トップページ > B-netメルマガバックナンバー > B−net メルマガ第106号

B-NETメルマガ

%%NAME%% 様

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 中四国環境ビジネスネット (B−net)
 
 岡  山  県

 公益財団法人岡山県産業振興財団 からのお知らせ


              平成29年5月24日 第106号

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆



 このメールは、循環型産業クラスター形成促進事業にご賛同いただき、
 メールアドレスをお知らせいただいた皆様に配信しております。
  ※重複して送信した場合はご容赦ください。
  ※このメールへ直接返信されますと、読者の皆さん全員に配信され
   ますのでご注意ください。

 ◆ メールマガジンについてのお問い合わせは‥‥ ◆

    公益財団法人岡山県産業振興財団技術支援部 (担当:竹内)
      E-mail:stake@optic.or.jp  へご連絡を!!

 
 目  次


 【1】 「エコプロ2017〜環境とエネルギーの未来展[第19回]」
     岡山県ブース出展者を募集します!!

 
 【2】 「平成29年度省CO2型リサイクル高度化設備導入促進事業」
     公募のお知らせ


 【3】 「平成29年度PCB廃棄物の適正な処理促進に関する説明会」
     開催のご案内
 

 【4】 「建設現場従事者の産業廃棄物・汚染土壌排出管理者講習会」のご案内



 【5】 「産業廃棄物処理業経営塾」平成29年度第14期生募集のご案内



 【6】 「2017NEW環境展」「2017地球温暖化防止展」開催のご案内



********************************************************************


【1】 「エコプロ2017〜環境とエネルギーの未来展[第19回]」
    岡山県ブース出展者を募集します!!


  環境・エネルギー分野の世界的動向として、2017年は、地球の未来のために、
 環境への取り組みと次世代技術の開発がさらに加速すると予測されています。
  このたび岡山県では、県内企業等が開発した先進的な環境関連技術・製品をPRし、
 広域的な販路展開を支援するため、本年12月7日から9日までの3日間にわたり
 東京ビッグサイトで開催されるアジアを代表する環境・エネルギーの総合展示会
 「エコプロ2017〜環境とエネルギーの未来展」に岡山県ブース(6小間)を設置し、
 共同出展します。
  つきましては、次のとおり出展者を募集しますので、自社製品・技術の新たな販路
 展開を目指している岡山県内企業の皆様、ぜひご応募ください!!

 ■出展事業  エコプロ2017〜環境とエネルギーの未来展[第19回]

 ■会  期  平成29年12月7日(木)・8日(金)・9日(土)
          10時〜17時 ※従来と開催時間が変更しています

 ■会  場  東京ビッグサイト 東ホール (東京都江東区有明3−10−1)
          アクセス→ http://www.bigsight.jp/access/transportation/

 ■主  催  一般社団法人産業環境管理協会、 日本経済新聞社

 ■入場料   無料(登録制)

 ■出展規模  700社・団体、 1,500小間(見込み)
         ※2016年出展規模:705社・団体/1,527小間

 ■来場者数  170,000人見込み
         ※2016年来場実績:167,093人

 ■募集対象
    環境負荷低減に繋がる先進的な技術・製品等の販路拡大、及び環境ビジネス
   の市場開拓を目指す、岡山県内に事業所を有する企業等 6社程度
    ※共同出展可

 ■出展小間  1小間:W2485mm×D1980mm×H2700mm(予定)
    ≪基本設備≫(予定)
      カーペット、パラペット、社名板、パネル設置用造作、
      LEDスポットライト2灯、コンセント(1kW)1個、一次配線工事、
      会期中の電気供給量1kW以内
    ≪共用≫
      インフォメーション、ストックルーム、商談スペース

 ■出展費用  221,400円
    出展料及び小間基本装飾に係る経費(共用スペースを含む)の一部を補助します。
    ≪出展者負担金内訳≫
      出展料345,600円(税込)×1/2+小間装飾費×1/4


