トップページ > B-netメルマガバックナンバー > B−net メルマガ第67号

B-NETメルマガ

%%NAME%% 様

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 中四国環境ビジネスネット (B−net)
 
 岡  山  県

 公益財団法人岡山県産業振興財団 からのお知らせ


               平成25年2月25日  第67号

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆



 このメールは、循環型産業クラスター形成促進事業にご賛同いただき、
 メールアドレスをお知らせいただいた皆様に配信しております。
  ※重複して送信した場合はご容赦ください。
  ※このメールへ直接返信されますと、読者の皆さん全員に配信され
   ますのでご注意ください。

 ◆ メールマガジンについてのお問い合わせは‥‥ ◆

    公益財団法人岡山県産業振興財団技術支援部 (担当:竹内)
      E-mail:stake@optic.or.jp  へご連絡を!!

 
 目  次

 【1】 B−net廃棄物リサイクル先進事例視察 参加者募集のお知らせ
     ※お申し込みはお早めに!!


 【2】 岡山・産学官連携推進会議、ミクロものづくり岡山推進協議会
     共催セミナー 開催のご案内
  
 
 【3】 「平成25年度除染技術実証事業」に係る実証試験対象技術の
     募集のお知らせ

 
   ♪ 後  記 ♪


********************************************************************


【1】 B−net廃棄物リサイクル先進事例視察 参加者募集のお知らせ
    ※お申し込みはお早めに!!

  中四国環境ビジネスネット(B−net)では、来る3月14日(木)、
 産業廃棄物の利活用に向けた先進的な技術開発を行っている中国地域の2社を
 視察いたします。
  
  株式会社エフピコは、食品トレー製造の国内トップメーカーです。
  同社が納入、販売したトレーのみならず、他社製品も含め、使用済み商品の
 回収、ペレット化によりリサイクルするシステムを開発され、障害者を
 優先的に雇用するなど、環境と福祉の融合を図るリサイクルの先進企業です。
  
  また、株式会社フジコーは北九州を本拠地とし、溶接、溶射、特殊鋳造などの
 金属表面処理の基本技術をベースに、「資源のリサイクルと環境保護への貢献」
 をモットーとして、既存事業のみならず新規事業を創造し続ける企業です。
  同社は売り上げの4%を注力するなど、研究開発に力点を置き、板用圧延
 仕上げロールのリサイクル化や、溶射技術を駆使した消臭殺菌タイル、空気
 消臭殺菌装置など、さまざまな開発に成功しています。
 
  普段、一般の見学は断られているところを、B−netのためにご快諾いた
 だきました。

  ぜひこの機会をご活用いただければ幸いです。
  当日は、意見交換も予定していますので、多数のご参加をお待ちしています。

 ♪♪詳細情報はこちら→ http://bnet-okayama.jp/info_detail/show/18.html


 ■開催日  平成25年3月14日(木)

 ■集合場所  岡山駅西口(8:30)、テクノサポート岡山(9:00)
         
   ※ 福山以西からの参加者については、福山駅、鴨方駅での集合、解散も
    予定していますので、ご希望の場合はお申し込みの際にお知らせください

 ■視察先および主な視察内容
   (1)株式会社エフピコ 福山リサイクル工場 (広島県福山市箕沖町)
        使用済みトレーの回収、ペレット化による独自のリサイクルシステム
        ☆同社HP http://www.fpco.jp/
      
   (2)株式会社フジコー 山陽工場 (岡山県浅口市鴨方町鳩ヶ丘)
        金属表面処理による廃棄圧延ワークロールの再生技術
        ☆同社HP http://www.kfjc.co.jp/

 ■参加費  無料 ※ただし、昼食代は現地で各自ご精算いただきます

 ■募集対象
   (1)再生プラスチックの製造、開発に関心のある方
   (2)金属資源のリサイクルに関心のある方
   (3)その他、資源の有効活用に関心、あるいは提案をお持ちの方

 ■募集定員  25名 ※定員に達し次第、締め切ります

 ■申込方法
    参加申込書に必要事項を記入のうえ、事務局宛てFAXまたはメールにて
   お申し込みください (2月28日まで)

 ■詳細情報(行程等)・参加申込書
    下記URLよりダウンロードしてください
    http://bnet-okayama.jp/info_detail/show/18.html

 ■備 考
    受入先企業のご意向により、同業種の場合、見学をお断りすることが
   ございますので、予めご了承ください。
    見学不可の場合は、事前に事務局からご連絡いたします。

 ■お申し込み・お問い合わせ先
   公益財団法人岡山県産業振興財団 技術支援部 担当:石部・竹内
    TEL 086−286−9652
    FAX 086−286−9675
    E-mail:stake@optic.or.jp



【2】 岡山・産学官連携推進会議、ミクロものづくり岡山推進協議会
    共催セミナー開催のご案内  

  ものづくり分野を始め、様々な分野では技術の高度化等に向けた基盤として、
 産学官連携の重要性がますます高まっています。
  岡山・産学官連携推進会議およびミクロものづくり岡山推進協議会では、先進的
 な取組事例に触れることで、さらに優れた製品を開発し、市場を広げていくきっかけ
 としていただくめに、次のとおりセミナーを開催します。

 ♪♪詳細情報はこちら→ http://okayama-sangakukan.jp/modules/news1/article.php?storyid=110

 ■日時  平成25年3月22日(金) 14:05〜16:30

 ■会場  メルパルクOKAYAMA 1階 泰平
        (岡山市北区桑田町1−13)

