トップページ > B-netメルマガバックナンバー > B−net メルマガ第115号

B-NETメルマガ

%%NAME%% 様

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 中四国環境ビジネスネット (B−net)
 
 岡  山  県

 公益財団法人岡山県産業振興財団 からのお知らせ


              平成30年4月17日 第115号

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆



 このメールは、循環型産業クラスター形成促進事業にご賛同いただき、
 メールアドレスをお知らせいただいた皆様に配信しております。
  ※重複して送信した場合はご容赦ください。
  ※このメールへ直接返信されますと、読者の皆さん全員に配信され
   ますのでご注意ください。

 ◆ メールマガジンについてのお問い合わせは‥‥ ◆

    公益財団法人岡山県産業振興財団 ものづくり支援部 (担当:竹内)
           E-mail:stake@optic.or.jp  へご連絡を!!

 
 目  次

 【1】 岡山県内の中小企業の皆様へ
    「平成30年度エコプロダクツ製品化支援事業費補助金」公募のお知らせ
 

 【2】 WGN(ウエストグリーネット)第48回例会
      〜水島処分場(管理型最終処分場)見学訪問〜 開催のご案内
 

 【3】「“超”モノづくり部品大賞」募集のお知らせ

 

********************************************************************


【1】 岡山県内の中小企業の皆様へ
   「平成30年度エコプロダクツ製品化支援事業費補助金」公募のお知らせ 

  岡山県では、平成29年度から「岡山県エコ製品」への認定を目指す県内中小企業の
 皆様を対象として、循環資源を活用した新製品開発のための事業化可能性調査・検証、
 または実用化研究事業や改良研究事業を行う場合に必要な経費の一部を補助する「エコ
 プロダクツ製品化支援事業費補助金」制度を新設しました。
  このたび、平成30年度補助金の募集を開始しましたのでお知らせいたします。
  
  応募をご検討中の皆様は、お早めに岡山県産業振興財団へご相談ください。


 ■補助対象者
  (1)岡山県内に主たる事業所等を有し、事業を行う中小企業者
  (2)岡山県内に主たる事業所等を有し、事業を行う中小企業者の団体
      ※県内の中小企業者が1/2以上を占める事業協同組合、商工組合等

 ■補助対象事業
   「岡山県エコ製品」への認定を目指すなど、循環資源を原料とした競争力ある新製品
   開発のための以下に該当する事業
  (1)事業化可能性調査・検証事業
  (2)実用化研究事業
  (3)改良研究事業

 ■補助率等
  (1)事業化可能性調査・検証事業
    ア.内容
       新規に立ち上げる事業について、開発に係る基礎研究や製品の市場性等に
      ついての調査や検証を行い、事業推進の方向性を決定するもの
    イ.補助対象経費
       人件費、旅費、市場動向等調査費、試験分析費
    ウ.補助率
       1/2以内 (資源循環資源*を原料とする場合は2/3以内)
    エ.補助上限額
       1,000千円

  (2)実用化研究事業
    ア.内容
       製品の実用化に向けて、開発や研究を行うもの  
    イ.補助対象経費
       人件費、旅費、原材料費、機械装置費、工具器具費、共同研究費、
       技術指導受入費、試験分析費、委託・外注費
    ウ.補助率
       1/2以内 (資源循環資源*を原料とする場合は2/3以内)
    エ.補助上限額
       3,000千円
  
  (3)改良研究事業
    ア.内容
       自社製品・試作品の市場競争力向上を目指す研究   
    イ.補助対象経費
       人件費、旅費、原材料費、機械装置費、工具器具費、共同研究費、
       技術指導受入費、試験分析費、委託・外注費
    ウ.補助率
       1/2以内 (資源循環資源*を原料とする場合は2/3以内)
    エ.補助上限額
       1,000千円

  *指定循環資源とは?
     廃棄物の処理及び清掃に関する法律第2条第4項に規定する産業廃棄物のうち、
     燃え殻、ばいじん、汚泥、鉱さい、廃プラスチック類

 ■実施期間  交付決定日(7月上旬予定)〜平成31年2月末日

 ■募集期間  平成30年4月16日(月)〜5月31日(木)
           ※採択額が予算額に達しない場合は追加募集あり

 ■応募方法
    下記サイトより募集要領、該当する事業計画書フォーマット等をダウンロードし、 
   添付書類及び事業計画書を収録した電子媒体を添えてご提出ください。
http://www.pref.okayama.jp/page/555825.html

 ■申請書提出先
   岡山県産業労働部産業振興課 イノベーション推進班 担当:則武さん
    TEL 086−226−7380
 
 ■申請に係るお問い合わせ先
   公益財団法人岡山県産業振興財団 ものづくり支援部研究開発支援課 担当:竹内
    TEL 086−286−9652  FAX 086−286−9676
 


【2】 WGN(ウエストグリーネット)第48回例会
     〜水島処分場(管理型最終処分場)見学訪問〜 開催のご案内
 
中国地方、四国地方の環境配慮に積極的な産業廃棄物処理業者と大手排出企業、
 大手リサイクル事業者、環境コンサルタント、及び学・行政が一体となって
 プラットホーム事業を推進している「ウエストグリーンネット(WGN)」様より
 第48回例会として、先進的な管理型最終処分場である水島処分場を見学するとの
 ご案内を頂戴しました。
  当日は会員以外の参加も歓迎とのことですので、参加をご希望の方はWGN
 事務局までご連絡ください。