 ■申込方法
    出展申込書に必要事項を記入の上、会社案内、出展品等のカタログ及び資料を
   添えて期限内にお申し込みください。
    なお、出展希望の場合は事前に事務局へご連絡ください。(TEL可)
    ※出展者募集案内、及び出展申込書は下記サイトよりダウンロードしてください。
      http://bnet-okayama.jp/info_detail/show/69.html

 ■申込期限  平成29年6月26日(月)17時まで(必着)

 ■開催概要  「エコプロ2017」公式サイトをご参照ください。
         公式サイト→ http://eco-pro.com/2017/

 ■出展ゾーン  ビジネスマッチングEXPO
   *ビジネスマッチングEXPO
      出展者×出展者、出展者×来場者の密度の濃い交流を仕掛けることで、
     新たなビジネス創出に繋げることを目的に、商工会議所・産業振興財団等
     支援機関、官公庁、大学、研究機関等を対象に設けられました。
      出展者によるシーズ・ニーズ紹介プレゼンテーションの機会提供など、
     環境技術・製品マッチングに向けた様々な支援メニューが企画されています。

 ■出展に係る特記事項  募集案内をご確認ください。

 ■事務局(お申し込み・お問い合わせ先)
    公益財団法人岡山県産業振興財団 ものづくり支援部 研究開発支援課
    担当:竹内・保本
     〒701−1221 岡山市北区芳賀5301 テクノサポート岡山3F
     TEL 086−286−9652
     FAX 086−286−9676
     E-mail:stake@optic.or.jp



【2】 「平成29年度省CO2型リサイクル高度化設備導入促進事業」
    公募のお知らせ
     
  公益財団法人廃棄物・3R研究財団では、使用済製品等のリサイクルプロセス全体の
 エネルギー起源二酸化炭素の排出の抑制及び再生資源の回収効率の向上を図るための
 技術を導入する事業に対して、補助金を交付する事業を実施します。
  現在、補助対象事業を公募していますのでご案内いたします。

 ■応募受付期間
   平成29年4月27日(木)〜5月31日(水)17時必着

 ■補助対象事業

  (1)複数樹脂同時選別設備導入事業

       使用済製品のリサイクル工程における複数樹脂同時選別のための光学
      選別設備を導入する事業であること。
     ※「複数樹脂同時選別」とは、複数の樹脂及びその他異物の混合物を対象と
      して、1つの設備を用いて、樹脂種類の特定並びに圧縮空気等を用いた
      2種類以上の樹脂及び残さの計3種類以上への選別を自動的に行うことをいう。

  (2)非鉄金属高度破砕・選別設備導入事業

       使用済製品のリサイクル工程におけるアルミ、銅等の非鉄金属高度破砕・
      選別のための設備を導入する事業であること。
     ※「非鉄金属高度破砕・選別」とは、例えば、素材の分離・選別性を向上させる
      高効率な破砕や、X線等を用いて従来の破砕・選別よりも回収される素材の
      量又は質を向上させる破砕・選別をいう。

 ■応募申請対象者
  (1)民間企業
  (2)独立行政法人通則法第2条第1項に規定する独立行政法人
  (3)一般社団法人・一般財団法人及び公益社団法人・公益財団法人
  (4)法律により直接設立された法人
  (5)その他環境大臣の承認を得て財団が適当と認められる者

 ■補助率  補助対象経費×1/2
 
 ■補助事業実施期間  交付決定日〜平成30年2月末日

 ■応募方法
    下記サイトから公募要領、補助金応募申請書等をダウンロードし、必要書類を
   添えてご応募ください。
    http://www.jwrf.or.jp/subsidiary/save_co2/current/format.html

 ■申請書提出先・お問い合わせ先
    公益財団法人廃棄物・3R研究財団 担当:金井さん、久松さん、井草さん
     〒130−0026 東京都墨田区両国3−25−5 JEI両国ビル8F
     TEL 03−5638−7162
     FAX 03−5638−7165



