トップページ > B-netメルマガバックナンバー > B−net メルマガ第104号

B-NETメルマガ

%%NAME%% 様

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 中四国環境ビジネスネット (B−net)
 
 岡  山  県

 公益財団法人岡山県産業振興財団 からのお知らせ


              平成29年1月6日 第104号

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆



 このメールは、循環型産業クラスター形成促進事業にご賛同いただき、
 メールアドレスをお知らせいただいた皆様に配信しております。
  ※重複して送信した場合はご容赦ください。
  ※このメールへ直接返信されますと、読者の皆さん全員に配信され
   ますのでご注意ください。

 ◆ メールマガジンについてのお問い合わせは‥‥ ◆

    公益財団法人岡山県産業振興財団技術支援部 (担当:竹内)
      E-mail:stake@optic.or.jp  へご連絡を!!

 
 目  次


 【1】 「エコプロ2016〜環境とエネルギーの未来展」出展報告

 
 【2】 「おかやまテクノロジー展(OTEX)2017」開催のご案内


 【3】 「第21回岡山リサーチパーク研究・展示発表会」開催のご案内


 【4】 「平成29年事業者のための土壌汚染基礎講座」開催のご案内


 【5】 「バーゼル法等説明会」開催のご案内
   

 【6】 「びわ湖環境ビジネスメッセ2017出展募集説明会」開催のご案内


 【7】 「2017年ビジネスマッチング交流会(研究開発成果事業化発表会)」
     開催のご案内

 【8】 「かがわ糖質バイオフォーラム第9回シンポジウム」開催のご案内



********************************************************************


【1】 「エコプロ2016〜環境とエネルギーの未来展」出展報告

  岡山県産業振興財団では、昨年12月8日から3日間にわたり東京ビッグサイト
 で開催された「エコプロ2016〜環境とエネルギーの未来展」に、岡山県ブース
 を出展しました。
  初出展の前回から2小間増設し6小間に8社・機関が出展。
  会期中、前回の倍以上の約1,900人の皆様にご来場いただきました。
  全国からご来場いただいた皆様、主催スタッフ並びに関係者の皆様に心から
 お礼申し上げます。
  今回の出展が販路開拓に結びつくことを期待しております。

  当日の模様をB−netホームページ「活動実績」にアップしましたので、
 ぜひご覧ください↓↓↓
  http://bnet-okayama.jp/event_list/show.html

 ■出展事業  エコプロ2016〜環境とエネルギーの未来展
 
 ■会  期  平成28年12月8日(木)〜10日(土)

 ■会  場  東京ビッグサイト 東1〜6ホール

 ■主  催  一般社団法人産業環境管理協会、日本経済新聞社

 ■出展者数  705社・団体(前年比100.4%) 

 ■出展小間  1,527小間(前年比96.2%)

 ■来場者数  167,093人(前年169,118人)

 ■岡山県ブース出展小間
    東4ホール/「エコ&エネルギービジネスEXPO」ゾーン



【2】 「おかやまテクノロジー展(OTEX)2017」開催のご案内
     
  岡山県と岡山県産業振興財団では、岡山県内の最新技術や製品が一堂に会する
 中四国最大規模のものづくり展示商談会「おかやまテクノロジー展(OTEX)
 2017」を開催します。
  初開催の昨年は2日間で中四国、関西などから5千人が来場した本イベント。
  今回もパワーアップして開催します。
  技術課題の解決、最先端技術の収集、新たなパートナー探しなど、企業の
 さまざまなニーズをお伝えします。
  最寄り駅から会場までの無料シャトルバスもご用意しておりますので、ぜひ
 ご来場ください。

 ♪♪詳細情報はこちら→ http://www.optic.or.jp/otex/

 ■会  期
   平成29年1月18日(水)10:00〜17:00
   平成29年1月19日(木)10:00〜16:30

 ■会  場
   コンベックス岡山 大展示場・中展示場(岡山市北区大内田675)      
    ※会場へのアクセスはこちら→http://www.optic.or.jp/otex/to-visit/

    JR中庄駅北口より15分間隔で会場までの無料シャトルバスもございます

 ■主  催  岡山県、公益財団法人岡山県産業振興財団

 ■展示規模  152社・機関(249小間)

