トップページ > B-netメルマガバックナンバー > B−net メルマガ第116号

B-NETメルマガ

%%NAME%% 様

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 中四国環境ビジネスネット (B−net)
 
 岡  山  県

 公益財団法人岡山県産業振興財団 からのお知らせ


              平成30年5月29日 第116号

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆



 このメールは、循環型産業クラスター形成促進事業にご賛同いただき、
 メールアドレスをお知らせいただいた皆様に配信しております。
  ※重複して送信した場合はご容赦ください。
  ※このメールへ直接返信されますと、読者の皆さん全員に配信され
   ますのでご注意ください。

 ◆ メールマガジンについてのお問い合わせは‥‥ ◆

    公益財団法人岡山県産業振興財団 ものづくり支援部 (担当:竹内)
           E-mail:stake@optic.or.jp  へご連絡を!!

 
 目  次

 【1】 「エコプロ2018(第20回)」岡山県ブース出展者募集のお知らせ


 【2】 「平成30年度省CO2型リサイクル等高度化設備導入促進事業」
     公募のお知らせ

 【3】 「平成30年度低炭素型廃棄物処理支援事業補助金事業計画策定支援事業
      (廃棄物高効率熱回収事業、廃棄物燃料製造事業及び廃棄物バイオガス
       熱回収事業)」公募のお知らせ

 【4】 「平成30年度低炭素型廃棄物処理支援事業補助金
      (廃棄物高効率熱回収事業、廃棄物燃料製造事業及び廃棄物バイオガス
       熱回収事業)設備設置」公募のお知らせ
 
 【5】 「平成29年度補正予算・サービス等生産性向上IT導入支援事業」に
     関する補助事業者(中小企業・小規模事業者等)の公募のお知らせ

 【6】 「エコアクション21セミナー(岡山会場)」開催のご案内

 
 【7】 「平成30年度容器包装利用・製造等実態調査説明会(岡山会場)」開催について


 【8】 「第1回エコプロアワード(旧エコプロダクツ大賞)」募集のご案内


 【9】 「フロン類算定漏えい量報告・公表制度」に係るお知らせ
      報告期限は7月31日までです!!
 

********************************************************************


【1】 「エコプロ2018(第20回)」岡山県ブース出展者募集のお知らせ

  岡山県では、県内企業等が開発した先進的な環境関連技術・製品をPRし、広域的な
 販路展開を支援するため、本年12月6日から3日間にわたり東京ビッグサイトで開催
 される「エコプロ2018」に岡山県ブースを設け共同出展します。
  この展示会では、アジアを代表する環境総合展として、消費財や生産財、エネルギー、
 各種サービスまで、あらゆる分野にわたる最先端の環境製品・技術が一堂に会します。
  環境ビジネスに直結する活発な商談や取引、新たなパートナーシップやビジネスモデル
 の構築を目指す県内企業の皆様の積極的な出展をお待ちしております!!

 ■出展事業  エコプロ2018〜SDGs時代の環境と社会、そして未来へ[第20回]

 ■会  期  平成30年12月6日(木)・7日(金)・8日(土) 10時〜17時
 
 ■会  場  東京ビッグサイト 東ホール (東京都江東区有明)
          ※アクセス→ http://www.bigsight.jp/access/transportation/

 ■主  催  一般社団法人産業環境管理協会、日本経済新聞社

 ■出展規模  650社・団体、1,450小間(見込み)

 ■来場者   17万人見込み

 ■募集対象
    環境負荷低減に繋がる先進的な技術・製品等の販路拡大、及び環境ビジネスの
   市場開拓を目指す、岡山県内に事業所を有する企業等 8社程度 ※共同出展可

 ■出展小間  1小間:W2485mm×D1980mm×H2700mm(予定)

 ■出展ゾーン  ビジネスマッチングゾーン

 ■出展費用  243,000円
   ※出展料及び小間基本装飾に係る経費(共用スペースを含む)の一部を補助します。

 ■申込方法
    出展申込書に必要事項を記入の上、会社案内、出展品等のカタログ等を添えて、
   お申し込みください。
    ※出展案内、出展申込書のダウンロードはこちら↓↓↓
      http://bnet-okayama.jp/info_detail/show/77.html

