/shinsei/note.html

 ■お問い合わせ先
   一般社団法人環境共創イニシアチブ(SII)
    中小企業等の省エネ・生産性革命投資促進事業費補助金
    補助金の申請に関するお問い合わせ窓口
     TEL 0570-783-755(ナビダイヤル)
     TEL 042-303-1533



【3】《助成事業公募情報》
     平成28年度産業廃棄物処理助成事業募集のお知らせ

  公益財団法人産業廃棄物処理事業振興財団では、資源循環型社会システムの効率的な
 構築のために必要な高度な技術力の育成支援、及び健全な処理業者の育成支援のための
 方策として、助成事業を実施しています。
  現在、下記のとおり、平成28年度産業廃棄物処理助成事業の募集を行っています
 のでご案内いたします。

 ♪♪詳細情報はこちら→ http://www.sanpainet.or.jp/service/service02_1.html

 ■申請資格
   以下のすべての条件を満たしている者とします。
   ただし、バイオ燃料認定研究開発事業、及び小型家電リサイクル認定研究開発事業
  を行う者は(3)のみとします。
  (1)産業廃棄物の処分を業として行う者、または行う予定の者
  (2)従業員数300人以下または資本金10億円以下のどちらかに該当すること
  (3)過去5年間、廃棄物及び公害防止に関する法律等の規定による不利益処分を
    受けていないこと
  (4)原則として、応募事業が同一期間内に他の公的助成を受けていないこと
  ※ 1社のみによる申請だけでなく、様々な専門的技術を有した外部組織との連携に
   よる事業の申請も可能です。
  ※ 助成事業として決定された場合は、産業廃棄物処理事業振興財団の産廃情報ネット
   による情報公表を行うこと。
 
 ■対象となる事業
  (1)3Rに関する技術開発事業、または環境負荷低減に関する技術開発事業
  (2)高度技術を利用した3R、または高度技術を利用した環境負荷低減施設の整備事業
  (3)(1)(2)に関する起業化のための調査事業
  (4)バイオ燃料認定研究開発事業
  (5)小型家電リサイクル認定研究開発事業

 ■助成事業の実施期間
   原則として平成29年4月から1年以内
   ただし、対象となる事業のうち(1)(2)(4)(5)については、平成30年4月
  以降にかかる計画がある場合は、平成31年3月までの最長2年間の申請も可能。

 ■年間助成額
  (1)技術開発:上限500万円
  (2)高度技術施設:上限500万円
  (3)起業化調査:上限50万円
  (4)バイオ燃料認定研究開発事業:上限500万円
  (5)小型家電リサイクル認定研究開発事業:上限500万円
   ※1年を超える計画の事業については、合計で上限1000万円の助成が可能

 ■助成率
   対象となる事業のうち(1)(2)(4)については各年度の助成対象事業に要する
  費用の2/3以内、(3)については助成対象事業に要する費用の1/3以内

 ■応募方法
   下記サイトより募集要領、及び申請書類様式をダウンロードし、必要書類1式を
  郵送してください
   http://www.sanpainet.or.jp/service/service02_1.html

 ■応募締切日
   平成28年10月31日(月)※当日消印有効

 ■応募先・お問い合わせ先
   公益財団法人産業廃棄物処理事業振興財団 技術部 担当:新宅さん、山下さん
    〒101-0044 東京都千代田区鍛冶町2−6−1 堀内ビルディング3F
    TEL 03-3256-0155 FAX 03-3526-0156 E-mail:info@sanpainet.or.jp


 
【4】 「環境経営実践講習会
      〜環境経営の重要性と化学物質のリスクアセスメント〜」
     開催のご案内

  環境経営とは、企業と社会が持続可能な発展をしていくために、地球環境と調和
 した経営を行うという考え方です。
  その結果、企業と社会が相互に影響し合い、新しいビジネスモデルが構築され、
 地球環境にやさしい経営が企業を強くするという関係が生まれます。
  このたび、広島市産業振興センターでは、日本経済新聞社が実施した「環境経営度
 調査」において、2年連続して一位となったコニカミノルタの環境経営への取組と、
 6月から義務付けれらた化学物質のリスクアセスメントの方法をやさしく説明する
 講習会を開催しますのでご案内いたします。