【3】 「平成29年度PCB廃棄物の適正な処理促進に関する説明会」
    開催のご案内

  ポリ塩化ビフェニル(PCB)は、人の健康及び生活環境に係る被害を生ずる恐れが
 ある物質であることから、PCB廃棄物の適正な処理の推進に関する特別措置法に
 基づき、PCB廃棄物の確実かつ適正な処理を推進することとされています。
  特に高濃度PCB廃棄物の処理については、中間貯蔵・環境安全事業株式会社(JESCO)
 の全国5ヶ所の処理施設においてPCB廃棄物の処理が行われており、その計画的処理
 完了期限は、北九州事業エリアの変圧器・コンデンサーが最も早く平成30年度末に
 到来します。

  経済産業省では、PCBの適正な処理促進に向けた国の施策に関する最新の情報を
 広く紹介するため、全国30ヶ所で説明会を開催します。
  処分期間内の対応に向けた参考となりますので、関係事業者の皆様におかれましては
 ぜひご参加ください。

 ■説明会内容

  (1)ポリ塩化ビフェニル廃棄物の適正な処理の推進について
       (環境省 産業廃棄物課)
  (2)電気事業法関連省令等の改正による高濃度PCB含有電気工作物の早期処理促進
    について (経済産業省 電力安全課)
  (3)高濃度ポリ塩化ビフェニル廃棄物の処理について
       (中間貯蔵 環境安全事業株式会社 JESCO)
  (4)課電自然循環洗浄実施手順書について (経済産業省 環境指導室)

 ■参加費  無 料

 ■説明会会場・開催日程・定員
   ※下記以外の開催についてはホームページでご確認ください。
      https://www.omc.co.jp/pcb29/

  ○高松市
     日時 6月5日(月)9:30〜12:00
     会場 高松サンポート合同庁舎 低層棟2F アイホール(高松駅徒歩3分)
     定員 100名
  ○徳島市
     日時 6月5日(月)15:30〜18:00
     会場 とくぎんトモニプラザ 会議室2(徳島駅徒歩10分)
     定員 50名
  ○岡山市
     日時 7月6日(木)13:30〜16:00
     会場 岡山市民会館 大会議室(岡山駅から路面電車電停「城下」下車徒歩3分)
     定員 100名
  ○広島市
     日時 7月7日(金)9:30〜12:00
     会場 RCC文化センター 703−704(広島駅徒歩10分)
     定員 150名
  ○山口市
     日時 7月7日(金)15:30〜18:00
     会場 YICスタジオ 講堂1−2(新山口駅徒歩1分)
     定員 100名
 
 ■参加申込
   下記申込フォームから開催日1週間前までにお申し込みください。(先着順)
    https://www.omc.co.jp/pcb29/input.html

 ■お問い合わせ先
  ≪開催内容について≫
    経済産業省 産業技術環境局 環境指導室
    TEL 03−3501−4665
  ≪会場や定員についてのお問い合わせ・≫
    請負業者:株式会社オーエムシー
    TEL 03−5362−0115  FAX 03−5362−0121
    E-mail:pcb_setsumeikai@omc.co.jp


 
【4】 「建設現場従事者の産業廃棄物・汚染土壌排出管理者講習会」のご案内

  公益財団法人産業廃棄物処理事業振興財団では、6月から産業廃棄物・汚染土壌排出
 管理者講習会をスタートしますのでご案内いたします。
  建設現場に従事している企業の担当者の皆さん、ぜひご参加ください。

 ◎産業廃棄物コース

 ■開催日
   平成29年6月16日(金)、10月20日(金)、平成30年1月19日(金)

 ■講義時間  13:00〜15:00(2時間)

 ■受講料   3,000円(テキスト代含む)

 ■講義内容
   建設現場担当者などの方々向けに、初歩から解説します。
    ○建設業者による廃棄物の保管・運搬
    ○廃棄物処理委託契約書、マニフェスト

 ◎残土・汚染土コース

 ■開催日
   平成29年6月16日(金)、8月18日(金)、10月20日(金)、12月15日(金)、
   平成30年1月19日(金)

 

 ■講義時間  15:30〜17:30(2時間)

