トップページ > お知らせ

びわ湖環境ビジネスメッセ2013出展時の模様をアップしました。
活動実績(25年度)をご覧ください。
http://bnet-okayama.jp/event_list/show.html

10月24日(木)から26日(土)の3日間にわたり、滋賀県立長浜ドームで開催された「びわ湖環境ビジネスメッセ2013」に際しましては、各地から多数ご来場いただき本当にありがとうございました。
前半の二日間は西日本を縦断した台風通過に見舞われ心配いたしましたが、私ども「ちゅうごく地域環境ビジネスプロジェクト」12小間には、あいにくの天候にもかかわらず、会期中、2,140人もの皆様にご来場いただきました。
アンケートにご協力いただきました皆様に、感謝の気持ちも込めてお渡しした「廃棄建設資材で作ったコースター」が来場者の間で口コミで広がったのも要因の一つだったようです。男性の来場者に岡山県の天然記念物≪オオサンショウウオ≫コースターが好評だったのは想定外でしたが・・・(苦笑)
関心を持たれた展示物がございましたら、ぜひとも出展者もしくは事務局までご一報ください!!

台風が近づく中、ただ今、滋賀県長浜市で開催中の「びわ湖環境ビジネスメッセ2013」に出展しています。あいにくの天候ですが、初日から多くの皆さんにご来場いただきにぎわっています。
ご来場の際は、ぜひ「ちゅうごく地域環境ビジネスプロジェクト」ブースへお立ち寄りください。アンケートにご協力いただいた方には出展品を使用したステキな小物をお渡しさせていただいております。

(公財)岡山県産業振興財団では、(一社)中国地域ニュービジネス協議会並びに(公財)ひろしま産業振興機構と連携し、滋賀県長浜市において10月24日(木)から3日間にわたり開催される国内最大級の環境産業総合見本市「びわ湖環境ビジネスメッセ2013」に出展します。

☆会期中、会場内においてスタッフが出展を紹介するPRチラシをお配りしています。このチラシを持って私どもの≪ちゅうごく地域環境ビジネスプロジェクト≫(CH-12ブース)にお立ち寄りいただきますと、サプライズがあるかもしれません。
スタッフ一同、多数のご来場をお待ちしております!!

◇会 期  平成25年10月24日(木)~26日(土)  10時~17時 (最終日16時まで)
◇会 場  滋賀県立長浜ドーム (滋賀県長浜市田村町1320)
        ※JR米原駅より無料シャトルバスあり
           アクセス→ http://www.biwako-messe.com/access/
◇主 催  滋賀環境ビジネスメッセ実行委員会
◇来場者数  36,000人見込み
◇出展小間  314企業・団体、 512小間
◇来場登録  事前に来場登録されるとスムーズに入場できます
        ※事前登録はこちら→ https://www.biwako-messe.com/sys/users/entry_input        
◇公式ホームページ→ http://www.biwako-messe.com/

≪ちゅうごく地域環境ビジネスプロジェクト≫
CH-01 あっとくれーん株式会社 (岡山市)
        LED照明、持続型多機能消臭スプレー「臭錬」、スマホで操作可能の防犯カメラシステム
CH-02 株式会社ビー・シー・オー (岡山市)
        磁気活水処理装置「BCOハピネス」
CH-03 株式会社アース産業 (倉敷市)
        木質ペレット成形機、ペレットストーブ
       株式会社シー・エス・エス (岡山市)
        ハイブリッドボイラー&温風機
CH-04 山陽施設工業株式会社 (岡山市)
        濃縮酸素溶解装置、油水分離装置、自動目詰まり防止スクリーン
CH-05 日進ゴム株式会社 環境事業部 (岡山市)
        遮熱弾性舗装材(ゴムチップ弾性舗装材)、防災ボラード(弾性車止め支柱)
CH-06 株式会社アマキ (倉敷市)
        廃棄防草シートを再利用した布製エコ植木鉢「クロスポット」
CH-07 ミサワ環境技術株式会社 (三次市)
        地中熱システムのご紹介(空調システム・道路融雪システム・冷却システム)
CH-08 株式会社トロムソ (尾道市)
        モミガラ固形燃料「モミガライト」
CH-09 株式会社タテイシ広美社 (府中市)
        屋外仕様LED導光板「TLライトパネル」
CH-10 第一コンテク株式会社 (広島市)
        いざという時に人の力だけで浄水できる画期的な浄水装置
CH-11 真庭バイオマテリアル有限会社 (真庭市)
        木質系バイオマスの新規素材商品
CH-12 一般社団法人中国地域ニュービジネス協議会 (広島市)
        世界初「バイオマス・ファインケミカルズ・リファイナリー」創出