 ■日 時  平成28年9月9日(金)13:30〜16:30

 ■会 場  広島市西区民文化センター スタジオ(広島市西区横川新町6−1)
         アクセス→ http://www.cf.city.hiroshima.jp/nishi-cs/frame_main.htm

 ■主 催  公益財団法人広島市産業振興センター、広島市

 ■対象者
   ○環境経営に興味のある事業者、個人の方
   ○化学物質の製造・取り扱いをする事業者の方

 ■参加費  無 料

 ■定 員  140名(申込順)

 ■内 容
   ○テーマ1「コニカミノルタの環境経営への取り組み」
     講師 コニカミノルタ株式会社 環境経営・品質推進部
         環境経営グループリーダー 部長 高橋 壮模 氏

   ○テーマ2「やさしい化学物質のリスクアセスメント」
     講師 一般社団法人産業環境管理協会 国際化学物質管理支援センター
         化学物質管理情報室 技術参与 田嶋 晴彦 氏

 ■申込方法
   下記サイトからお申し込みください(8月31日まで)
    http://www.itc.city.hiroshima.jp/koshukai/h28-kankyou.html

 ■お申し込み・お問い合わせ先
   公益財団法人広島市産業振興センター(広島市工業技術センター内)
    担当:田村さん
    TEL 082-242-4170 FAX 082-245-7199
    E-mail:tamura-m@itc.city.hiroshima.jp



【5】 「知財戦略セミナー 〜あなたの独自技術は守られていますか〜」
     開催のご案内

  自社の技術情報が外部に流出するかもしれないというリスクを感じながらも
 対策をしていない企業が多く見受けられます。
  また、新たな技術やノウハウが生まれたときには、特許による権利化または
 営業秘密として秘匿化する知財戦略が重要となります。
  このたび、岡山県知財総合支援窓口では、知的財産戦略アドバイザーが情報
 漏えい事例から学ぶ法的保護についてわかりやすく解説する「知財戦略セミナー」
 を開催しますのでご案内いたします。

 ■日 時  平成28年8月26日(金)13:30〜15:30

 ■会 場  岡山ロイヤルホテル 2F 光楽の間(岡山市北区絵図町2−4)
         アクセス→ http://www.orh.co.jp/access/

 ■主 催  岡山県知財総合支援窓口、公益財団法人岡山県産業振興財団、
        一般社団法人岡山県発明協会

 ■参加費  無 料

 ■定 員  50名

 ■講 師  独立行政法人工業所有権情報・研修館
        知的財産戦略アドバイザー 小原 荘平 氏

 ■参加申込
   下記サイトから参加申込書をダウンロードし、必要事項を記入の上、
  FAXにてお申し込みください
    http://www.optic.or.jp/chizai/info/201608/26-chizai-seminar.html

 ■お申し込み・お問い合わせ先
   岡山県知財総合支援窓口 担当:石部、中尾、末廣
    TEL 086-286-9711 FAX 086-286-9706 E-mail:chizai@optic.or.jp



【6】 ちゅうごく産業創造センター
     「平成28年度産業創出講演会
       〜JAXAが取り組む宇宙・航空分野の技術動向と産業界〜」
     開催のご案内

  中国地域には、宇宙・航空分野に関わりのあるものづくり企業や、将来、この
 分野に参入できる高い技術力を持つ企業が集積しています。
  このたび、ちゅうごく産業創造センターではJAXA・新事業促進部の川井参事を
 お招きし講演を行います。
  本講演では、「国際宇宙ステーション」「はやぶさ」などの宇宙分野、超音速機
 から発生する衝撃波によるソニックブーム低減化などの航空分野の最新技術や
 JAXAが取り組む宇宙・航空分野の技術動向をご紹介いただき、JAXAと
 産業界のコラボについてもお話しいただきます。
  奮ってご参加ください。

 ◎平成28年度産業創出講演会in広島

 ■日 時  平成28年8月30日(火)13:30〜15:00

 ■会 場  メルパルク広島 6F「平成」(広島市中区基町6−36)
         アクセス→ http://www.mielparque.jp/hiroshima/access/

