トップページ > B-netメルマガバックナンバー > B−net メルマガ第103号

B-NETメルマガ

%%NAME%% 様

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 中四国環境ビジネスネット (B−net)
 
 岡  山  県

 公益財団法人岡山県産業振興財団 からのお知らせ


              平成28年11月30日 第103号

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆



 このメールは、循環型産業クラスター形成促進事業にご賛同いただき、
 メールアドレスをお知らせいただいた皆様に配信しております。
  ※重複して送信した場合はご容赦ください。
  ※このメールへ直接返信されますと、読者の皆さん全員に配信され
   ますのでご注意ください。

 ◆ メールマガジンについてのお問い合わせは‥‥ ◆

    公益財団法人岡山県産業振興財団技術支援部 (担当:竹内)
      E-mail:stake@optic.or.jp  へご連絡を!!

 
 目  次


 【1】 「エコプロ2016〜環境とエネルギーの未来展」
      来週、12月8日から開幕です!!


 【2】 「エコプロ2016」会場内にBtoBを目的とした地域企業等の
     支援コーナー≪ビジネスマッチングスクエア≫が設置されます     
       〜岡山県ブース出展者もプレゼンします!!〜
   

 【3】 「B−netフォーラム2016」開催報告


 【4】 ≪補助金情報≫
      平成28年度補正「革新的ものづくり・商業・サービス開発支援補助金」
      公募のお知らせ


 【5】 「バイオマスエネルギーの自立システム化実証事業ワークショップin福島」
       〜持続可能なバイオマスエネルギー事業の実現に向けて〜」
     開催のご案内
     
 
 【6】 NPO法人グリーンネットワーク主催
     「竹の多段階活用と地域活性化セミナー」開催のご案内


********************************************************************


【1】 「エコプロ2016〜環境とエネルギーの未来展」
     来週、12月8日から開幕です!!

  前号でもご案内いたしましたが、第18回を迎える「エコプロ2016〜環境と
 エネルギーの未来展」が、来週、12月8日から東京ビッグサイトで開幕します。
  会期中の来場者数175,000人が見込まれる、国内はもとよりアジアを代表する
 環境・エネルギーの総合展示会です。

  岡山県も、昨年の初出展に引き続き、小間を2小間増設しパワーアップして
 出展いたします。
  岡山県企業が誇る環境・エネルギーの最新の技術や製品を多数ご紹介しますので、
 ぜひご来場ください。
  岡山県ブースの目印は東4ホールで一際目立つ(であろう?)「大好き!晴れの国
 おかやま」と書かれた大きな看板です。
  多数の皆様のお越しを心よりお待ちしております!!
  
 ♪♪エコプロ2016公式サイト→ http://eco-pro.com/2016

 ♪♪岡山県ブース出展に関する詳細情報はこちら↓↓↓
    http://bnet-okayama.jp/info_detail/show/63.html


 ■会 期  平成28年12月8日(木)〜10日(土) 3日間
         10:00〜18:00(最終日は17:00まで)

 ■会 場  東京ビッグサイト 東ホール
         アクセス→ http://www.bigsight.jp/access/transportation/
          りんかい線「国際展示場」前下車 徒歩約7分
          ゆりかもめ「国際展示場正門」前下車 徒歩約3分
          羽田空港からリムジンバスで約25分

 ■入場料  無料(登録制)

 ■主 催  一般社団法人産業環境管理協会、日本経済新聞社

 ■出展規模  705社・団体(1,527小間) ※11月29日現在

 ■来場者数  175,000人(見込み)

 ■出展者情報  https://eco-pro.biz/exhibitor/index/EP/ja (随時更新)