 ■申込期限  平成30年6月25日(月)17時まで

■開催概要
  「エコプロ2018」公式サイトをご覧ください→ http://eco-pro.com/2018/

 ■お申し込み・お問い合わせ先
    公益財団法人岡山県産業振興財団 ものづくり支援部研究開発支援課
    担当:竹内・保本
     TEL 086-286-9652 FAX 086-286-9676 E-mail:stake@optic.or.jp



【2】 「平成30年度省CO2型リサイクル等高度化設備導入促進事業」
    公募のお知らせ

  公益財団法人廃棄物・3R研究財団では、使用済製品等のリサイクルプロセス全体の
 エネルギー起源二酸化炭素の排出の抑制及び再生資源の回収効率の向上を図るための
 省CO2型リサイクル等高度化設備を導入する事業に要する経費の一部を補助する事業を
 実施します。
  現在、補助対象事業を公募していますのでお知らせします。

 ■補助対象事業
 (1)太陽光パネルリサイクル設備導入事業
 (2)非鉄金属高度破砕・選別設備導入事業
 (3)プラスチックリサイクル高度化設備緊急導入事業
 (4)「3R技術・システムの低炭素化促進等・実証事業」または「低炭素製品普及に
    向けた3R体制構築支援事業」において実証された設備についての導入事業

 ■応募申請対象者
 (1)民間企業
 (2)独立行政法人通則法第2条第1項に規定する独立行政法人
 (3)一般社団法人・一般財団法人及び公益社団法人・公益財団法人
 (4)法律により直接設立された法人
 (5)その他環境大臣の承認を得て財団が適当と認める者

 ■補助率  設備導入に必要な経費×1/2
   ※原則単年度。ただし、年度毎の事業経費を明確に区分すれば複数年度可。

 ■応募受付期間  平成30年5月8日(火)〜7月6日(金)17時必着

 ■公募書類
   下記URLよりダウンロードしてください↓↓↓
    http://www.jwrf.or.jp/subsidiary/save_co2/current/about.html

 ■応募先・お問い合わせ先
   公益財団法人廃棄物・3R研究財団 担当:金井さん、久井さん、井草さん
    TEL 03-5638-7162 FAX 03-5638-7165 E-mail:r.koudoka-1@jwrf.or.jp


【3】 「平成30年度低炭素型廃棄物処理支援事業補助金事業計画策定支援事業
    (廃棄物高効率熱回収事業、廃棄物燃料製造事業及び廃棄物バイオガス
     熱回収事業)」公募のお知らせ

  公益財団法人廃棄物・3R研究財団では、循環型社会形成推進基本法の基本原則として
 示されているリデュース、リユース、マテリアル・リサイクル、サーマル・リサイクルの
 優先順位に従い、温暖化対策に資する高効率の熱回収施設及び燃料製造施設の廃棄物
 エネルギー利用施設の整備を促進するため、これらの設備を設置するための事業計画を
 策定する事業に要する経費に対し補助金を交付する事業を実施します。
  現在、補助対象事業を公募していますのでお知らせします。

 ■補助対象事業
 (1)廃棄物高効率熱回収事業計画の策定
      廃棄物処理に伴う廃熱を電気または熱として有効利用する施設への設備
     設置に係る事業計画の策定

 (2)廃棄物燃料製造事業計画の策定
      廃棄物由来燃料製造装置(油化・メタン化・RPF化等)への設備設置に
     係る事業計画の策定

 (3)廃棄物バイオガス熱回収事業計画の策定
      廃棄物由来バイオガスからの熱回収施設の整備を実施する事業計画の策定

 ■応募申請対象者
  一般廃棄物処理業または産業廃棄物処理業を行う事業者
 (1)民間企業
 (2)独立行政法人通則法第2条第1項に規定する独立行政法人
 (3)一般社団法人・一般財団法人及び公益社団法人・公益財団法人
 (4)法律により直接設立された法人
 (5)その他環境大臣の承認を得て財団が適当と認める者

 ■補助率  補助対象経費×2/3

 ■応募受付期間  平成30年5月8日(火)〜6月7日(木)17時必着

 ■公募書類
   下記URLよりダウンロードしてください↓↓↓
   http://www.jwrf.or.jp/subsidiary/low_carbon/consulting_businessplan/current/format.html

 ■応募先・お問い合わせ先
   公益財団法人廃棄物・3R研究財団 担当:田中さん、有田さん、河村さん
TEL 03-6659-6424 FAX 03-6659-6425 E-mail:r.koudoka-3@jwrf.or.jp



