トップページ > お知らせ

2015/12/12 [ お知らせ ]

エコプロダクツ2015来場お礼

12月10日(木)から12日(土)の3日間にわたり開催された「エコプロダクツ2015」。私ども岡山県ブースに多数ご来場いただき心よりお礼申し上げます。会期中の来場者数は169,118人でした。今回の出展が、今後の出展者の販路展開に繋がることを期待しています。

岡山県内の7企業・団体が、12月10日から東京ビッグサイトで開催中の「エコプロダクツ2015」に初出展中です。会期は明日12月12日(土)まで。ぜひ岡山県ブースへお立ち寄りください!!
ブースは東1ホール「1-019」。 目印は「もんげー!岡山」。
来場者から、「もんげーとは?どういう意味ですか。使い方は?」との質問攻めに遭っています(苦笑)

12月10日(木)~12日(土)の3日間にわたり、東京ビッグサイトで開催される「エコプロダクツ2015」に、岡山県内の7企業・機関が出展します。
「エコプロダクツ展」は、会期中、国内外から延べ16万人以上が来場する日本最大の参加体験型環境イベントです。
今年で第17回目の開催となる「エコプロダクツ展」に岡山県内企業が合同で出展するのは初めて。
多数のご来場をお待ちしています!!
「エコプロダクツ2015」に関する詳細情報は、B-netホームページ・トップページのバナーをクリックしてください。

■会期 平成27年12月10日(木)~12月12日(土) 10時~18時 (最終日のみ17時まで)
■会場 東京ビッグサイト 東1~6ホール (東京都江東区有明3-10-1)
       アクセス→ http://www.bigsight.jp/access/transportation/
■主催 一般社団法人産業環境管理協会、日本経済新聞社
■入場料等 無料・事前登録制
■出展規模  700社・団体/1,700小間(見込み)
■来場者数  165,000人(見込み)

■岡山県出展小間  東1ホール・小間番号1-019
■出展内容
 ※詳細情報はこちら→ https://eco-pro.biz/exhibitor/info/EP/ja/4718/
 ◎公益財団法人岡山県産業振興財団 (出展代表者)
    岡山県内企業が大学等との連携により開発した環境配慮製品、震災復興に繋がる先進的な
   技術などをご紹介します。
 ●旭テクノプラント株式会社
    太陽光モジュールの取付が可能なプランター架台「AQUA BASE」による太陽光発電設備と
   プランター菜園を融合した農業システム。
 ●津山工業原料株式会社
    廃棄ガラスくずを特許技術の専用設備で破砕したエッジの少ないガラス粒(カレット)を
   活用した防音パネル「グラストーン」。従来品のグラスウールの代替え品として期待。
 ●卯根倉鉱業株式会社 西部事業所・岡山大学
    柵原鉱山の坑廃水処理工程から発生する「中和シュベルトマナイト」を放射性セシウムに
   汚染された田畑に施用することで、土壌から農作物への放射性移行を低減する画期的な技術。
 ●株式会社新興製作所 津山事業部
    ダイヤモンドワイヤーによる太陽電池用Siウェハーの量産切断工程で生成されるSi切粉の
   リサイクル技術・製品。
 ●くろがね産業株式会社
    廃棄ゴム、廃タイヤを回収→分別→破砕→分級し製造した「ゴムチップ」の表面を着色し、
   弾性舗装材、人工芝の弾性充填材、擬似土など、独自の技術で再生した高付加価値エコ製品。
 ●日進ゴム株式会社
    廃タイヤを活用し再生ゴムとして製造した「弾性車止め支柱」、「弾性舗装材」。
   「弾性車止め支柱」にはソーラーパネル充電によるLED発光機能を装備し、避難誘導用の
   利用も期待。
■事前登録はこちらから→ http://eco-pro.com/2015/regist.html

■「エコプロダクツ2015」に関するお問い合わせ先
  エコプロダクツ主催者事務局 0120-261-122(9時~18時、土・日・祝日を除く)
■出展に関するお問い合わせ先
  公益財団法人岡山県産業振興財団 技術支援部研究開発支援課 担当:竹内
  TEL 086-286-9652 FAX 086-286-9676

平成27年11月13日開催「B-netフォーラム2015」の当日の模様を活動実績にアップしました。
http://bnet-okayama.jp/event_list/show.html

2015/11/16 [ お知らせ ]

B-netフォーラム2015 ご来場のお礼

去る平成27年11月13日(金)、岡山コンベンションセンターにおいて「B-netフォーラム2015」を開催いたしました。朝方は何とか曇り空でしたが、夕方には本降りに。そんなあいにくのお天気にもかかわらず、昨年を上回る170名もの皆さんにご来場いただき盛況のうちに終えることができました。
県内外からお越しいただいた皆様、出展者の皆様、関係者の皆様に、主催者一同、心より厚くお礼申し上げます。当日の模様は、近日、ホームページにアップいたします。