 ■行事名  WGN第48回例会

 ■主 催  ウエストグリーンネット(WGN)
         http://www.west-green.jp/
 
 ■日 時  平成30年4月24日(火) 10:00〜14:30

 ■集合時間・集合場所
   10時に倉敷市立美術館にご集合ください。貸切バスで移動します。
    ※倉敷市立美術館(岡山県倉敷市中央2−6−1)
      アクセス→ http://www.city.kurashiki.okayama.jp/11486.htm
JR倉敷駅から南に徒歩10分

 ■見学先  水島処分場(岡山県倉敷市水島川崎通1−18)
         http://www.kankyo.or.jp/jigyo/gaiyou/

 ■参加費(昼食費等一部負担金)
    会員/非営利団体・個人 1,000円
    非会員事業者      3,000円

 ■プログラム
   10:45〜11:55
     水島処分場見学
      ご案内:公益財団法人岡山県環境保全事業団

   13:00〜14:30
     例会(政策プレゼン・意見交換・活動報告等)

   ※詳細情報は下記サイトをご覧ください
     http://www.west-green.jp/pdf_file/next_20180424.pdf

 ■参加申込
   所属機関・役職・氏名・連絡先(TEL・FAX・メール等)を
  ご記入の上、4月20日(金)までにWGN事務局までご連絡ください。

 ■お申し込み・お問い合わせ先
   WGN 中河原事務局長
    TEL 082−578−4741
    FAX 020−4624−9189
    E-mail:info@west-green.jp


  
【3】 「“超”モノづくり部品大賞」募集のお知らせ

  モノづくり日本会議と日刊工業新聞社は、日本のモノづくりの競争力向上を
 支援するため、産業・社会の発展に貢献する「縁の下の力持ち」的存在の部品・
 部材を対象に「“超”モノづくり部品大賞」を実施しています。
  今年で15回目となるこの大賞は14年間で累計510件で受賞されました。
  日本の産業界には災害に強い国土の形成や環境・エネルギー問題の解決、
 さらなる顧客満足度の向上などに向けて、新しいモノづくりが求められています。
  技術革新や新市場創造には、優れた部品や部材が欠かせません。
  日本のモノづくりに寄与する卓越した部品・部材を広く募集しますので、奮って
 ご応募ください!!

 ■主 催  モノづくり日本会議、日刊工業新聞社

 ■後 援  経済産業省、日本商工会議所(予定)

 ■募集対象
   完成品を構成する部品、部材
  (1)機械・ロボット
  (2)電気・電子
  (3)モビリティー関連
  (4)環境・資源・エネルギー関連
  (5)健康福祉・バイオ・医療機器
  (6)生活関連

 ■開発期間
   2017年1月以降に開発終了・製品化されたもの。
   ただし、部品の開発がそれ以前でも、その部品を組み込んだ完成品の製品化
  が同年同月以降であれば該当。

 ■対象となる要件
  (1)独創的な発明で国内外で反響の大きかったもの
  (2)画期的な発明でなくとも、その後の研究改良により、精度や性能などが
    世界最高水準に達しているもの
  (3)至難とされていた技術上の問題を解決し、わが国産業技術の向上に貢献
    するとみられるもの
  (4)産業・社会の発展に役立つ先導的役割を果たしているとみられるもの
   ※原則として販売・納入実績のあるもの

 ■応募書類
   下記サイトから申請書様式等をダウンロードしてご応募ください
     https://www.cho-monodzukuri.jp/award/

 ■募集期間  平成30年3月1日(木)〜6月29日(金)

 ■応募先・お問い合わせ先
   日刊工業新聞社 “超”モノづくり部品大賞事務局
    TEL 03−5644−7608
    FAX 03−5655−7209
    E-mail:buhin@media.nikkan.co.jp


********************************************************************

 ♪ 後 記 ♪

 ▼毎年この時期になるとマスク姿が街中に溢れます。
 ▼「目がかゆい」「鼻水が止まらない」と職場でもツラそうな声を耳に
  します。
 ▼てっきり他人事と思って気の毒だなぁと思って見ておりましたが、
  どうもこのところ朝晩、くしゃみと鼻水に悩まされ始めました。
 ▼よもや花粉症デビューか?と内心ドキドキしています。
 ▼マスクをするほどではないので単なる思い過ごしかもしれませんが(苦笑)
 ▼岡山県は全国でも有数のヒノキの産地なので、もしかすると、先月仕事で
  バイオマスタウンで有名な真庭市の木材集積基地やバイオマス発電所の
  見学に行ったのが引き金かも?と、勝手な妄想に浸っています。
 ▼真庭市の皆さん、ごめんなさい。お詫びの気持ちで貴市の紹介も併せて
  させていただきます。
 ▼真庭市バイオマスツアーは全国から参加者が押し寄せ、大人気です。
  ぜひ一度ご参加ください。ユニークなコースが多数ご用意されておりますので。
   http://biomass-tour-maniwa.jp/
  
********************************************************************

 (発信者)

  B−net(中四国環境ビジネスネット)
  岡 山 県
  公益財団法人岡山県産業振興財団
  URL http://bnet-okayama.jp

  公益財団法人岡山県産業振興財団
  ものづくり支援部 研究開発支援課
  環境サポーター 竹 内 聖 子
  E-mail:stake@optic.or.jp
 
  〒701−1221
  岡山市北区芳賀5301 テクノサポート岡山3F
  TEL 086−286−9652
  FAX 086−286−9676

************************************************************************