 ■基調講演  両日とも定員100名(事前登録制)

  1月18日(水)11:00〜12:00
   「町工場発!iPod背面を鏡面研磨した、誇るべき日本の技術」
      小林研業 代表 小林 一夫 氏

  1月19日(木)11:00〜12:00
   「炭素繊維強化プラスチック(CFRP)製船舶用プロペラの研究開発」
      ナカシマプロペラ株式会社 コンポジット事業部
      部長 山磨 敏夫 氏

 ■特別展示
   株式会社タグチ工業(SUPER GUZZILLA)
   株式会社ニッカリ(モノラック)
   ナカシマプロペラ株式会社(CFRPプロペラ)
   株式会社戸田レーシング(フォーミュラ3)
   Heart Up World株式会社(テスラMODEL S)
   おかやま次世代自動車技術研究開発センター(OVEC-ONE)

 ■来場先行予約・基調講演参加申込
   下記サイトからお早めにお申し込みください
    https://apcmp.jp/otex/form.php

 ■お問い合わせ先
   おかやまテクノロジー展2017事務局
    公益財団法人岡山県産業振興財団 経営支援部 取引支援課
    TEL 086−286−9670
    FAX 086−286−9671

   岡山県担当部署
    岡山県産業労働部マーケティング推進室
    TEL 086−226−7365


【3】 「第21回岡山リサーチパーク研究・展示発表会」開催のご案内

  岡山県と岡山県産業振興財団では、岡山県内一押しの技術シーズが集結する、
 「岡山リサーチパーク研究・展示発表会」を開催します。
  21回目を迎える今回は、おかやまテクノロジー展(OTEX)2017」と
 同時開催となり、事業化に向け積極的にシーズ発信を行います。
  新しい技術シーズを必要とされている企業、大学・研究機関等との連携を模索
 している企業の皆さん、きっかけを探しにお気軽にご来場ください。

 ♪♪詳細情報はこちら→ http://www.optic.or.jp/okayama-ssn/event_detail/index/1137.html

 ■会  期
   平成29年1月18日(水)10:00〜17:00
   平成29年1月19日(木)10:00〜16:30

 ■会  場
   コンベックス岡山 中展示場(岡山市北区大内田675)      
    ※会場へのアクセスはこちら→http://www.optic.or.jp/otex/to-visit/

 ■主  催  岡山県、公益財団法人岡山県産業振興財団

 ■内  容
  (1)研究開発成果物の展示 9分野・70テーマ
  (2)ポスター展示・ポスター前でのプレゼンテーション(会場:大展示場)
       18日 13:10〜14:25
       19日 12:25〜13:30
  (3)個別相談(マッチング)コーナー、各機関紹介ブース

 ■出展分野
  (1)精密加工、機械
  (2)材料
  (3)情報通信・エレクトロニクス
  (4)健康・医用・福祉
  (5)バイオ
  (6)食品
  (7)環境
  (8)化学
  (9)デザイン・MOT・知的財産等

 ■お問い合わせ先
   公益財団法人岡山県産業振興財団 技術支援部 研究開発支援課
   担当:赤木・福原
    TEL 086−286−9651
    FAX 086−286−9676


【4】 「平成29年事業者のための土壌汚染基礎講座」開催のご案内
 
  土壌調査などにより土壌汚染が発見される件数は年々増加しています。
  事業場などで土壌汚染が発覚した場合は適切に管理等を行うのはもちろん、
 周辺住民の方に正しい情報提供を行い理解を得ることが重要です。
  このたび岡山県では、土壌汚染の基礎から適切な土地の管理方法、地域住民
 と信頼関係を築くための情報共有や住民対話の方法などについてわかりやすく
 紹介する「事業者のための土壌汚染基礎講座」を開催します。
  企業のご担当者の皆様、ぜひご参加ください。

 ■日 時  平成29年2月1日(水)13:30〜16:30

 ■会 場  テクノサポート岡山 大会議室(岡山市北区芳賀5301)
        ※アクセス→ http://www.optic.or.jp/contents/display/access.html