【4】 「平成30年度低炭素型廃棄物処理支援事業補助金
    (廃棄物高効率熱回収事業、廃棄物燃料製造事業及び廃棄物バイオガス
     熱回収事業)設備設置」公募のお知らせ

 公益財団法人廃棄物・3R研究財団では、循環型社会形成推進基本法の基本原則として
 示されているリデュース、リユース、マテリアル・リサイクル、サーマル・リサイクルの
 優先順位に従い、温暖化対策に資する高効率の熱回収施設及び燃料製造施設の廃棄物
 エネルギー利用施設の整備を促進するため、これらの設備設置を行う事業に要する経費に
 対し補助金を交付する事業を実施します。
  現在、補助対象事業を公募していますのでお知らせします。

 ■補助対象事業
 (1)廃棄物高効率熱回収事業
      廃棄物処理に伴う廃熱を有効利用する施設への設備設置を行う事業

 (2)廃棄物燃料製造事業
      廃棄物由来燃料製造装置(油化・メタン化・RPF化等)への設備設置を
     行う事業

 (3)廃棄物バイオガス熱回収事業
      廃棄物由来バイオガスからの熱回収施設の整備を実施する事業

 ■応募申請対象者
  一般廃棄物処理業または産業廃棄物処理業を行う事業者
 (1)民間企業
 (2)独立行政法人通則法第2条第1項に規定する独立行政法人
 (3)一般社団法人・一般財団法人及び公益社団法人・公益財団法人
 (4)法律により直接設立された法人
 (5)その他環境大臣の承認を得て財団が適当と認める者

 ■補助率  施設導入に必要な経費(土木・建築工事を除く)×1/3

 ■応募受付期間  平成30年5月8日(火)〜6月7日(木)17時必着

 ■公募書類
   下記URLよりダウンロードしてください↓↓↓
   http://www.jwrf.or.jp/subsidiary/low_carbon/consulting_high_efficiency/current/about.html

 ■応募先・お問い合わせ先
   公益財団法人廃棄物・3R研究財団 担当:有田さん、田中さん、河村さん
TEL 03-6659-6424 FAX 03-6659-6425 E-mail:r.koudoka-3@jwrf.or.jp


 
【5】 「平成29年度補正予算・サービス等生産性向上IT導入支援事業」に
    関する補助事業者(中小企業・小規模事業者等)の公募のお知らせ
 
経済産業省では、自社の置かれた環境から強み・弱みを認識、分析し、把握した
 経営課題や需用に合ったITツールを導入することで、業務効率化・売上アップと
 いった経営力の向上・強化を図っていただくことを目的として、ITツール導入に
 要する経費の一部を補助します。

 ■補助対象者  中小企業・小規模事業者等

 ■補助対象経費
    IT導入支援事業者によりあらかじめ事務局に登録されたITツール
   (ソフトウェア、クラウド利用費、導入関連経費等)

 ■補助率等  1/2以内(上限50万円、下限15万円)

 ■公募期間 
   一次公募 平成30年4月20日(金)〜6月4日(月)
   二次公募 平成30年6月中旬〜8月上旬(予定)
   三次公募 平成30年8月下旬〜10月上旬(予定)

 ■公募要領等
   IT導入補助金サイトをご覧ください→ https://www.it-hojo.jp/

 ■お問い合わせ先
   サービス等生産性向上IT導入支援事業コールセンター
    TEL 0570-000-429 ※IP電話 042-303-1441


【6】 「エコアクション21セミナー(岡山会場)」開催のご案内 

  環境省では、中小企業者向け環境マネジメントシステム「エコアクション21」
 を一層推進するため、「エコアクション21導入セミナー」を全国5ヶ所、中国
 四国地方では昨年度に続き岡山市内で開催します。
  エコアクション21の導入をご検討中の企業経営者・ご担当者の皆様、ぜひ
 ご参加ください!!

