トップページ > B-netメルマガバックナンバー > B−net メルマガ第66号

B-NETメルマガ

%%NAME%% 様

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 中四国環境ビジネスネット (B−net)
 
 岡  山  県

 公益財団法人岡山県産業振興財団 からのお知らせ


               平成25年2月12日  第66号

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆



 このメールは、循環型産業クラスター形成促進事業にご賛同いただき、
 メールアドレスをお知らせいただいた皆様に配信しております。
  ※重複して送信した場合はご容赦ください。
  ※このメールへ直接返信されますと、読者の皆さん全員に配信され
   ますのでご注意ください。

 ◆ メールマガジンについてのお問い合わせは‥‥ ◆

    公益財団法人岡山県産業振興財団技術支援部 (担当:竹内)
      E-mail:stake@optic.or.jp  へご連絡を!!

 
 目  次

 【1】 B−net廃棄物リサイクル先進事例視察 参加者募集のお知らせ


 【2】 岡山大学・高田教授の研究に関する記事が半導体産業新聞
    (WEBニュース)に掲載されました!!
  
 
 【3】 「森と人が共生するSMART工場モデル実証セミナー」のご案内


 【4】 「平成24年度第2回環境・エネルギーセミナー
       〜二酸化炭素を資源と捉え、その循環を考える〜」 開催のご案内


 【5】 「バイオマス・ファインケミカルズ・リファイナリー・シンポジウム」
     開催のご案内


 
   ♪ 後  記 ♪


********************************************************************


【1】 B−net廃棄物リサイクル先進事例視察 参加者募集のお知らせ

  中四国環境ビジネスネット(B−net)では、皆様方からお寄せいただ
 いた産業廃棄物や未利用資源の再資源化に向けたご相談などについて、専門家
 や関連企業が参集し検討を行う「セクション会議」を年に5回程度開催して
 います。
  相談内容によっては、関係者のみの非公開で開催しているものもございま
 すが、皆様方からのご要望により先進事例の視察等のオープンセミナーも
 行っています。

  このたび、産業廃棄物の利活用に向けた先進的な技術開発を行っている
 中国地域の2社の視察を企画いたしました。
  両社とも、独自の技術開発による環境ビジネスの成功事例ですので、この機会に
 ぜひご見学いただきたいと思います。
  当日は、先進的な技術を視察させていただくともに、各社のニーズなどに
 ついて意見交換も予定していますので、奮ってご参加くださいますようご案内
 申し上げます。
  なお、受け入れ人数に限りがありますので、参加をご希望の場合はお早めに
 お申し込みください。

 ♪♪詳細情報はこちら→ http://bnet-okayama.jp/info_detail/show/18.html


 ■開催日  平成25年3月14日(木)

 ■集合場所  岡山駅西口(8:30)、テクノサポート岡山(9:00)
         
   ※ 福山以西からの参加者については、福山駅、鴨方駅での集合、解散も
    予定していますので、ご希望の場合はお申し込みの際にお知らせください

 ■視察先および主な視察内容
   (1)株式会社エフピコ 福山リサイクル工場 (広島県福山市箕沖町)
        使用済みトレーの回収、ペレット化による独自のリサイクルシステム
        ☆同社HP http://www.fpco.jp/
      
   (2)株式会社フジコー 山陽工場 (岡山県浅口市鴨方町鳩ヶ丘)
        金属表面処理による廃棄圧延ワークロールの再生技術
        ☆同社HP http://www.kfjc.co.jp/

 ■参加費  無料 ※ただし、昼食代は現地で各自ご精算いただきます

 ■募集対象
   (1)再生プラスチックの製造、開発に関心のある方
   (2)金属資源のリサイクルに関心のある方
   (3)その他、資源の有効活用に関心、あるいは提案をお持ちの方

 ■募集定員  25名 ※定員に達し次第、締め切ります

 ■申込方法
    参加申込書に必要事項を記入のうえ、事務局宛てFAXまたはメールにて
   お申し込みください (2月28日まで)

 ■詳細情報(行程等)・参加申込書
    下記URLよりダウンロードしてください
    http://bnet-okayama.jp/info_detail/show/18.html

 ■備 考
    受入先企業のご意向により、同業種の場合、見学をお断りすることが
   ございますので、予めご了承ください。
    見学不可の場合は、事前に事務局からご連絡いたします。

 ■お申し込み・お問い合わせ先
   公益財団法人岡山県産業振興財団 技術支援部 担当:石部・竹内
    TEL 086−286−9652
    FAX 086−286−9675
    E-mail:stake@optic.or.jp


【2】 岡山大学・高田教授の研究に関する記事が半導体産業新聞
   (WEBニュース)に掲載されました!! 