平成27年11月5日付、B-netメルマガ第91号を配信しました。

平成27年10月19日付、B-netメルマガ第90号を配信しました。

岡山県と公益財団法人岡山県産業振興財団では、リサイクルビジネスの広域ネットワーク形成などにより環境産業の振興を図るため、中四国地域を中心に3R(リデュース・リユース・リサイクル)等の新技術・関連商品などを紹介する「中四国環境ビジネスネット(B-net)フォーラム2015」を開催します。
今回の基調講演の講師には、昨年11月、TBS制作「夢の扉+」で放映され反響を呼んだ、これまで廃棄されていたゴミを有効活用した夢の燃料「バイオコークス」の生みの親、近畿大学の井田教授をお招きしました。
後半の広域展示商談会には、中四国地域を中心とした21企業・団体が、環境関連の先進的な技術、製品を紹介します。
多数のご参加をお待ちしています!!

■日 時 平成27年11月13日(金)13:00~17:00
■会 場 岡山コンベンションセンター ママカリフォーラム 1F イベントホール
      岡山市北区駅元町14-1(JR岡山駅東西連絡通路直結/山陽道岡山ICより車で約20分)
      ※アクセス→ http://www.mamakari.net/access/
■主 催 岡山県、公益財団法人岡山県産業振興財団
■後 援 中国経済産業局、四国経済産業局、中国四国地方環境事務所、香川県、
    国立研究開発法人産業技術総合研究所中国センター、国立研究開発法人
    産業技術総合研究所四国センター、一般社団法人中国地域ニュービジネス協議会、
    公益財団法人岡山県環境保全事業団、中国経済連合会、
    一般社団法人廃棄物資源循環学会中国四国支部、
    中国地域産学官連携コンソーシアム(予定)
■定 員 150名(講演会場のみ ※定員に達した場合はお断りすることがあります)
■参加費 無料

■プログラム
 13:00~13:05
  開会挨拶  中四国環境ビジネスネット委員会 会長
        岡山大学廃棄物マネジメント研究センター 副センター長/教授 藤原 健史 氏
 13:05~14:15
  基調講演  演題『植物由来の次世代バイオ・リサイクル燃料「バイオコークス」
              ~廃棄物から新しい固形エネルギーができた!!~ 』
        講師 近畿大学 バイオコークス研究所 所長/教授 井田 民男 氏
   
   ≪講演内容≫ お茶かすやコーヒーかす、野菜や果物、木くずなど、今まで廃棄処分していた
         光合成由来の資源から、製鉄・鋳造炉の燃料として欠かせない石炭コークスの
         代替えとなる、感興にやさしいリサイクル燃料「バイオコークス」を開発した
         経緯、今後の展開についてご紹介いただきます。

 14:15~14:20  休 憩
 
 14:20~15:10
  中国四国地域の未利用資源利活用に関する先進技術のご紹介(プレゼン)
   【事例発表者】
    中国経済産業局 エネルギー対策課、(株)ゼロテクノ四国、
    ダイオーエンジニアリング(株)、岡山県農林水産総合センター、
    おかやまグリーンバイオ・プロジェクト

 15:10~17:00
  中国四国地域を中心とした企業・研究機関によるポスターセッション
   【出展者紹介】
    ≪岡山県≫
     有限会社アクアテクノス
       カキ殻に含まれる成分を利用した、汚水・廃水処理施設の汚泥減量化剤
     旭テクノプラント株式会社
       太陽光モジュールの取付が可能なプランター架台「AQUA BASE」による太陽光
       発電設備とプランター菜園を融合した農業システム
     卯根倉鉱業株式会社 西部事業所/岡山大学大学院教育学研究科・准教授 石川彰彦
       中和シュベルトマナイトの特性を活かした農業用資材の開発
     おかやまグリーンバイオ・プロジェクト
       セルロース系バイオマス資源を高機能で付加価値の高い新素材として利用することを
       目指す産学官連携の取組みのご紹介
     岡山県環境文化部循環型社会推進課/公益財団法人岡山県環境保全事業団
       岡山県エコ製品、岡山エコ事業所、循環資源マッチング制度、リサイクル技術情報の
       ご紹介
     岡山県農林水産総合センター 生物科学研究所
       “資源化のお手伝い!植物の免疫力を調べます”
       環境にやさしい作物病害防除剤「プラントアクティベータ―」開発のご紹介
     くろがね産業株式会社
       廃ゴムを活用した人工芝向け・弾性舗装材用着色チップ
     津山工業原料株式会社
       破砕した角の少ないカレット(ガラス・陶磁器破砕粒)を利用した防音パネル、
       エクステリア製品等のご紹介
     株式会社濱田
       特殊球体セラミックを塗料化した高い断熱、遮熱効果をもつ機能性環境改善塗料「GAINA」
    ≪鳥取県≫
     株式会社鳥取再資源化研究所
       廃ガラスと貝殻を原料とした特許製法による多孔質ガラス発泡材「ポーラスα」と
       その応用技術
    ≪広島県≫
     中国経済産業局 エネルギー対策課
       「J-クレジット制度」のご紹介
       省エネ設備の導入によるCO2削減効果のクレジット認証等に関する無料支援を行います!!
     ミサワ環境技術株式会社
       建物への地中熱冷暖房システム・路面融雪への地中熱利用システム
    ≪山口県≫
     一般社団法人鋳田籠工法協会
       環境にやさしいダクタイル鋳鉄管くさび連結式パネル「鋳田籠(ちゅうたろう)」
       工法で、多自然型川づくりに貢献!!
    ≪香川県≫
     三菱マテリアル株式会社 直島製錬所
       銅製錬所におけるリサイクル事業の紹介
    ≪愛媛県≫
     株式会社ゼロテクノ四国
       未燃カーボンを1%以下に除去したエココンクリート混和剤「高品質フライアッシュCfFA」
     ダイオーエンジニアリング株式会社
       廃家電、廃車から発生する小粒径混合プラスチックから特定の材質のプラスチックを
       選別する「近赤外線式光学選別装置」他
    ≪東京都≫
     特定非営利活動法人グリーンネットワーク
       乳酸発酵竹粉を利用した新規畜産飼料の開発
       竹粉複合バイオマスプラスチックの提案
    ≪京都府≫
     有限会社ワイエス商事
       児島湖のヨシを原料に使用したお箸、食器等、バイオマスプラスチック製品のご紹介
    ≪研究機関≫
     中国地域産学官連携コンソーシアム
       さんさんコンソの取組みのご紹介