 ■参加費  無 料

 ■定 員  150名

 ◎平成28年度産業創出講演会in岡山

 ■日 時  平成28年8月31日(水)10:30〜12:00

 ■会 場  メルパルク岡山 1F「泰平」(岡山市北区桑田町1−13)
         アクセス→ http://www.mielparque.jp/okayama/access/

 ■参加費  無 料

 ■定 員  100名


■主 催  公益財団法人ちゅうごく産業創造センター
 
 ■プログラム

   講演
   「JAXAが取り組む宇宙・航空分野の技術動向と産業界」

   講師
    国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)
    新事業促進部 参事 川井 孝之 氏

 ■参加申込
   各会場ごとに下記サイトからお申し込みください(8月26日まで)
    http://ciicz.jp/event/28083031-kouen.html

 ■お申し込み・お問い合わせ先

   公益財団法人ちゅうごく産業創造センター 担当:総務部 胡中さん
    TEL 082-241-9927 FAX 082-240-2189


  
【7】「おかやまテクノロジー展2017」出展者募集のお知らせ
  
  本年2月の開催に続き第2回目となる「おかやまテクノロジー展(OTEX)」
 では、中四国最大規模の展示会として「精鋭企業と出会う加工技術展示商談会」
 を目指し、現在、出展者を募集しています。
  多数のお申し込みをお待ちしています!!

 ♪♪詳細情報はこちら→ http://www.optic.or.jp/otex/

 ■出展イベント
   おかやまテクノロジー展(OTEX)2017

 ■会 期
   平成29年1月18日(水)10:00〜17:00
   平成29年1月19日(木)10:00〜16:30

 ■会 場  コンベックス岡山 大展示場 (岡山市北区大内田675)
         アクセス→ http://www.convex-okayama.co.jp/access/

 ■主 催  岡山県、公益財団法人岡山県産業振興財団

 ■募集小間  240小間

 ■募集対象
   主たる事業所を岡山県内に有する機械系ものづくり企業等
    繊維工業、プラ製品製造業、ゴム製品製造業、鉄鋼業、非鉄金属、
    金属製品製造業、一般機械器具、電気機械器具、電子部品・デバイス、
    輸送用機械器具、精密機械器具、その他(木材・木製品、家具・装備品、
    パルプ・紙製造、化学工業、窯業・土石製品など)

 ■出展料  大企業50,000円、 中小企業30,000円 ※税別

 ■募集期間  平成28年6月20日(月)〜平成28年9月9日(金)

 ■出展申込
   下記サイトからお申し込みください(9月9日まで)
    https://www.miceworld.jp/otex_pre/

 ■お申し込み・お問い合わせ先
   公益財団法人岡山県産業振興財団 経営支援部 取引支援課
    TEL 086-286-9670 FAX 086-286-9671



【8】 化学物質のGHSラベルを活用した「HOW TO 職場の安全衛生教育」
    講習会のご案内

  労働安全衛生法の改正に伴い、危険有害性のある多くの化学物質にはラベル表示
 が義務付けられることになりました。
  化学物質を取り扱う事業場の労働者がGHSラベルの内容を理解することが、
 労働者の安全・健康の一層の向上に繋がります。
  このたび、厚生労働省では、事業場においてラベル表示を活用できるよう、
 全国の会場で講習会を開催いたします。
  各社の安全衛生教育担当者の皆様のご出席をお願いいたします。

 ♪♪詳細情報はこちら→ https://www.mctr.co.jp/koshukai_label/

 ■講演内容

  (1)ラベル表示を活用した災害の防止
    ○改正法の趣旨
    ○化学物質による災害事例
    ○ラベル表示活用による健康障害等の防止
    講演予定者:化学物質の情報伝達に係る学識経験者

  (2)ラベル表示を活用した職場の安全衛生教育の進め方
    ○職場で使える教育テキスト
    ○教育担当者のための教材
    ○動画によるラベル教育
    講演予定者:化学物質取扱業種の実務経験者

 ■対象者  化学物質を取り扱う事業場の教育担当者、安全衛生教育者 等

 ■参加費  無 料(先着順)

 ■申込方法
    下記サイトより参加申込書をダウンロードし、必要事項を記入の上、
   FAXまたはメールでお申し込みください
    なお、すでに満席になっている会場もありますのでホームページでご確認
   のうえ、お申し込みください
     https://www.mctr.co.jp/koshukai_label/