 ■主催  岡山・産学官連携推進会議、ミクロものづくり岡山推進協議会

 ■定員  150名

 ■プログラム
   14:05〜15:10  基調講演
    日本「再創造」〜地域の英知を結集したイノベーションの創出〜
      株式会社三菱総合研究所 理事長 小宮山 宏 氏
       (東京大学第28代総長)

   15:20〜16:30
    事例発表 〜県内若手経営者による産学官連携の取組紹介〜
    ○オーニット株式会社 代表取締役 仁戸田 昌典 氏
      「産学官共同でのオンリーワン製品作り」
    ○倉敷ボーリング機工株式会社 代表取締役 田尻 さや香 氏
      「ものづくり中小企業の研究開発と産学官連携」

 ■参加申込
    下記より参加申込書をダウンロードのうえ、必要事項をご記入のうえ、
   FAXまたはメールにてお申し込みください(3月15日まで)
http://okayama-sangakukan.jp/modules/news1/article.php?storyid=110

 ■お申し込み・お問い合わせ先
   岡山県産業労働部産業振興課内
   岡山・産学官連携推進会議事務局 藤田さん
   ミクロものづくり岡山推進協議会事務局 宮本さん
    TEL 086−226−7352
    FAX 086−224−2165
    E-mail:sangyo@pref.okayama.lg.jp
    
     
【3】 「平成25年度除染技術実証事業」に係る実証試験対象技術の
    募集のお知らせ

  復興庁・環境省では、今後、除染作業等に活用し得る技術を発掘し、除染効果、
 経済性、安全性等を確認するため、実証試験の対象となる除染技術を公募します。
  また、平成24年度除染技術実証事業について、採択技術の概要がまとめられて
 いますのでご紹介します。

 ♪♪詳細情報はこちら→ http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=16312

 ■公募対象技術

 (1)除染作業効率化技術
      除染に要する作業時間の短縮、コストの低減、作業の容易化に資する技術、
     芝について深刈り・張替以外の効果的・廃棄物量の少ない除染方法、
     木製・ゴム製遊具の効果的・効率的な除染方法、屋根の効率的な除染方法と
     その効果、法面の効率的な除染方法とその効果

 (2)土壌等除染除去物減容化技術
      除染によって発生する放射性物質により除染された土壌、植物、瓦礫等
     除去物を効率的に減容化することに資する技術

 (3)放射性物質により汚染された廃棄物の処理技術
      放射性物質により汚染された廃棄物の処理(収集・運搬、保管、減容化
     等の中間処理、中間貯蔵や最終処分)の効率化等に資する技術

 (4)排水の回収、処理関連技術
      除染によって生じる排水の回収、処理に関連する技術

 (5)除去物の運搬や一時保管、中間貯蔵等関連技術
      除染によって発生する放射性物質により汚染された土壌、植物、瓦礫等
     除去物の運搬や保管、中間貯蔵等に資する技術

 (6)除染支援等関連技術
     (1)〜(6)に含まれないが、除染・汚染廃棄物処理を効率的、効果的に
     実施していくために有効な技術

 ■採択予定件数  10件程度

 ■予算  1件あたり2,100万円(税込)上限
        人件費、機械装置費、消耗品費、外注費、報告書作成費、旅費等

 ■実施期間  契約締結後〜平成25年11月29日(金)

 ■実施場所  実証試験の実施場所は請負者が決めることとする。

 ■募集期限  平成25年5月24日(金)17時まで

 ■提出先・お問い合わせ先
    〒107−0052 東京都港区赤坂1−9−13 三会堂ビル1階
    復興庁 予算会計班 環境省担当
     TEL 03−5545−7370(直通)
     FAX 03−3224−9082

 ■平成24年度除染技術実証事業の採択技術の概要↓↓↓
    http://www.env.go.jp/jishin/rmp/attach/tech_gaiyo-201302.pdf

    
 
********************************************************************

 ♪ 後 記 ♪

  3月14日に視察を予定している株式会社エフピコさんですが、来る3月
  5日(火)〜7日(木)の3日間にわたり、東京国際フォーラムにおいて、
  「エフピコフェア2013」を開催されるそうです。
  会の目玉は「知恵と工夫百選」。価値を伝える優れた売り場づくり、魅力
  いっぱいの商品づくり、活気をもたらす斬新なチャレンジなど、新しい
  需要を切り拓く自由な発想力、全国から“知恵と工夫”の旬な情報が
  一堂に会するとのこと。
  当然ながら、同社の誇る日本初のPETメカニカルリサイクルシステムも
  紹介されます。
  これは、PETボトルがエコトレー(透明容器)に生まれ変わる最新技術
  です。
  ★詳細情報→ http://www.fpco.jp/information/info_20121228_1.html

  とはいえ、実際、工程をご覧になるのが一番ですので、ぜひ今回の視察
  で先進技術を目の当たりにしてみてください!!

************************************************************************
 

 (発信者)

  B−net(中四国環境ビジネスネット)
  岡 山 県
  公益財団法人岡山県産業振興財団
  URL http://bnet-okayama.jp

  公益財団法人岡山県産業振興財団
  技術支援部 研究開発支援課
  環境サポーター 石 部 裕 之
  E-mail:ishibe@optic.or.jp
  竹 内 聖 子
  E-mail:stake@optic.or.jp
 
  〒701−1221
  岡山市北区芳賀5301 テクノサポート岡山3F
  TEL 086−286−9700
  FAX 086−286−9676

************************************************************************