平成25年9月5日付、B-netメルマガ第71号を配信しました。

岡山県と(公財)岡山県産業振興財団では、本年11月に開催する「中四国環境ビジネスネット(B-net)フォーラム2013」における広域展示商談会の出展者を募集します。
募集概要は次のとおりですので、3R・新エネルギーなどの新技術、新製品等の事業化を検討中の企業、研究機関、団体の皆様の出展をお待ちしています。

◆事業名   中四国環境ビジネスネット(B-net)フォーラム2013
◆開催日程  平成25年11月27日(水) 13時~17時(予定)
◆開催会場  岡山ロイヤルホテル 2階 光楽の間 (岡山市北区絵図町2-4)
             ※岡山駅西口徒歩15分、 山陽道岡山ICより車で約8分
               アクセス→ http://www.orh.co.jp/access/
◆主  催   岡山県・公益財団法人岡山県産業振興財団
◆内  容
   (1)中国四国地域を中心とする企業・研究機関による3R関連の新技術等の展示商談会
          ポスターセッション ・ プレゼンテーション ・ 商談会
   (2)基調講演  ≪環境ビジネスの最新情報、潮流等に関する話題提供≫
          講師 DOWAエコシステム株式会社  代表取締役社長 佐々木 憲一 氏
   (3)研究機関からのイノベーション関連トピックス提供
          講師 岡山大学大学院自然科学研究科  教授 池田  直 氏
◆出展対象
   (1)3R関連の新技術の事業化をお考えの企業及び研究者(研究機関) 
   (2)新技術を活用して広域的な環境ビジネスの展開を目指している企業
  ※原則として、中国地方・四国地方に事業所を有する企業、及び同地域内の各大学・公設試の研究者等
◆出展料   無 料 (搬入・搬出費用はご負担いただきます)
◆展示小間 (基本装飾)
   ○ パーテーション   W90㎝×H210㎝×2枚   ※パネル(A1サイズ)2枚掲示可
   ○ 社名版
   ○ 展示テーブル    W150㎝×D90㎝×1本
   ○ 椅子  2脚
◆募集団体   20団体
◆プレゼン    6団体程度  ※出展内容に関するプレゼンテーション(10分)ができます
◆募集期間   平成25年9月5日(木)~10月4日(金)
◆申込方法
     出展申込書(下記よりダウンロード可)に必要事項をご記入のうえ、FAXまたはメールで
    お申し込みください (予定小間数に達した場合は締切前にお断りすることがあります)
◆募集要領・出展申込書   下記よりダウンロードしてご利用ください
◆お申し込み・お問い合わせ先
     公益財団法人岡山県産業振興財団 技術支援部 研究開発支援課 担当:竹内
      TEL 086-286-9652  FAX 086-286-9676
      E-mail:stake@optic.or.jp

「びわ湖環境ビジネスメッセ2013」出展者募集については、予定数に達しましたので受付を終了いたします。
ご応募ありがとうございました。

平成25年5月14日付、B-netメルマガ第70号を配信しました。

岡山県では県内企業等の環境関連の新技術、新商品を広くアピールす場の提供を目的として、本年10月、滋賀県長浜市で開催される国内最大級の環境産業総合見本市「びわ湖環境ビジネスメッセ2013」への出展支援を行います。
岡山県内に事業所を有する企業で出展をご希望の場合は、6月7日(金)必着にて岡山県産業振興財団へお申し込みください。
なお、広島県内に事業所を有する企業については、(公財)ひろしま産業振興機構にお問い合わせください。
※(公財)ひろしま産業振興機構 担当窓口
   中小企業・ベンチャー総合支援センター 橋本課長・浜岡主任  TEL 082-240-7701