  昨年11月16日に岡山市内で開催した「中四国環境ビジネスネット(B−net)
 2013」には、県内外より多数の皆様にご来場いただき、厚くお礼申し上げます。
  当日、ご講演いただいた産業タイムズ社の泉谷社長が、後日、同社のWEB
 ニュースにおいて、同じくB−netフォーラムで発表された岡山大学の高田
 教授の研究内容を記事として掲載されましたので、ご紹介いたします。
  どうも、当日の交流会で講師同士、意気投合されたのか、泉谷社長、講師で
 ありながら、いつの間にか本業の記者として取材活動も行っておられたようです。
  
  掲載記事については以下のURLをクリックしてください!!

 ☆2012/11/30 半導体産業新聞(WEBニュース)
 
  第19回
  嫌われモノ・不要なモノから高機能エコ材料を作ってしまう!!
    〜岡山大学発の新酸化鉄はリチウムイオン電池にも応用〜
   http://www.sangyo-times.jp/article.aspx?ID=498
    
     
【3】 「森と人が共生するSMART工場モデル実証セミナー」のご案内

  岡山県では、新たなバイオマス産業を創出し、地域産業の発展と地球温暖化防止を
 目的とする「おかやまグリーンバイオ・プロジェクト」の一環として、木質バイオマス
 から付加価値の高い素材の生産技術を開発する「森と人が共生するSMART工場
 モデル実証」に産学官連携で取り組み、森林・林業の再生を目指しています。
  事業実施3年目となる今年度において、実証におけるこれまでの取組内容を広く
 知っていただき、木質バイオマスの利活用推進、地球温暖化防止に向けた意識の醸成
 を図るため、次のとおりセミナーを開催します。

  ♪♪詳細情報はこちら→ http://www.pref.okayama.jp/page/306529.html

 ■日時  平成25年2月21日(木) 14:00〜16:20

 ■会場  メルパルクOKAYAMA 1階 泰平1
         岡山市北区桑田町1−13

 ■主催  岡山県

 ■内容
   (1)基調講演1
       自動車部品における植物由来材料の開発
         三菱自動車工業(株) 開発本部材料技術部
         エキスパート 寺澤 勇 氏

   (2)基調講演2
       木質資源による新技術・新産業の構築
         東京大学大学院 農業生命科学研究科
         特任教授   安藤 直人 氏

   (3)SMART工場モデル実証成果報告
       ○超微粉砕システムセクション
          (独)産業技術総合研究所
           バイオマスリファイナリー研究センター
       ○新エネルギー複合利用システムセクション
           コアテック(株)
       ○地域基盤形成セクション
           真庭市バイオマス政策課
  
 ■定員等 120名 (参加無料)

 ■申込方法
    参加申込書(上記URLよりダウンロード)を郵送またはFAX、メール
   のこと。 ※2月14日まで

 ■お申し込み・お問い合わせ先
    岡山県産業労働部産業企画課新エネルギー推進室
     TEL 086−226−7380
     FAX 086−225−3449
     E-mail sinene@pref.okayama.lg.jp       


【4】 「平成24年度第2回環境・エネルギーセミナー
〜二酸化炭素を資源と捉え、その循環を考える〜」 開催のご案内

  二酸化炭素削減に関する企業や個人の取り組みは、再生可能エネルギーの普及拡大と
 ともに喫緊の課題となっています。
  本セミナーでは、再生可能エネルギーの直接の技術ではなく、二酸化炭素を資源として
 捉え、二酸化炭素が循環する社会を目指す技術を紹介します。
  当日は、環境経済学的立場から中国地域の環境ビジネスへの提言を中心とした基調講演
 に続き、「藻類バイオマス」、「ナノスペースマテリアル」の講演で、具体的な二酸化炭素
 循環に関する技術の情報提供があるとのこと。
  環境・エネルギー分野へ参入、起業を目指す中国地域の企業の皆様、奮ってご参加
 ください。

 ♪♪詳細情報はこちら→ http://www.ciicz.jp/topics/250222-eex2.html

 ■日時  平成25年2月22日(金) 13:30〜17:00

 ■会場  ワークピア広島 (広島市南区金屋町1−17、広電・稲荷町電停徒歩1分) 
        ※アクセス→ http://www.workpier.jp/access/index.html
 
 ■主催  公益財団法人ちゅうごく地域産業創造センター

 ■定員  100名

 ■参加費  1,000円 (情報交換会参加の場合、別途会費3,000円要)

 ■内容
   (1)基調講演 (13:35〜)
        エネルギー・環境産業と経営戦略
          広島修道大学 人間環境学部 教授 羅 星仁 氏

   (2)講演1  (14:35〜)
        藻類バイオマスの可能性
          茨城大学 農学部資源生物科学科 教授 朝山 宗彦 氏

   (3)講演2  (15:50〜)
        グリーンイノベーションを実現するナノスペース膜技術
         −ナノテク膜技術の環境・エネルギー分野への展開−
          山口大学大学院理工学研究科 環境共生系専攻
          教授 喜多 英敏 氏
 