 ■主 催  岡山県

 ■定 員  100名程度 ※定員に達し次第締切

 ■内 容
  (1)土壌汚染とは
       岡山県環境管理課
  (2)土壌汚染の指定区域における管理と工事
       岡山県環境管理課
  (3)土壌汚染に関する住民対話の基本と進め方
       (公財)日本環境協会(ランドソリューション株式会社)古川 昇 氏

 ■参加申込
   下記サイトから開催案内・参加申込書をダウンロードし、必要事項を
  ご記入の上、1月27日(金)までにFAXにてお申し込みください。
   下記サイトからの電子申請も可能です。
    http://www.pref.okayama.jp/page/497817.html

 ■お申し込み・お問い合わせ先
   岡山県環境文化部環境管理課 化学物質対策班 担当:三宅さん
    TEL 086−226−7305
    FAX 086−224−2147


【5】 「バーゼル法等説明会」開催のご案内

  廃棄物等や再生資源等の輸出入をしようとする場合には、特定有害廃棄物等の
 輸出入等の規制に関する法律(バーセル法)や廃棄物の処理及び清掃に関する
 法律(廃棄物処理法)に基づき、正しい手続きを行うことが必要です。
  このたび経済産業省は環境省と共同で、関係法令の趣旨をより深くご理解
 いただき適正な輸出入に努めていただくための説明会を開催いたします。
  多数のご参加をお待ちしております。

 ♪♪詳細情報はこちら→ http://www.chugoku.meti.go.jp/event/kokusai/161219.html

 ■日 時  平成29年2月1日(水)13:30〜15:30

 ■会 場  広島合同庁舎 2号館 6F 7号共用会議室
         (広島市中区上八丁堀6−30)
        アクセス→ http://www.chugoku.meti.go.jp/info/shuhenzu.htm

 ■主 催  経済産業省、環境省

 ■参加費  無 料

 ■定 員  65名 ※定員に達し次第締切

 ■対象者  廃棄物等の輸出入をお考えの事業者、収集・運搬事業者、通関業者、
       処分業者等

 ■内 容
  (1)バーゼル条約、バーゼル法及び廃棄物処理法の概要説明、各国の輸出入
    規制情報の提供
  (2)輸出入にあたって必要な手続きについて
  (3)質疑応答

 ■参加申込
   下記サイトから1月25日(水)までにお申し込みください
    https://www.omc.co.jp/basel2016/register/index.php?id=8

 ■お申し込み・お問い合わせ先
   バーゼル法等説明会事務局
   株式会社オーエムシー(経済産業省から受託)担当:林さん
    TEL 03−5362−0114
    FAX 03−5362−0121
   中国経済産業局 産業部 国際課


【6】 「びわ湖環境ビジネスメッセ2017出展募集説明会」開催のご案内

  滋賀県並びに滋賀県内の産学官で構成するびわ湖環境ビジネスメッセ実行委員会
 では、「環境と経済の両立」を基本理念に持続可能な経済社会を目指し、環境産業
 の育成振興を図るため、平成10年より環境産業総合見本市「びわ湖環境ビジネス
 メッセ」を開催しています。
  毎年、環境製品、技術、サービス、ビジネスモデルが一堂に会し、市場開拓と
 販路拡大に向けて活発な商談・取引が展開されています。
  このたび、本年10月、第20回の記念開催となる「びわ湖環境ビジネスメッセ
 2017」の実施にあたり、2月からの出展者募集にあわせ、出展募集説明会が
 開催されますのでご案内いたします。
  出展にご関心のある企業・機関の皆様、ぜひご出席ください。

 ■出展募集イベント
   びわ湖環境ビジネスメッセ2017
 
 ■会 期
   平成29年10月18日(水)〜20日(金)3日間

 ■会 場
   長浜バイオ大学ドーム(滋賀県長浜市田村町1320)

 ■主 催
   びわ湖環境ビジネスメッセ実行委員会

 ■出展募集説明会
  ≪大阪会場≫
   ○日時 2月7日(火)14:00〜16:00
   ○会場 グランフロント大阪 北館タワーC 8F Room C01+02
        https://www.grandfront-osaka.jp/access/
   ○定員 60名

  ≪名古屋会場≫
   ○日時 2月15日(火)14:00〜16:00
   ○会場 ミッドランドスクエア オフィスタワー 5F 会議室C
        http://www.midland-square.com/access/index.html
   ○定員 50名

