トップページ > B-netメルマガバックナンバー > B−net メルマガ第61号

B-NETメルマガ

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 中四国環境ビジネスネット (B−net)メルマガ
 

                平成24年6月14日  第61号

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆



 このメールは、循環型産業クラスター形成促進事業にご賛同いただき、
 メールアドレスをお知らせいただいた皆様に配信しております。
  ※重複して送信した場合はご容赦ください。
  ※このメールへ直接返信されますと、読者の皆さん全員に配信され
   ますのでご注意ください。

 ◆ メールマガジンについてのお問い合わせは‥‥ ◆

    公益財団法人岡山県産業振興財団技術支援部 (担当:竹内)
      E-mail:stake@optic.or.jp  へご連絡を!!

 
 目  次

 【1】 ホームページリニューアル&アドレス変更のお知らせ

 【2】 環境サポーターからのお願い
      お知恵拝借!! 〜LED蛍光灯のリサイクル技術について〜
  
 【3】 岡山大学環境管理センター公開シンポジウムのご案内
     「環境とエネルギー 〜持続可能な社会を目指して〜」
 
 【4】 平成24年度鳥取環境大学特別企画シンポジウムのご案内
     「低炭素社会の実現に向けて 〜清掃工場とセキュリティ〜」

 【5】 さんさんコンソ事務局の東北訪問報告

 【6】 平成24年度B−net事務局運営体制について

 
   ♪ 後  記 ♪


********************************************************************


【1】 ホームページリニューアル&アドレス変更のお知らせ

  中四国環境ビジネスネット(B−net)では、去る6月1日よりホーム
 ページをリニューアルいたしました。
  それに伴いアドレスも変更しましたので、誠に恐れ入りますが、「お気に入り」
 の登録アドレスを変更していただきますようお願いいたします。
  まだまだ完成状態ではないので、活動実績等、今後、追加掲載してまいります。
  また、環境サポーターにお寄せいただいたご相談なども、随時、アップ
 していきますのでお楽しみに・・・
 
  ☆新アドレス→ http://bnet-okayama.jp


【2】 環境サポーターからのお願い
お知恵拝借!! 〜LED蛍光灯のリサイクル技術について〜

  先日、環境サポーターのもとに、次のようなご相談が寄せられました。

  ご存知のように、現在、一般家庭用・事業所用の照明機器が既存の蛍光灯から
 LEDに切り替わりつつあります。
  とりわけ震災以後の電力不足問題がさらなる追い風となって、普及が促進されて
 います。
  確かにLEDは既存の蛍光灯に比べ耐用年数が長いとは言われていますが、
 事業所用で長時間使用する場合はやはり数年での交換が必要となります。
  となると、次に問題になるのはLED蛍光灯の大量廃棄。
  そこで、LED蛍光灯のリサイクルについて、今のうちから技術開発を進めたい
 とのご相談です。

  ついては、この分野で研究を進めておられる方、あるいは情報をお持ちの方、
 環境サポーターまでご一報ください。

  今回のご相談内容はB−netホームページにも掲載しています。
      ↓
   http://bnet-okayama.jp/matching_detail/show/5.html


【3】 岡山大学環境管理センター公開シンポジウムのご案内
    「環境とエネルギー 〜持続可能な社会を目指して〜」

  岡山大学環境管理センターでは、未曽有の震災を契機にますます問題視されて
 いるエネルギー問題に焦点を当て、私たちのライフスタイルのあり方や、燃料電池、
 太陽光発電、バイオマス燃料利用など、再生可能エネルギーの利活用や普及による
 持続可能な社会の構築に向けたエネルギーの取り組みなどについて具体的な事例や
 提言をご紹介いただき、討論を通して今後のエネルギービジョンについて情報を
 共有することを目的とした公開シンポジウムを開催します。
  当日は、トヨタ自動車のFC開発部・河合部長をお招きし、注目を集め燃料電池
 自動車の開発について最新の話題をご提供いただきます。
  また、B−net委員の産総研・小田コーディネータが、産総研と岡山県の
 バイオマス利用の取り組みについて発表されます。

  今週末はぜひ岡山大学へお出掛け下さい!!
 
