トップページ > B-netメルマガバックナンバー > B−net メルマガ臨時配信(たからの環ワークショップ)

B-NETメルマガ

%%NAME%% 様

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 中四国環境ビジネスネット (B−net)
 
 岡  山  県

 公益財団法人岡山県産業振興財団 からのお知らせ


              平成30年10月26日 臨時配信

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆



 このメールは、循環型産業クラスター形成促進事業にご賛同いただき、
 メールアドレスをお知らせいただいた皆様に配信しております。
  ※重複して送信した場合はご容赦ください。
  ※このメールへ直接返信されますと、読者の皆さん全員に配信され
   ますのでご注意ください。

 ◆ メールマガジンについてのお問い合わせは‥‥ ◆

    公益財団法人岡山県産業振興財団 ものづくり支援部 (担当:竹内)
           E-mail:stake@optic.or.jp  へご連絡を!!

  このたび環境省様よりワークショップの開催について情報提供をいただきました
 ので、下記のとおりご案内させていただきます。
  山陰地区の皆様はもとより、資源循環の活性化にご関心のある皆様、ぜひ
 ご参加ください!!
 
 
 目  次

【1】 「平成30年度たからの環ワークショップ
      〜地域循環共生圏の形成に向けて〜 in鳥取」 開催のご案内
     
  平成30年6月に閣議決定された第四次循環型社会形成推進基本計画では、
 「地域の特性に応じて、循環資源、再生可能資源、ストック資源や地域の人材、
 資金を活用する自立・分散型社会を形成しつつ、森・里・川・海の自然的な
 つながり、資金循環や人の交流等による経済的なつながりを深め、地域間で
 補完し合う「地域循環共生圏」を形成し、資源の循環、生物多様性の確保、
 低炭素化、地域の活性化等を目指す。」ことが謳われています。

  こうした政策目標を実現するため、環境省では、地域循環圏の高度化に向けた
 調査・検討を行っており、その一環として、地域循環共生圏の形成に繋がる
 シーズの掘り起こし及び先行事例の紹介等を行うワークショップを開催します。

  資源循環の活性化、未利用資源の有効活用等にご関心のある皆様、ぜひ、
 ご参加ください。

 ■行事名
   平成30年度たからの環ワークショップ
    〜地域循環共生圏の形成に向けて〜 in鳥取

 ■日 時  平成30年11月7日(水)13:00〜17:15

 ■会 場  鳥取大学 広報センター内CDL 2FスペースC
          鳥取市湖山町南4−101
         https://www.tottori-u.ac.jp/1796.htm#tottori
  https://www.tottori-u.ac.jp/2681.htm

■主 催  環境省 環境再生・資源循環局総務課 リサイクル推進室
 
 ■共 催  鳥取県、廃棄物・資源循環研究会、鳥取大学

 ■対象者  地方公共団体、事業者、大学、NPO等各種団体 他

 ■定 員  80名

 ■参加費  無 料

 ■プログラム
 
  13:05〜13:20
    地域循環共生圏の形成に向けて (環境省)

  13:20〜14:00 基調講演
    「自治体の廃棄物行政と地域循環共生圏」
       北九州市立大学 国際環境工学部 教授 松本 亨 氏

  14:00〜14:20 事例紹介(1)
    「生ごみを肥料に・・・善循環の食品リサイクル」
       因幡環境整備株式会社 高塚 雅史 氏

  14:20〜14:40 事例紹介(2)
    「リサイクルビジネスに取組む企業を支援」
       鳥取県産業振興機構
       リサイクル産業事業化促進コーディネーター 岩山 悟 氏

  14:40〜15:00 事例紹介(3)
    「産学連携による地域の未・低利用資源の活用事例」
       鳥取大学 地域価値創造研究教育機構
       エクステンション推進室 室長・准教授 清水 克彦 氏

  15:15〜15:45
    テーマ別セッション
      FS事業紹介、事前アンケート結果紹介、
      参加者間の情報共有・意見交換等

  15:50〜17:15
    相談会(希望者のみ)+ポスター発表(廃棄物・資源循環研究会)


 ■参加申込
   下記サイトよりWEB申し込み、もしくはFAXでお申し込みください
    ※11月5日(月)まで(先着順)
    https://www.mizuho-ir.co.jp/seminar/info/2018/junkan1107.html

 ■お申し込み・お問い合わせ先
   たからの環ワークショップ事務局
   みずほ情報総研株式会社 環境エネルギー第1部
    担当:森岡さん、不破さん、高木さん
    TEL 03−5281−5326
    FAX 03−5281−5466
    E-mail:junkan2018@mizuho-ir.co.jp
  ≪連絡先≫
   環境省 環境再生・資源循環局 総務課 リサイクル推進室
    担当:中根さん、高橋さん
    TEL 03−5501−3153
   

********************************************************************

 (発信者)

  B−net(中四国環境ビジネスネット)
  岡 山 県
  公益財団法人岡山県産業振興財団
  URL http://bnet-okayama.jp

  公益財団法人岡山県産業振興財団
  ものづくり支援部 研究開発支援課
  環境サポーター 竹 内 聖 子
  E-mail:stake@optic.or.jp
 
  〒701−1221
  岡山市北区芳賀5301 テクノサポート岡山3F
  TEL 086−286−9652
  FAX 086−286−9676

************************************************************************