 ■開催日・会場

  第 1回  9月14日(水)〔大阪〕  大阪科学技術センター 定員:200名
  第 2回  9月20日(火)〔東京〕  四谷区民ホール 定員:300名 ※受付終了
  第 3回  9月27日(火)〔名古屋〕 ウィンクあいち 定員:170名
  第 4回 10月 4日(火)〔広島〕  広島YMCA国際文化センター 定員:250名
  第 5回 10月 5日(水)〔博多〕  福岡センタービル 定員:170名
  第 6回 10月12日(水)〔札幌〕  ACU−Aアスティ45 定員:150名
  第 7回 10月19日(水)〔仙台〕  仙都会館 定員:120名
  第 8回 11月 1日(火)〔大阪〕  大阪科学技術センター 定員:200名
  第 9回 11月 8日(火)〔名古屋〕 ウィンクあいち 定員:170名
  第10回 11月15日(火)〔岡山〕  TKP岡山会議室 定員:170名
  第11回 11月16日(水)〔北九州〕 北九州商工会議所 定員:200名
  第12回 12月 1日(木)〔東京〕  きゅりあん 定員:250名

 ■お申し込み・お問い合わせ先(講習会事務局)
   株式会社三菱化学テクノリサーチ 担当:藤井さん、柿沼さん、井澤さん
    TEL 050-3171-1162 TEL 03-6893-6417 FAX 03-6893-6440
    E-mail:MCTR-HO-LABEL@cc.mctr.co.jp

  

********************************************************************

 ♪ 後 記 ♪

 ▼先日、久しぶりに岡山市に本社がある明和製紙原料株式会社の小六(ころく)
  社長を訪問させていただきました。
 ▼同社は、古紙の回収→分別→溶解→再生という一連の工程で古紙リサイクルを
  専門に行う企業です。
 ▼最近では、徹底したセキュリティ体制のもとで機密書類の処理も実施しています。
 ▼同社のモットーは「紙はゴミじゃない!」。岡山県内のテレビCMでも放映
  されているので、耳にされた方も多いかと思います。
 ▼このモットーのもと、明和製紙原料は、ここ数年、学校や会社、各種団体などに
  古紙専門のリサイクルアドバイザー「コロッケ先生」を派遣し、リサイクル
  システム構築についてのサポートや、子供向けリサイクル授業などを無料で実施
  する「古紙リサイクル出張授業」を行っています。
 ▼これが大好評でなかなか予約が取れないとのこと。
 ▼当財団の小学生向け公開イベントでも出張授業をお願いしようと思ったのですが、
  時すでに遅し(涙)
  「コロッケ先生」こと小六社長と社員の方がボランティアで担当されていて、
  マンパワーが限られているため、今夏の出前はすでに申し込みが埋まっていました。
  来年は何とか早いうちに申し込まなければと強く決意した次第です!!
 ▼今年、この「コロッケ先生」が第62回青少年読書感想文全国コンクールの
  小学校中学年向けの課題図書に選定されましたのでご紹介します。
  『コロッケ先生の情熱!古紙リサイクル授業』(中村文人 著/佼成出版社)
 ▼小六社長にはお目にかかるたびに、パワーをたくさん戴いたような気がしていま
  したが、きっとリサイクルに対する熱い情熱から発せられたものだったんだなと、
  改めて感じました。
 ▼余談ですが、岡山出身で大河ドラマ「秀吉」メインテーマの作曲でも知られる
  作曲家・小六禮次郎さん(倍賞千恵子さんのご主人です)は小六社長の従兄弟
  にあたるそうです。
 ※明和製紙原料株式会社HP→ http://www.meiwa-paper.co.jp/
 

********************************************************************

 (発信者)

  B−net(中四国環境ビジネスネット)
  岡 山 県
  公益財団法人岡山県産業振興財団
  URL http://bnet-okayama.jp

  公益財団法人岡山県産業振興財団
  技術支援部 研究開発支援課
  環境サポーター 竹 内 聖 子
  E-mail:stake@optic.or.jp
 
  〒701−1221
  岡山市北区芳賀5301 テクノサポート岡山3F
  TEL 086−286−9652
  FAX 086−286−9676

************************************************************************