■参加申込
  下記申込フォームよりお申し込みください(11月10日まで)
http://www.optic.or.jp/okayama-ssn/event_detail/index/923.html
  もしくは参加申込書をダウンロードし、必要事項をご記入の上、FAXにてお申し込みください
■お申し込み・お問い合わせ先
  公益財団法人岡山県産業振興財団 技術支援部 研究開発支援課 担当:竹内
   TEL 086-286-9652 FAX 086-286-9676 E-mail:stake@optic.or.jp



   
   

平成27年8月25日付、B-netメルマガ第88号を配信しました。

岡山県産業振興財団では、本年11月13日(金)開催「B-netフォーラム2015」における広域展示商談会の出展者を募集します。
環境関連の自社技術、製品のPR、新たな販路展開を検討中の企業、研究機関の皆様、奮ってご応募ください。

■行事名 中四国環境ビジネスネット(B-net)フォーラム2015
■開催日 平成27年11月13日(金)13時~17時
■会 場 岡山コンベンションセンター ママカリフォーラム 1階 イベントホール
       岡山市北区駅元町14-1 JR岡山駅中央改札口徒歩3分(岡山駅東西連絡通路直結)
       ※アクセス→ http://www.mamakari.net/access/
■主 催 岡山県・公益財団法人岡山県産業振興財団
■内 容
  (1)中国四国地域を中心とする企業・研究機関等による環境関連の新技術、製品等の展示商談会
       ポスターセッション・商談会 ※出展者:20社・機関程度
  (2)基調講演
     『植物由来の次世代バイオ・リサイクル燃料「バイオコークス」(仮題)』
       講師 近畿大学 理工学部機械工学科 教授 井田 民男 氏
  (3)中国四国地域を中心とする企業・研究機関等による環境関連の先進事例紹介
       展示商談会出展者のうち5社程度にご発表いただきます ※10分×5社程度
■出展対象
  (1)環境関連の新技術・製品等の事業化を検討中の企業・団体及び研究者(研究機関)
  (2)新技術を活用して広域的な環境ビジネスの展開を目指している企業
   ※原則として中国地方・四国地方に事業所を有する企業、及び同地域内の各大学研究者等
■出展料 無料(搬入・搬出費用は出展者負担)
■展示小間(予定)
   パーテーション W80cm×H240cm×2枚 ※A1サイズパネル2枚掲示可
   社名板     事務局で準備します
   展示テーブル  1本(W180cm×D45cm×H70cm)
   椅子      2脚
   テーブルクロス あり
■募集団体 20社(機関) ※岡山県内:10社(機関)、岡山県外:10社(機関)予定
■プレゼン 5社(機関)程度
   出展内容に関するプレゼンテーション(10分)ができます(事前申込要)
■募集期間 平成27年8月25日(火)~平成27年9月25日(金)
■申込方法
   出展申込書(下記よりダウンロード可)に必要事項をご記入の上、FAXまたはメールにてお申し込み
  ください (予定小間数に達した場合は締切前にお断りすることがあります)
■お申し込み・お問い合わせ先
   公益財団法人岡山県産業振興財団 技術支援部 研究開発支援課 担当:竹内
    TEL 086-286-9652 FAX 086-286-9676 E-mail:stake@optic.or.jp