 ■受講料   3,000円(テキスト代含む)

 ■講義内容
   建設現場担当者などの方々向けに、初歩から解説します。
    ○土壌汚染対策法
    ○自治体の残土条例

 ◎共通事項

 ■会 場  公益財団法人産業廃棄物処理事業振興財団
         東京都港区虎ノ門1−18 ヒューリック虎ノ門ビル10F
         最寄り駅:東京メトロ銀座線 虎ノ門駅9番出口
          http://www.sanpainet.or.jp/news/detail34.html

 ■受講申込
   下記サイトから開催案内、受講申込書をダウンロードして、FAXまたは
  メールでお申し込みください。※開催日前日まで申し込み可
    http://www.sanpainet.or.jp/service/service06_1.html

 ■お申し込み・お問い合わせ先
   公益財団法人産業廃棄物処理事業振興財団 講習会事務局:おおみさん、片山さん
    TEL 03−3526−0155
    FAX 03−3526−0156
    E-mail:seminar@sanpainet.or.jp



【5】 「産業廃棄物処理業経営塾」平成29年度第14期生募集のご案内

  公益財団法人産業廃棄物処理事業振興財団では、岡山大学 田中 勝 名誉教授を
 塾長に迎え、産業廃棄物処理業界に『読み、書き、そろばん』の出来る、実力のある
 人材を育てることを目的として、産業廃棄物処理業経営塾を開設しています。
  このたび、平成29年度第14期生を募集しますのでご案内いたします。

 ■運営体制
   塾長   岡山大学 名誉教授 田中 勝 氏
   副塾長  株式会社エックス都市研究所 相談役 青山 俊介 氏
        公益財団法人産業廃棄物処理事業振興財団 専務理事 木下 正明 氏

 ■応募資格
  (1)優良な産業廃棄物処理業者としての評価を得ている企業の経営者または経営の
    一翼を担っている者
  (2)優良な産業廃棄物処理業者としての評価を得ている企業の技術面での統括管理者
    であり、産業廃棄物処理に関する技術資格を有する者
  (3)産業廃棄物処理事業に準ずる豊富な経験を有し、今後、産業廃棄物処理事業への
    本格参画を図ろうとしている企業(素材メーカー、処理施設メーカーなど)に
    おいて、(1)・(2)の条件に対応した要件を満たす者
  (4)その他、本塾塾生としての受講を認める相当の理由があるとして塾長が認めた者

 ■募集人員  35名

 ■受講料   54万円(税込)

 ■受講日程・カリキュラム
   6/9(金)   開塾式、産業廃棄物処理事業概論
   6/19(月)  産業廃棄物にかかる法制度・行政
   7/13(木)14(金) 夏季合宿研修
   7/20(木)  産業界・排出事業者
   8/2(水)   コンプライアンス
   8/3(木)   産業廃棄物処理業の経営1
   8/29(火)  産業廃棄物処理業の経営2
   9/7(木)   施設見学
   9/8(金)   廃棄物技術
   9/21(木)  施設計画・財務
  10/12(木)  ワークショップ〜労働災害低減に向けて〜
  10/26(木)27(金) 秋季合宿研修
  11/24(金)  処理業経営者に期待すること
  12/8(金)   卒塾式

 ■受講申込
   下記サイトより願書をダウンロードし、お申し込みください。
    http://www.sanpainet.or.jp/service/service08_4.html

 ■お申し込み・お問い合わせ先
   公益財団法人産業廃棄物事業振興財団
   産業廃棄物処理業経営塾事務局 担当:兼子さん
    〒101−0044 東京都千代田区鍛冶町2−6−1 堀内ビルディング3F
    ※平成29年6月5日より下記住所に移転します。
      東京都港区虎ノ門1−1−18 ヒューリック虎ノ門ビル10F
     TEL 03−3526−0155
     FAX 03−3526−0156
     E-mail:jyuku@sanpainet.or.jp


【6】 「2017NEW環境展」「2017地球温暖化防止展」開催のご案内

  1992年に「産業廃棄物処理展」として産声を上げた「NEW環境展」が今年も
 5月23日から26日までの4日間にわたり開催されています。
  第26回となる今回は“環境ビジネスの展開”をテーマに、また、同時開催の
 「2017地球温暖化防止展」は“CO2削減と新エネ・省エネビジネスの推進”を
 テーマに開催されます。
  ぜひご来場ください!!