 ■来場事前登録  http://eco-pro.com/2016/regist.html


 ※岡山県出展ブースのご案内

 ■出展小間  エコ&エネルギービジネスEXPOゾーン
           東4ホール 小間番号4−031

 ■出展者

   公益財団法人岡山県産業振興財団
    https://eco-pro.biz/exhibitor/info/EP/ja/6676/

   株式会社ウッドプラスチックテクノロジー
    https://eco-pro.biz/exhibitor/info/EP/ja/6976/

   株式会社エザーグローブ
    https://eco-pro.biz/exhibitor/info/EP/ja/7010/

   株式会社コアテック ※日本植生株式会社と共同出展
    https://eco-pro.biz/exhibitor/info/EP/ja/6829/

   日本植生株式会社
    https://eco-pro.biz/exhibitor/info/EP/ja/6805/

   萩原株式会社
    https://eco-pro.biz/exhibitor/info/EP/ja/6980/

   満栄工業株式会社
    https://eco-pro.biz/exhibitor/info/EP/ja/6986/

   株式会社リプロ
    https://eco-pro.biz/exhibitor/info/EP/ja/6800/

   東京電機大学 ※株式会社リプロと共同出展


 ■お問い合わせ先
   エコプロ運営事務局
    TEL 0120−261−122(土・日・祝日を除く)
    E-mail:eco-pro@nikkeipr.co.jp
   岡山県ブース出展事務局(岡山県産業振興財団/担当:竹内)
    TEL 086−286−9652
    E-mail:stake@optic.or.jp

  

【2】 「エコプロ2016」会場内にBtoBを目的とした地域企業等の
     支援コーナー≪ビジネスマッチングスクエア≫が設置されます     
       〜岡山県ブース出展者もプレゼンします!!〜

  「エコプロ2016」主催者企画として、エコ&エネルギービジネスEXPO
 に出展する環境・エネルギー事業等に取り組む地域企業等を支援する「ビジネス
 マッチングスクエア(ビジネス交流広場)」が設置されます。
  このコーナーでは、出展企業等が製品やサービス・技術開発・販路開拓等において
 相互連携し情報発信力を向上させるとともに、新たな事業の創出・展開を図ることを
 目的に、ビジネスワークショップやオープンイノベーションセミナー、特別ゲストを
 招いたビジネス特別講演等、会期中、多彩なプログラムが開催されます。

  岡山県ブースからも3社がビジネスワークショップで、展示内容について
 プレゼンいたします。
  ぜひご参加ください。

 ♪♪詳細プログラム、参加申込は下記サイトから↓↓↓
   http://www.jemai.or.jp/news/cf0adp0000000dsy-att/a1480041664543.pdf
   
 (お断り)現在、エコプロ公式サイトで情報の更新作業中のため、12月1日以降は
     下記エコプロ公式サイトから最新のプログラムをダウンロードできます。
         http://eco-pro.com/2016/feature/000450.html

 ■開催日  12月8日(木)・9日(金)・10日(土)

 ■会 場  東京ビッグサイト 東4ホール
        ブース番号:4−028 地域支援ユニット(産業環境管理協会)
         ※最新の会場案内図はこちら↓↓↓
           http://eco-pro.com/2016/ecopro2016_floorplan_01.pdf

 ■主 催  一般社団法人産業環境管理協会、日本経済新聞社

 ■ビジネスマッチングスクエア出展企業

  ≪通常出展≫
    いわき産学官ネットワーク協会/常盤パッケージ/エコハイテクコーポレーション/
    バイクオフコーポレーション、日誠産業/カミーノ、産総研福島再生可能エネルギー
    研究所/環境システムヤマノ/山王
    岡山県産業振興財団/ウッドプラスチックテクノロジー/エザーグローブ/
    コアテック/日本植生/萩原/満栄工業/リプロ/東京電機大学
    経済産業省中国経済産業局/トロムソ/中村建設/クリアーシステム/アボン
    コーポレーション/小田産業
    ストラ・テクノ、日建リース工業、寿産業
    秋田県/秋田県地下資源開発促進協議会、BIOHITECH−JAPAN

  ≪特別展示≫
    いわき市ものづくり中核企業(バッテリー分野)(再エネ分野)(リサイクル分野)

  ≪ビジネス交流広場インフォメーションコーナー内≫
    地域支援ユニット(産業環境管理協会)、産業環境管理協会内展示物
    参加団体:北海道下川町/北海道津別町/経済産業省関東経済産業局ほか

  ≪連携ブース:商工会議所エコビジネススクエア≫
    アズフィット、アクアキューブ、アイティオール、三愛化成商事、AIZAWA studio、
    低炭素化支援