◆出展対象  びわ湖環境ビジネスメッセ2013(第16回)

◆会  期  平成25年10月24日(木)~26日(土) 3日間
            10時~17時(最終日は16時まで)

◆会  場  滋賀県立長浜ドーム (滋賀県長浜市田村町1320)
         JR田村駅から徒歩5分、米原駅から無料シャトルバス15分
         ☆アクセス→ http://www.biwako-messe.com/access/

◆出展予定  300企業・団体、 500小間

◆来場者数  36,000人見込み  ※昨年度実績:35,500人

◆主  催  滋賀環境ビジネスメッセ実行委員会

◆募集対象  環境負荷を低減する新技術・新商品等、環境ビジネスの市場開拓、販路拡大を目指す
       岡山県内に事業所を有する企業 5~6社程度

◆出展形態  『ちゅうごく地域循環・環境型社会形成プロジェクト特設ゾーン(仮称)』への(一社)
       中国地域ニュービジネス協議会、(公財)ひろしま産業振興機構、(公財)岡山県産業
       振興財団による合同出展  ※全12小間

◆出展小間  1小間: 9平米 (H2.7m×W3m×D3m)

◆出展助成  出展料100,000円、及び設営撤去費用(共有部分)の一部
        注)備品レンタル料、及び装飾費・電気工事費・電気使用料金等は、出展される特設
          ゾーン全体額の1/12を別途ご負担いただきます。 (10~15万程度)

◆申込方法  出展申込書に必要事項を記入のうえ、会社案内、出展品等のカタログ及び資料を添えて、
      事務局までお申し込みください。(原則持参のこと)
      なお、出展希望の場合は、必ず事前に事務局にご相談ください。(TEL可)    

◆申込期限  平成25年6月7日(金)17時まで(必着)

◆詳細概要  「びわ湖環境ビジネスメッセ2013」公式ホームページをご確認ください。
         http://www.biwako-messe.com/

◆備   考
   ①応募者多数の場合は『ちゅうごく地域ゾーン』出展事務局との調整により決定します
   ②募集定数に達した場合は、申込期限前であってもお断りすることがあります
   ③会期中は展示小間に2名以上、展示内容の説明者を配置してください

◆お申し込み・お問い合わせ先
    公益財団法人岡山県産業振興財団 技術支援部 研究開発支援課  担当:竹内
     TEL 086-286-9652 FAX 086-286-9676 E-mail:stake@optic.or.jp

♪♪♪「出展者募集案内」「出展申込書」は下記よりダウンロードできます♪♪♪

去る3月14日(木)、中四国環境ビジネスネット(B-net)平成24年度第5回セクション会議として、産業廃棄物の利活用に向けた先進的な取り組みを行っている広島県福山市の株式会社エフピコ 福山リサイクル工場、及び岡山県浅口市鴨方町の株式会社フジコー 山陽工場 の2社を視察しました。
当日は、企業関係者を中心に事務局を含む18名が参加。
8時30分に貸切バスで岡山駅を出発し、各社90分ずつ見学させていただきました。
午前中に訪問した株式会社エフピコは、ご存じのようにプラスチック系食品容器の国内最大手です。
同社はトレーtoトレーという使用済みの食品トレーを回収、ペレット化し、再びリサイクル容器として再利用するシステムを確立されました。
現在、生産するトレーのうちバージン品とリサイクル品の比率は、なんと70%以上がリサイクル品とのこと。
また、同工場に集まる何トンもの使用済みトレーやPETなどを材質や種類によって選別する仕分け作業を、障害者の方々を多数雇用し手作業で行っておられました。
現在、障害者雇用率が16%を超えていて、環境面はもちろん福祉の面でも国内のトップを走るモデル企業でした。

午後から見学した株式会社フジコー 山陽工場では、従来、廃棄処理されるのが普通だった使用済みの熱延ワークロールをCPC法という独自の技術により再成形し、溶接による軸部の形状復元で新たな圧延ロールとして生まれ変わらせる工程を、間近で見学させていただきました。
参加者からは、「岡山県内にこのような高度技術をもった企業があったとは?!」と驚きと感嘆の声が続出していました。