 ☆詳細情報はこちら→ http://www.nippo.co.jp/n-expo017/

 ■行事名
   「2017NEW環境展」「2017地球温暖化防止展」

 ■会 期  平成29年5月23日(火)〜26日(金)
          10時〜17時(最終日16時まで)

 ■会 場  東京ビッグサイト 東1〜6ホール、屋外会場
         アクセス→ https://www.nippo.co.jp/n-expo017/ne17_i.htm

 ■主 催  日報ビジネス株式会社

 ■出展規模
    ≪2017NEW環境展≫   515社・2031小間
    ≪2017地球温暖化防止展≫ 130社・236小間

 ■入場料  1,000円 ※事前登録されますと無料で入場できます

 ■事前登録
    下記サイトからご登録ください
      https://www.nippo.co.jp/n-expo017/invitation.htm


 ■お問い合わせ先(事務局)
    日報ビジネス株式会社
    NEW環境展/地球温暖化防止展合同事務局
     TEL 03−3262−3562



********************************************************************

 ♪ 後 記 ♪

 ▼新年度を迎え、今年度も引き続きB−net事務局を担当することに
  なりました。改めましてご挨拶申し上げます。
 ▼先だって、公益財団法人廃棄物・3R研究財団と公益財団法人産業廃棄物
  処理事業振興財団という二つの環境関連の国の外郭団体を訪問する機会が
  あり、職員の皆様と情報交換させていただきました。
 ▼廃棄物・3R研究財団は、産・官・学・民の幅広い知識や技術を集結して、
  循環型社会の形成を目指して、廃棄物・3R事業の抱える諸課題に取り組んで
  いる団体です。
  廃棄物・3Rに係る調査研究や普及啓発、また、環境省の受託事業として、
  二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金の交付も行っています。
 ▼産業廃棄物処理事業振興財団は、環境省、全国知事会、日本経団連などに
  よって設立された団体で、国・地方自治体・産業界からの基金などをもとに、
  処理業者の育成、排出事業者への支援及び産業廃棄物の適正処理の確保を
  図り、生活環境の保全と経済の経済の健全な発展に寄与するための様々な
  事業を行っています。
 ▼実は、廃棄物・3R研究財団の理事長であり、産業廃棄物処理事業振興
  財団が運営する産業廃棄物処理業経営塾の塾長でもある、田中 勝先生
  には、B−netの前身である循環資源活用推進研究会の会長として、
  本事業の立ち上げからご指導ご支援いただいてまいりました。
 ▼先生の現在の要職についての情報不足で、今回の両機関訪問にあたり、
  無沙汰のお詫びを兼ねご挨拶の連絡を入れさせていただきました。
 ▼あえてご紹介するまでもございませんが、田中 勝先生は廃棄物学会の
  会長を歴任されるなど、長年にわたり3Rの普及、廃棄物の利活用の推進
  にご尽力いただいた廃棄物業界の第一人者です。
 ▼ますますのご活躍を祈念し、廃棄物・3R関連の課題解決のためご助言
  いただきたいと心から願っております。


********************************************************************

 (発信者)

  B−net(中四国環境ビジネスネット)
  岡 山 県
  公益財団法人岡山県産業振興財団
  URL http://bnet-okayama.jp

  公益財団法人岡山県産業振興財団
  ものづくり支援部 研究開発支援課
  ※平成29年4月から組織改編に伴い部課名が変更しました!!
  環境サポーター 竹 内 聖 子
  E-mail:stake@optic.or.jp
 
  〒701−1221
  岡山市北区芳賀5301 テクノサポート岡山3F
  TEL 086−286−9652
  FAX 086−286−9676

************************************************************************