 ■主なプログラムのご紹介

  (1)インフォメーションコーナー
   
     ビジネスマッチングスクエアに出展している企業の出展情報やニーズ等を
    ワンストップで収集できるとともに、ビジネスサポートのためのアドバイザーを
    常駐した各種ご相談を承ります。

  (2)特別講演

    〇日時 12月8日(木)11:30〜12:10
    〇演題 「デロリアンとそれから(仮題)」
    〇講師 日本環境設計(株)代表取締役会長 岩元 美智彦 氏

    〇日時 12月9日(金)10:30〜11:10
    〇演題 「テキスタイル商品を中心とする環境経済循環」
    〇講師 立花テキスタイル研究所長 新里 カオリ 氏

  (3)ビジネスワークショップ(岡山県出展企業プレゼン)

    〇日時 12月8日(木)15:50〜16:20
    〇発表 各10分×3社
     (株)ウッドプラスチックテクノロジー、コアテック(株)・日本植生(株)
     (株)リプロ

  (4)オープンイノベーション

     大手企業によるオープンイノベーションのための技術ニーズ発信会を開催します。
 
    〇日時 12月8日(木)13:30〜14:50
    〇発表
       大阪ガス(株)技術戦略部
       オープンイノベーション室 室長 樋口 裕思 氏

    〇日時 12月9日(金)13:30〜14:10
       大和ハウス工業(株)環境エネルギー事業部長
       大和リビングユーティリティーズ(株)取締役
       DTS飛騨水力発電(株)代表取締役社長
         六反田 則幸 氏

  (5)政策セミナー

    〇日時 12月9日(金)15:30〜16:10
    〇演題 通商分野における環境配慮戦略
    〇講師 経済産業省 通商政策局 通商機構部 通商交渉調整官 平塚 敦之 氏

    〇日時 12月9日(金)16:30〜17:10
    〇演題 環境省「自立分散型エネルギーの導入による地域ビジネスの創生支援(仮題)」
    〇講師 環境省 総合環境政策局 環境計画課 課長補佐 新原 修一郎 氏

  この他、3日間にわたり、様々なマッチング支援メニューがございます。
  座席(30名用意)の都合もあり、事前に参加申し込みをお願いいたします。



【3】 「B−netフォーラム2016」開催報告

  去る11月15日、岡山コンベンションセンターにおいて、「中四国環境ビジネス
 ネット(B−net)フォーラム2016」を開催いたしました。
  心配された雨も上がり、晩秋とは思えない汗ばむほどの陽気のもと、東京、京阪神から
 中国四国地域まで、広域から150名もの皆様にご来場いただき、今年も大変盛況な
 フォーラムとなりました。
  ご多忙の中ご参加いただいたご来場者の皆様、後援団体の皆様、ご出展者の皆様に
 心から感謝申し上げます。

  当日は、基調講演の講師に栃木県小山市から協栄産業株式会社の古澤社長をお招きし、
 従来リサイクル不可能といわれた使用済みペットボトルを、同社が独自で開発した
 高温・真空処理による汚染除去プラントで高純度PET樹脂へと再生し、再びボトルとして
 利用する「ボトルtoボトルリサイクル」を実現した経緯、川下であるサントリーなど
 大手飲料メーカーやJR東日本などとの連携による環境ビジネスの構築を中心に、経験に
 基づいた熱のこもったお話を拝聴いたしました。
 
  また、中国四国地域を中心とする22社・機関が、ご自慢の環境関連の技術・製品を
 展示紹介するポスターセッションを行い、各ブースでは商談や情報交換でにぎわいました。

  当日の模様をB−net公式サイトにアップしておりますので、ぜひご覧ください!!
    ↓↓↓
  http://bnet-okayama.jp/event_detail/show/14.html

  

【4】 ≪補助金情報≫
     平成28年度補正「革新的ものづくり・商業・サービス開発支援補助金」
     公募のお知らせ

  平成28年度補正「革新的ものづくり・商業・サービス開発支援補助金」の公募が
 開始されていますのでお知らせいたします。
  応募を予定されている中小企業事業者におかれましては、各地域事務局となる全国
 中小企業団体中央会のホームページをご覧の上、お早めに申請書類をご準備ください。