 ■日 時  平成30年6月7日(木)13:00〜16:20

 ■会 場  岡山国際交流センター 2F 国際会議場
        (岡山市北区奉還町2−2−1)
       ※アクセス→ http://www.opief.or.jp/oicenter/access.html

 ■主 催  環境省、岡山県

 ■定 員  100名(先着順)

 ■対象者  中小企業経営者及び担当者、自治体職員、中小企業支援団体職員

 ■参加費  無 料

 ■プログラム
 
  13:00〜 講演1
    第5次環境基本計画と中小企業でのSDGsの推進(仮)
      環境省大臣官房環境経済課 課長補佐 菅生 直美 氏

  13:20〜 講演2
    エコアクション21で企業を発展させる(仮)
      エコアクション21中央事務局 事務局長 森下 研 氏

  14:00〜 講演3
    岡山県における環境経営推進施策(仮)
    岡山県新エネルギー・温暖化対策室 室長 小寺 恵子 氏

  14:35〜 取組事例紹介1
    倉敷木材株式会社 代表取締役社長 大久保 陽平 氏

  15:00〜 取組事例紹介2
    日鐵鋼業株式会社 工場長 根本 理 氏

  15:25〜 パネルディスカッション

  16:20〜 個別相談会
  
  ※詳細情報はこちら↓↓↓
   http://chushikoku.env.go.jp/to_2018/21_2.html

 ■参加申込  下記参考申込サイトからお申し込みください(6月4日まで)
         http://ea21.jpn.org/seminar2018/

 ■他地域会場開催日程
   福岡会場   6月 8日(金) 九州八重洲ビル 貸ホールA
   大阪会場   6月11日(月) マイドームおおさか 展示ホールC
   名古屋会場  7月 9日(月) 名古屋商工会議所 2F 大会議室
   東京会場   7月実施予定   会場未定

 ■参加申込・お問い合わせ先
(セミナー事務局)
   株式会社ダイナックス都市環境研究所 担当:北本さん、鈴木さん
    TEL 03-3580-8221
(お問い合わせ先)
   環境省中国四国地方環境事務所 環境対策課 担当:溝手さん
    TEL 086-223-1581 FAX 086-224-2081

 
【7】 「平成30年度容器包装利用・製造等実態調査説明会(岡山会場)」開催について 
       
  「容器包装リサイクル法」に基づき、平成9年度から容器を製造している事業者、
 容器包装を利用している事業者、輸入業者には、容器包装廃棄物の再商品化の義務が
 生じることとなっています。
  各自業者に課せられる再商品化義務量は、国が毎年度公表する「数量」「比率」等に
 基づき算出されます。
  このたび、本調査の詳細について各地方経済産業局及び各地方農政局の共催で説明会が
 開催されます。

 ♪♪詳細情報はこちら→ http://www.meti.go.jp/policy/recycle/main/3r_policy/policy/research.html

  岡山会場での開催についてご案内いたしますので、関係者の皆様のご出席をお願い
 いたします。

  なお、順次、全国で開催されますので、下記の説明会日程をご覧の上、最寄の会場に
 お越しください。
 http://www.meti.go.jp/policy/recycle/main/3r_policy/policy/pdf/research/30fy/setsumeikai30.pdf

 ■岡山会場開催日時  平成30年6月20日(木)13:30〜15:30

 ■岡山会場  岡山第2合同庁舎 10F 中国四国農政局 第10−A会議室
           (岡山市北区下石井1−4−1)

 ■参加申込  6月13日(水)まで

 ■お申し込み・お問い合わせ先
   中国経済産業局 資源エネルギー環境部 環境・リサイクル課
    TEL 082-224-5676


【8】 「第1回エコプロアワード(旧エコプロダクツ大賞)」募集のご案内 
  
  「エコプロダクツ大賞」は優れたエコプロダクツ(環境負荷の低減に配慮した
 製品・サービス)を表彰することによって、エコプロダクツに関する情報を
 需要者サイドに広く伝えるとともに、それらの供給者である企業等の取組を
 支援することで、わが国におけるエコプロダクツの更なる開発・普及を図ることを
 目的に2004年度に創設されました。
  
  本年度からこれまでの「エコプロダクツ大賞」をリニューアルし、新たに
 「エコプロアワード」として生まれ変わります。

  ぜひ貴社が誇る製品・技術等をご応募ください!!

 ■募集対象
   製品、サービス、技術、ソリューション、人物などで「環境への配慮」が
  要素として含まれるもの。
  (1)有形対象物
    製品、技術等の有形の対象物は、日本国内において、すでに市場に提供
   されていること。
  (2)無形対象物
    サービス、ソリューション、人物等の複数の要素を組み合わせて有効に
   機能する財、もしくはその構成要素が生み出す形態的価値であること。

 ■応募資格
   特になし。
   ※一般消費者向けの製品・サービスはもちろん、産業向け・業務用の製品・
    サービス(いわゆるBtoB)の応募も歓迎。

 ■応募方法
   下記より募集要項、応募申込書をダウンロードし、必要事項を記入の上、
  ご応募ください。
    http://www.jemai.or.jp/ris/1st_eco-pro_award.html

 ■応募期間  平成30年5月21日(月)〜6月18日(月)

 ■応募先・お問い合わせ先(エコプロアワード運営事務局)
   一般社団法人産業環境管理協会 地域・産業支援センター
    TEL 03-5209-7825 FAX 03-5209-7716 E-mail:eco-pro@jemai.or.jp


【9】 「フロン類算定漏えい量報告・公表制度」に係るお知らせ
      報告期限は7月31日までです!!