 ♪♪詳細情報はこちら→ http://www.okayama-u.ac.jp/tp/event/event_id677.html


 ■日 時  平成24年6月16日(土)13:00〜17:00

 ■会 場  岡山大学創立50周年記念館 多目的ホール
         (岡山市北区津島中1−1−1)
        アクセス→ http://www.okayama-u.ac.jp/tp/profile/50kinenkan02.html
         ※公共交通機関をご利用ください

 ■主 催  岡山大学環境管理センター

 ■参加費  無 料

 ■申込方法  事前申込不要

 ■プログラム

  13:00〜13:05
    挨拶・趣旨説明  岡山大学環境管理センター長 三宅 通博 氏

  13:05〜13:45
    「心豊かに暮らすということ 〜ライフスタイルとテクノロジーの新潮流〜」
       東北大学大学院環境科学研究科 教授 石田 秀輝 氏

  13:45〜14:25
    「トヨタの燃料電池自動車の開発と初期市場創出を目指して」
       トヨタ自動車株式会社 第1技術開発本部FC開発部
        部長 河合 大洋 氏

  14:35〜15:15
    「超高効率集光型多接合太陽電池の現状と今後
      〜岡山市とオーロラ市の日米共同実証試験〜」
       (独)産業技術総合研究所 太陽光発電工学研究センター
        特別研究員 橋本 潤 氏

  15:15〜15:55
    「循環型社会に向けて
      〜産総研及び岡山県のバイオマスの利用技術への取り組み〜」
       (独)産業技術総合研究所 中国産官学連携センター
        イノベーションコーディネータ 小田 喜一 氏

  16:10〜16:50
    パネルディスカッション
       コーディネータ:岡山大学環境管理センター長 三宅 通博 氏

  16:50〜17:00
    閉会の辞  岡山大学環境管理センター 准教授 竹内 文章 氏

   ※詳細プログラムはこちらをダウンロードしてください
             ↓
   http://www.okayama-u.ac.jp/up_load_files/event/h240616emc_symposium.pdf
 
 
 ■お問い合わせ先
    岡山大学環境管理センター
     TEL 086−251−7280
     E-mail:emc@cc.okayama-u.ac.jp


【4】 平成24年度鳥取環境大学特別企画シンポジウムのご案内
    「低炭素社会の実現に向けて 〜清掃工場とセキュリティ〜」
     
  先日、B−netの前身である循環資源活用推進研究会の会長として
 事業推進に多大なご尽力をいただいた鳥取環境大学 田中 勝教授(元廃棄物
 学会会長)から、同校企画のシンポジウム開催について情報をご提供いただき
 ましたのでご案内いたします。
  当日は、東日本大震災による電力不足を受けますます重要性が増す「ごみ
 発電」について、将来の清掃工場のあり方像を念頭に置き、推進施策、自立運転
 や都市防災をコンセプトに、清掃工場の安定継続運転を確保するためのエネルギー
 セキュリティをテーマに、国や地方治自体の廃棄物行政担当者、ごみ発電
 施設や都市防災の専門家から、最新の現状を発信いただき、併せて皆様方の
 疑問に答える場を提供されるとのこと。
  東京での開催ですが、大変貴重な情報が満載のシンポジウムですので、
 ご関心をお持ちの方はぜひご参加ください。

 ♪♪詳細情報はこちら→ http://www.riswme.co.jp/cgi-bin/news/index.cgi?c=zoom&pk=17


 ■日 時  平成24年6月15日(金)13:30〜16:30

 ■会 場  東京商工会議所 4F 東商ホール
         (東京都千代田区丸の内3−2−2)
        アクセス→ http://www.tokyo-cci.or.jp/facility/access/

 ■主 催  鳥取環境大学、 株式会社廃棄物工学研究所

 ■参加費  協力団体会員:5,000円、 非会員:10,000円
       自治体職員:4,000円、 学生;3,000円

 ■申込方法
    ホームページから参加申込用紙をダウンロードのうえ、FAXにてお申し込み
   ください。
   ※ダウンロードはこちら→ http://www.riswme.co.jp/cgi-image/news/17/file1.pdf
               