 ■事業概要
   国際的な経済社会情勢の変化に対応し、足腰の強い経済を構築するため、経営力
  向上に資する革新的サービス開発・試作品開発・生産プロセスの改善を行う中小企業・
  小規模事業者の設備投資等の一部を支援します。

 ■公募期間
   平成28年11月14日(月)〜平成29年1月17日(火)※当日消印有効

 ■公募要領等
   各地域事務局のホームページ、または中小企業庁の支援ポータルサイト「ミラサポ」
  からダウンロードしてください。
   http://www.chuokai.or.jp/hotinfo/28mh_koubo_2016nov-.html

 ■岡山県公募説明会
  〇日時 平成28年12月14日(水)13:30〜17:00
  〇会場 岡山コンベンションセンター 2F レセプションホール(岡山駅直結)
  〇定員 全体説明200名、個別相談50社
  〇参加申込 下記より参加申込書をダウンロードしてお申し込みください
          http://www.okachu.or.jp/?p=4280

 ■お問い合わせ先
   中小企業庁 経営支援部 技術・経営革新課
   担当:阿部さん、堀田さん、久保田さん
    TEL 03−3501−1816
   公募に関するお問い合わせは、最寄りの都道府県地域事務局までお尋ねください。



【5】 「バイオマスエネルギーの自立システム化実証事業ワークショップin福島」
      〜持続可能なバイオマスエネルギー事業の実現に向けて〜」
     開催のご案内
     
  国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)では、2014
 年度より「バイオマスエネルギーの自立システム化実証事業」を実施しています。
  このたび、本事業の一環として、バイオマスエネルギー事業について関心がある
 事業者や地方公共団体等を対象として、「バイオマスエネルギーの自立システム化
 実証事業ワークショップin福島」を開催いたします。
  本ワークショップでは、持続可能なバイオマスエネルギー事業の計画立案の参考
 情報として、現在策定中の技術指針・導入要件をご紹介するとともに、先行する
 事業に携わられている事業者や市町村の方々に事例紹介などの講演を行っていただき
 ます。
  岡山県からはバイオマスタウンで全国的に知られる真庭市が取り組みについて発表
 します。
  奮ってご参加ください。

 ■日 時  平成28年12月13日(火)13:30〜17:00
 
 ■会 場  ビッグパレットふくしま 中会議室A
         (福島県郡山市南2−52)
        アクセス→ http://www.big-palette.jp/07access/index-g.html

■主 催  みずほ情報総研株式会社

 ■共 催  国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構

 ■参加費  無 料

 ■定 員  100名

 ■プログラム

  13:30〜
    本実証事業の紹介について
      国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構

  13:55〜
    福島県の再生可能エネルギーへの取組みについて(仮題)
      福島県 企画調整部 エネルギー課 吉川 正大 氏

  14:05〜
    持続的な木質系バイオマスエネルギー事業のための導入要件
      みずほ情報総研 環境エネルギー第2部 高橋 香織 氏

  14:35〜
    真庭市のバイオマス活用推進の取組み−バイオマス産業杜市をめざして−
      岡山県真庭市産業観光部 林業・バイオマス産業課 新谷 俊典 氏

  15:25〜
    持続的な湿潤系バイオマスエネルギー事業のための導入要件
      みずほ情報総研 環境エネルギー第2部 石井 伸彦 氏

  15:55〜
    生ごみを原料としたバイオマス発電事業の先進性
      バイオエナジー株式会社 岸本 悦也 氏

  16:25〜
    メタン発酵バイオガスプラントが普及しない理由
      株式会社WEDGE 神杉 彰 氏

 ■参加申込 下記サイトからお申し込みください(事前申込制)
    https://www.mizuho-ir.co.jp/seminar/info/2016/biomass1213.html

 ■お申し込み・お問い合わせ先
    みずほ情報総研株式会社 環境エネルギー第2部
     担当:渡部さん、シクラさん、石井さん
     TEL 03−5281−5295