   (4)情報交換会 (17:10〜) ※会費制

 
 ■申込方法  下記URLよりオンライン申込のこと
         http://www.ciicz.jp/topics/250222-eex2.html#guidemap

 ■お申し込み・お問い合わせ先
    公益財団法人ちゅうごく地域産業創造センター 担当:中村さん
     TEL 082−241−9915
     FAX 082−240−2189
     E-mail:nakamura@ciicz.jp
 

【5】 「バイオマス・ファインケミカルズ・リファイナリー・シンポジウム」
    開催のご案内
 
  経済産業省補助事業の一環として、中国経済産業局ではバイオマスを原料とするファイン
 ケミカル分野での事業化推進の支援を行っています。
  このたび、本年度の活動成果を紹介し、今後の事業展開について意見交換を行う
 シンポジウムを開催いたします。
  バイオマス関連の事業化推進を行っている多数の皆様のご来場をお待ちしています。

 ■日時  平成25年3月8日(金) 13:00〜17:30

 ■会場  ホテル広島ガーデンパレス (広島駅新幹線口徒歩5分)
       ※アクセス→ http://www.hotelgp-hiroshima.com/access/index.html


 ■主催  社団法人中国地域ニュービジネス協議会

 ■参加費  無料 ※交流会参加の場合、会費4,000円(予定)要

 ■内容
   第1部 講演
     「バイオ燃料・ケミカル併産型バイオマスリファイナリーの現状と今後の展開
        (独)産業技術総合研究所 イノベーション推進本部
         上席イノベーションコーディネータ 坂西 欣也 氏

   第2部 事業化推進事例紹介
    (1)真庭市バイオマスラボ
         信州大学 繊維学部 特任教授 網屋 繁俊 氏
    (2)隠岐の島「緑のコンビナート」
         (株)藤井基礎設計事務所 地域戦略研究所 所長 岡田 清明 氏
    (3)バンブー・ファインケミカルズ
         (社)中国地域ニュービジネス協議会 チーフコーディネータ 竹内 善幸 氏
    (4)超臨界技術を活用したバイオマス・ファインケミカルズ
         (株)東洋高圧
    (5)竹表皮の利活用
         (株)テオリ
    (6)たけのこ皮の利活用
         松本(株)

   第3部 バイオマス・ファインケミカルズ商品・試作品のご紹介


 ■申込方法  下記URLよりオンライン申込可
         http://www.cnbc.or.jp/
    (注)現在、HP構築中のため、オンライン申込については主催者に
      ご確認ください

 ■お申し込み・お問い合わせ先
    社団法人中国地域ニュービジネス協議会 担当:藤井さん
     TEL 082−221−2929
     FAX 082−221−6166

    
 
********************************************************************

 ♪ 後 記 ♪

  年末以来の配信となり、新年のご挨拶もできず大変失礼いたしました。
  「メルマガ配信は止めたの?」」とか、ちらほらお声を耳にするよう
  になりましたが、まだまだ今年もB−netメルマガは継続いたします
  ので、引き続きご愛読のほどよろしくお願い申し上げます。
  さて、昨年、B−netフォーラムにご来場いただいた皆様に強烈な
  印象を残して会場を後にされた産業タイムズ社の泉谷社長ですが、
  当日の講演での予告どおり、昨年12月10日、講演のテーマでもあった
  シェールガス革命についての著書を上梓されました。
  あれだけ東奔西走の日々を送っておられて、よく執筆の時間があるもの
  とただただ感心しています。
  先日、朝日新聞の書籍広告で重版の告知が出ていましたが、書店に並ぶ
  やいなや大変な反響だそうです。
  ご関心があれば、ぜひ手に取ってみてはいかがでしょうか。
  ちなみに、私はまだ購入しておらず、泉谷社長に会わす顔がなく(涙)
  交流会での口約束ではサインを頂戴できる話になっているのですが・・・
  ★長谷川慶太郎/泉谷 渉共著(東洋経済新報社発行)
   『石油からシェールガスへ シェールガス革命で世界は激変する』
   内容に関する泉谷社長のコメントはこちらをご覧ください。
                   ↓↓↓
  https://www.semiconportal.com/archive/blog/insiders/izumiya/121227-shale.html

************************************************************************
 
 (発信者)

  B−net(中四国環境ビジネスネット)
  岡 山 県
  公益財団法人岡山県産業振興財団
  URL http://bnet-okayama.jp

  公益財団法人岡山県産業振興財団
  技術支援部 研究開発支援課
  環境サポーター 石 部 裕 之
  E-mail:ishibe@optic.or.jp
  竹 内 聖 子
  E-mail:stake@optic.or.jp
 
  〒701−1221
  岡山市北区芳賀5301 テクノサポート岡山3F
  TEL 086−286−9700
  FAX 086−286−9676

************************************************************************