  ≪東京会場≫
   ○日時 2月22日(水)14:00〜16:00
   ○会場 フクラシア東京ステーション 6F 会議室A
        http://www.fukuracia.jp/tokyo/access/
   ○定員 50名

〜3会場共通〜
   講演
    「IOT時代を切り開く環境・エネルギーの新世界」
     〜センサー、ロボット、省エネデバイスが革新する農業、医療、物流〜
       株式会社産業タイムズ社 代表取締役社長 泉谷 渉 氏

   説明:びわ湖環境ビジネスメッセ2017の概要と出展者の募集について

 ■参加申込(先着順、参加費無料)
   下記サイトからお申し込みください
    https://www.biwako-messe.com/exhibition_entry/session/

 ■お申し込み・お問い合わせ先
   びわ湖環境ビジネスメッセ事務局
    滋賀県商工観光部モノづくり振興課内 担当:藤居さん、大西さん
    TEL 077−528−3793
    FAX 077−528−4876


【7】 「2017年ビジネスマッチング交流会(研究開発成果事業化発表会)」
    開催のご案内

  ちゅうごく産業創造センターでは、産学官連携による地域の新産業創出を目指して
 「新産業創出研究会」の開催や「戦略的基盤技術高度化支援事業」等、国の研究開発
 事業の受託・支援を実施しています。
  このたび、終了した案件の中から、事業化に近いテーマを成功事例として選定し、
 ビジネスマッチング交流会を開催いたします。
  本交流会は、技術シーズや開発製品等について成果発表、展示会、及び個別相談会
 を行い、成果の普及を図るとともに、地域の企業・金融機関の方々とのマッチングを
 行うことを目的としています。
  産学官金の多くの皆様にご参加いただきますようご案内いたします。

 ■日 時  平成29年1月27日(金)13:30〜17:00

 ■会 場  広島ガーデンパレス 2F「錦」(広島市東区光町1−15−21)
         アクセス→ http://www.hotelgp-hiroshima.com/access/

 ■主 催  公益財団法人ちゅうごく産業創造センター

 ■参加費  無 料

 ■定 員  70名(先着順)
 
 ■内 容

  13:40〜15:45 成果発表

  (1)キチン・キトサンナノファイバーを配合した高機能性小麦粉食品の開発
      鳥取大学 准教授 上中 弘典 氏
  (2)ロボットのコミュニケーション深度を高める身体動作を自動生成するボードの開発
      岡山県立大学 教授 渡辺 富夫 氏
  (3)酸化グラフェンおよび木質ナノ黒鉛の潤滑液体への実用化
      岡山大学大学院 准教授 木ノ下 博 氏
  (4)レーザーによる歯の移動時の歯周組織誘導能の探索と新規矯正歯科用レーザー機器の開発
      広島大学大学病院 講師 國松 亮 氏
  (5)タブレット型情報端末を用いた視線入力システムの研究開発
      広島市立大学大学院 准教授 小野 貴彦 氏

  13:30〜17:00 展示会

  15:45〜17:00 個別相談会

 ■参加申込
   下記サイトから1月25日(水)までにお申し込みください
    http://ciicz.jp/event/290127-biz.html

 ■お申し込み・お問い合わせ先
   公益財団法人ちゅうごく産業創造センター 産業部 担当:中谷さん、佐藤さん
    TEL 082−241−9915
    FAX 082−240−2189
    E‐mail:zd-biz@pnet.energia.co.jp
  
 
【8】 「かがわ糖質バイオフォーラム第9回シンポジウム」開催のご案内

  香川県では、糖質バイオクラスターの形成を目指して、香川大学をはじめ、徳島
 文理大学などの関係大学や公設試験研究機関、県内外の糖質バイオ関連企業の産学官
 連携のもと、自然界に希にしか存在しない希少糖や、地域に根付いた糖質素材(糖鎖・
 複合糖質)など、糖質の機能を生かした機能性食品や診断薬等に係る研究開発の深化
 と事業化の促進に取り組み、希少糖含有シロップの市販や、香川の素材を利用した
 多くの機能性食品や化粧品などの成果が生まれています。
  このたび、研究情報の発信と産学官人的ネットワークのより一層の拡充を目指し、
 香川県が推進する希少糖や機能糖鎖(糖鎖・複合糖質)の研究開発や事業化の促進に
 関心をお持ちの産学官の関係者の皆様を対象に、「かがわ糖質バイオフォーラム第9回
 シンポジウム」を開催いたします。
  当日は、生活習慣病予防効果等が期待される機能性食素材の開発を研究されている
 信州大学の中村副学長、並びに食品への糖質利用のアプリケーション開発に取り組まれて
 いる林原・研究開発本部の國武博文研究員にご講演いただきます。
  奮ってご参加ください。