【6】 NPO法人グリーンネットワーク主催
    「竹の多段階活用と地域活性化セミナー」開催のご案内
  
  昨年、一昨年とB−netフォーラムにも出展されたNPO法人グリーンネット
 ワークから、香川県で開催する「竹の多段階活用と地域活性化セミナー」について
 情報提供をいただきましたのでご案内いたします。
  本セミナーのキーワードは、竹粉ビジネス・竹粉効用・地域活性化・六次産業化・
 助成金・植物性乳酸菌・植物性ケイ酸 とのこと。
  ご関心のある皆様、ぜひご参加ください。

 ■日 時  平成28年12月16日(金)13:00〜17:00

 ■会 場  三木町防災センター(香川県木田郡三木町大字氷上310)
         アクセス→ http://www.town.miki.lg.jp/life/dtl.php?hdnKey=1001&hdnSKBN=A

 ■主 催  特定非営利活動法人グリーンネットワーク

 ■参加費  1,000円(資料代)

 ■プログラム

  (1)竹粉多段階活用のビジネス化 地域事業創成
      ・乳酸発酵微粉末利用による農業畜産への活用
      ・竹粉溶融バイオプラスチックの提案
      ・乳酸発酵竹粉の低温真空乾燥によるエキス・固体分離利活用の提案
     発表者:NPO法人グリーンネットワーク理事長 佐野 孝志 氏

  (2)発酵竹粉の農業への活用事例・儲かるビジネス
      ・熊本県山県町での先進活用事例
      ・竹粉製造・販売ビジネスモデルの紹介
     発表者:山県町竹資源利活用協議会 副会長 野口 慎吾 氏
          (熊本県立大学 特任准教授)

  (3)持続可能な地域経済を築く“新しい農林業のかたち”
      ・地域活性化 ・6次産業化 ・バイオマス活用 ・助成金等各種支援策
     発表者:奈良先端科学技術大学院大学 客員准教授 光井 将宇 氏
          (6次産業化プランナー)

 ■参加申込  下記サイトから参加申込書をダウンロードしてお申し込みください
        (12月10日まで)
          http://greennetwork.or.jp/

 ■お申し込み・お問い合わせ先
   特定非営利活動法人グリーンネットワーク 担当:佐野さん、清水さん
    E-mail:tsano128@lion.ocn.ne.jp FAX 03−3389−9510


********************************************************************

 ♪ 後 記 ♪

 ▼今年もB−netフォーラムに各地から大勢の皆様にお越しいただき、
  本当に嬉しく思っております。
 ▼基調講演を聞かれた来場者の皆様から、口々に「講演された協栄産業の
  古澤社長の熱意に圧倒された」といった感想を耳にしました。
 ▼廃プラを再資源化するまでのご苦労、監督官庁との折衝など、経験者なら
  ではの生々しい?お話に、いつの間にか会場全体が惹き込まれたかのように
  見えました。
 ▼コスト面などまだまだ克服すべきハードルを幾つも乗り越えなければ
  ならないと思いますが、パリ協定批准という追い風も味方に、ぜひとも
  リサイクル産業を素材産業に引き上げていただきたいと願っています。
 ▼当日の講演について、協栄産業様のホームページでもご紹介いただきました
  のでご紹介いたします。
  http://www.kyoei-rg.co.jp/news/?p=8759
 ▼同じくB−netフォーラムで先進的なリサイクルモデルとして、小型家電、
  金属類、古紙、パソコン・携帯電話・古着などを適正に回収し再資源化する
  全国初の有人回収システム「えこ便」について紹介していただいた平林
  金属様も、同社のホームページで当日の発表についてご紹介いただきました。
  https://www.hirakin.co.jp/815 

********************************************************************

 (発信者)

  B−net(中四国環境ビジネスネット)
  岡 山 県
  公益財団法人岡山県産業振興財団
  URL http://bnet-okayama.jp

  公益財団法人岡山県産業振興財団
  技術支援部 研究開発支援課
  環境サポーター 竹 内 聖 子
  E-mail:stake@optic.or.jp
 
  〒701−1221
  岡山市北区芳賀5301 テクノサポート岡山3F
  TEL 086−286−9652
  FAX 086−286−9676

************************************************************************