 ■プログラム

   開会挨拶
     鳥取環境大学 学長 古澤 巖 氏

   基調講演
     政策解説『我が国の廃棄物発電推進施策』
       環境省廃棄物リサイクル対策部 廃棄物対策課
       課長 山本 昌宏 氏

   特別講演
     『低炭素社会の実現に向けて 〜ごみ発電の果たす役割〜』
       鳥取環境大学サスティナビリティ研究所
       所長 田中 勝 氏

   地方行政解説
     『清掃工場のエネルギーセキュリティ』
       元東京二十三区清掃一部事務組合
       総務部長 伊東 和憲 氏

   技術解説
     『清掃工場と防災』
      (社)日本環境衛生施設工業会 技術委員会
       委員長 宇野 晉 氏

   技術解説
     『都市防災とエネルギーインフラ』
       東洋大学 理工学部都市環境デザイン学科
       教授 鈴木 崇伸 氏

   パネルディスカッション
     『低炭素社会の実現に向けて 〜清掃工場とセキュリティ〜』
       コーディネータ:田中 勝 氏
 
 ■お申し込み・お問い合わせ先
    株式会社廃棄物工学研究所 担当:大畑さん
     TEL/FAX 086−239−5303
     E-mail:info@riswme.co.jp

 
【5】 さんさんコンソ事務局の東北訪問報告

  B−netと連携している「さんさんコンソ」は、昨年の東日本大震災
 発生直後から、震災復興プロジェクトを立ち上げ、中国地域から復興に
 向けた課題の抽出や現地自治体への提言書の提出など、さまざまな活動を
 積極的に行っておられます。
  B−netメルマガでも、随時、その活動レポートをご紹介しています。
  
  去る5月23日〜24日にかけて、B−net委員会の渡邊会長(さんさん
 コンソ事務局長)、同じくさんさんコンソの加藤産学官連携プロデューサ
 (鳥取大学)、そして日本エネルギー学会バイオマス部会の坂西会長
 (産総研)の3名の皆さんが、被災地である宮城、岩手の両県の大学や
 経済連合会、自治体を訪問され、中国地域からの復興支援提案を行われました。
  東北経済連合会や県復興局の方々から、「除染関連での有効な提案は
 ありがたい。被災地の事業者へ紹介したい。」の感謝のコメントを頂戴した
 とのこと。
  
  提案内容等、詳細報告については、ホームページからダウンロード
 できますので、ぜひご一読ください。

 ♪♪掲載ホームページ
      ↓
   http://www.sangaku-cons.net/contents/project04.html#title_pro09


【6】 平成24年度B−net事務局運営体制について

  本年度からB−net事務局が新体制になりました。
  5月から新たに、環境産業相談員として 岡村 康 さんが加わり、
 事務局もますますパワーアップしました。
  今後、岡山県内企業を中心に、中国・四国地域の企業にも廃棄物の
 リサイクルに関する情報収集に訪問させていただきますので、ご支援
 よろしくお願いいたします。

  ☆24年度事務局体制

    環境サポーター  石部 裕之 (いしべ ひろゆき)
      (岡山県産業振興財団 技術支援部研究開発支援課・課長代理)
    
    環境産業相談員  岡村 康  (おかむら やすし)
      (同課所属)

    事務局      竹内 聖子 (たけうち せいこ)
      (同課・主事)


************************************************************************

 ♪ 後 記 ♪

  先日、東京ビッグサイトで開催された「2012New環境展」を
  見学してきました。
  他の環境展に比べ、廃棄物破砕機など大型機械の展示が多く、屋外
  会場では実際に稼働させて参加者にPRする出展社もあり、直接、
  会場で商談を進めている方が多いという印象を受けました。
  11月に予定している「B−netフォーラム2012」でご紹介
  したい企業もたくさんありましたので、今後、事務局で出展交渉を
  始めたいと思っています。
  乞うご期待!!

  このようにきっちり?出張業務もこなしましたが、、、
  
  会場へ向かうゆりかもめの車窓から、遠く東京スカイツリーがビル越しに
  霞んで見えたのに、思わず感動してしまったミーハーな筆者です(苦笑)

  
********************************************************************

 (発信者)

  B−net(中四国環境ビジネスネット)
  岡 山 県
  公益財団法人岡山県産業振興財団
  URL http://bnet-okayama.jp

  公益財団法人岡山県産業振興財団
  技術支援部 研究開発支援課
  環境サポーター 石 部 裕 之
  E-mail:ishibe@optic.or.jp
  竹 内 聖 子
  E-mail:stake@optic.or.jp
 
  〒701−1221
  岡山市北区芳賀5301 テクノサポート岡山3F
  TEL 086−286−9700
  FAX 086−286−9676

********************************************************************