 ■日 時  平成29年2月1日(水)13:00〜17:00

 ■会 場  かがわ国際会議場 高松シンボルタワー棟6F・7F
        (香川県高松市サンポート2−1)
       ※アクセス→ http://www.symboltower.com/access/

 ■主 催  かがわ糖質バイオフォーラム、公益財団法人かがわ産業支援財団

 ■参加費  無 料

 ■定 員  150人

 ■対象者  機能性食品の研究開発や事業化に関心を持つ大学、官公庁、公設試、
      県内外企業等
 
 ■内 容

  (1)特別講演 13:25〜14:25
     「信州の地方創生(=未来創造)イニシアティブへの挑戦」
       信州大学 先鋭領域融合研究群長、学術研究・産学官連携推進機構長
        理事・副学長 中村 宗一郎 氏
 
  (2)基調講演 14:25〜15:10
     「トレハの機能とアプリケーション」
       株式会社林原 研究開発本部 分析部 研究員 國武 博文 氏

  (3)サイエンスカフェ 15:20〜16:40
      希少糖及び機能糖鎖・複合糖質に関する研究成果と商品開発事例紹介
     (国公立研究機関ポスター発表及び民間企業商品開発事例展示約20題)
       かがわ糖質バイオフォーラム
       副会長 徳田 雅明 氏(香川大学・副学長)

 ■参加申込
   下記より開催案内・参加申込書をダウンロードし、必要事項をご記入の上、
  1月12日(木)までにお申し込みください(当日受付可)
    http://www.kagawa-isf.jp/topics/h28/20161130-010.pdf

 ■お申し込み・お問い合わせ先
   かがわ糖質バイオフォーラム事務局
   公益財団法人かがわ産業支援財団 技術振興部 産学官連携推進課 担当:木村さん
    TEL 087−840−0338
    FAX 087−864−6303
    E‐mail:i-kimura@kagawa-isf.jp


********************************************************************

 ♪ 後 記 ♪

 ▼新年明けましておめでとうございます。
  三が日は全国的に好天に恵まれ、1月とは思えない暖かすぎるお正月
  をお迎えのことと存じます。
 ▼関東・甲信越にお住まいの読者の皆さんは、元日に神々しいほど美しい
  富士山の絶景に感動を覚えられた方も多かったのではないでしょうか。
 ▼筆者も12月のエコプロ展出展の際、会場に向かうゆりかもめの車窓
  から、朝日に輝く富士山の頂を垣間見ただけでも何故か手を合わせたく
  なりました(苦笑)
  田舎者ゆえ、まさかお台場からあんなに綺麗な富士山が見えるなんて
  思ってもいませんでしたので。
 ▼やはり空気が澄んでいるこの季節ならではの風景なんでしょうね。
 ▼昨年開催したB-netフォーラム、出展したエコプロ展などを通じて、
  企業や研究機関、官公庁の方々など、多数の皆様にお目にかかることが
  できました。
 ▼今年も新たな出会いが待っていることを期待して、年の初めのスタート
  を切りたいと思います。
 ▼本年もなにとぞご支援ご厚誼のほど宜しくお願い申し上げます。

********************************************************************

 (発信者)

  B−net(中四国環境ビジネスネット)
  岡 山 県
  公益財団法人岡山県産業振興財団
  URL http://bnet-okayama.jp

  公益財団法人岡山県産業振興財団
  技術支援部 研究開発支援課
  環境サポーター 竹 内 聖 子
  E-mail:stake@optic.or.jp
 
  〒701−1221
  岡山市北区芳賀5301 テクノサポート岡山3F
  TEL 086−286−9652
  FAX 086−286−9676

************************************************************************