  「フロン類算定漏えい量報告・公表制度」は、平成27年4月から施行された
 「フロン類の使用の合理化及び管理の適正化に関する法律」(略称「フロン排出
 抑制法」)に基づき、年間のフロン類の漏えい量が一定量以上の事業者に、その
 漏えい量等を国に報告していただく制度です。
  平成30年4月から平成29年度分の報告が始まり、報告期限が7月31日(火)
 までとなっておりますので、該当する事業者におかれましては、期限内の提出を
 お願いいたします。

 ■詳細情報
   フロン排出抑制法ポータルサイトをご覧ください↓↓↓
    http://www.env.go.jp/earth/furon/

 ■報告対象事業者
   算定漏えい量が年間1,000t−CO2以上の場合、算定漏えい量報告の対象
  事業者(特定漏えい者)となります。

 ■報告書提出先
   算定の対象となる事業者の事業を所管する省庁の窓口へ持参または送付、
  電子報告システムを利用。

 ■提出期限
   毎年4月〜7月31日 ※前年度の算定漏えい量の報告書を提出

 ■お問い合わせ先
  ○フロン類算定漏えい量報告・公表制度ヘルプデスク
    株式会社三菱総合研究所 環境・エネルギー事業本部内
     E-mail:furon-helpdesk@mri.co.jp
TEL 03-6705-6143
  ○環境省 地球環境局 地球温暖化対策課 フロン対策室
     TEL 03-3581-3351(内線6753)
  ○経済産業省 製造産業局 化学物質管理課 オゾン層保護等推進室
     TEL 03-3501-1511(内線3711)


********************************************************************

 ♪ 後 記 ♪

 ▼先週、東京ビッグサイトで開催中の「2018NEW環境展」を見学して来ました。
 ▼全国各地から622も企業や団体が出展。同時開催の「2018地球温暖化防止展」
  と併せ、4日間で15万8千人を超える企業関係者が来場する大規模な環境
  ビジネスに特化した展示商談会でした。
 ▼これまでも何度か参加しましたが、リサイクルの世界にも例年以上にAI、IoT
  の波が押し寄せてきているのを実感しました。
 ▼ぼ〜っと会場内を歩いていると、突然目の前に現れた某社のお兄さんから手渡された
  チラシを手に取ると、「ごみ分別アプリ」との文字が!?
 ▼今までにもこういったアプリの存在は知っていましたが、このような専門的な
  展示会にも出展するようになるなんて、新たな販路展開にはデジタル技術などの
  活用がますます必須になるんでしょうね。
 ▼アプリの機能そのものは、在り来たりの「ごみ収集日の確認」「ごみの出し忘れ
  防止アラート」などの結構アナログ的な内容ですが、意外にわからない「ごみの
  出し方(分別方法)」などを解決できる機能も付加され、スマホユーザー向けの
  情報提供ツールとして、特に自治体が注目しているそうです。
 ▼外国人居住者の多い地区向けに外国語対応のオプションがあるのは、昨今
  ならではと感心しました。
 ▼・・・なんていかにも関心を持って情報収集して来たように書いてまいりましたが、
  話してるうちにPRをしていたお兄さんがたまたま大学の後輩とわかり、つい
  足を止めてしまったというのが真相です(苦笑)
 
  
********************************************************************

 (発信者)

  B−net(中四国環境ビジネスネット)
  岡 山 県
  公益財団法人岡山県産業振興財団
  URL http://bnet-okayama.jp

  公益財団法人岡山県産業振興財団
  ものづくり支援部 研究開発支援課
  環境サポーター 竹 内 聖 子
  E-mail:stake@optic.or.jp
 
  〒701−1221
  岡山市北区芳賀5301 テクノサポート岡山3F
  TEL 086−286−9652
  FAX 086−286−9676

************************************************************************