トップページ > お知らせ

岡山県と公益財団法人岡山県産業振興財団では、12月7日(木)から3日間にわたり東京ビッグサイトで開催されるアジアを代表する環境・エネルギーの総合展示会「エコプロ2017~環境とエネルギーの未来展」に岡山県ブースを出展します。
本イベントは国内外から17万人がらい所言うするアジア最大の環境イベントです。
岡山県ブースは東4ホールに出展します。
世界も注目する岡山のジーンズをイメージしたインディゴブルーのブースです。
今回は出展者全社がプレゼンを行います。
また、会期最終日(9日)には、国内有数のジーンズメーカー「ベティスミス」さんが、来場者の皆さんにジーンズの端材を使ってストラップ・キーホルダーを作っていただくワークショップも開きます。
お誘い合わせのうえ、ぜひご来場ください!!

◇会期  平成29年12月7日(木)・8日(金)・9日(土) 10時~17時
◇会場  東京ビッグサイト 東1~5ホール
       アクセス→ http://www.bigsight.jp/access/transportation/
◇岡山県ブース出展小間  東4ホール「ビジネスマッチングEXPOゾーン」 4-007ブース
◇主催  一般社団法人産業環境管理協会、日本経済新聞社
◇入場料  無料(登録制)
◇出展規模  600社・団体/1,400小間 (見込み)
◇来場者数  17万人(見込み)
◇来場事前登録  公式サイトからご登録ください→ http://eco-pro.com/2017/regist.html
  ※招待券をご希望の方は岡山県産業振興財団・竹内(TEL 086-286-9652)までご連絡ください!!

◇岡山県ブース出展者のご紹介
  ※各出展者の詳細情報はURLをクリックしてください!!
  ○公益財団法人岡山県産業振興財団(岡山市)
      岡山県出展者代表
      https://eco-pro.biz/exhibitor/info/EP/ja/8911/
  ○くろがね産業株式会社(岡山市)
      廃ゴム・廃ウレタンの再生利用によるリサイクル着色チップの紹介
      https://eco-pro.biz/exhibitor/info/EP/ja/8946/
  ○コアテック株式会社(総社市)
      バイオ資源活性炭を使用した環境負荷の少ない低コストバッテリー
       https://eco-pro.biz/exhibitor/info/EP/ja/9238/ 
  ○満栄工業株式会社(加賀郡吉備中央町)
      水処理、ガス処理、土壌改良など、様々な用途のある活性炭の紹介
      https://eco-pro.biz/exhibitor/info/EP/ja/9333/
  ○株式会社タイガーマシン製作所(高梁市)
      使用済み紙オムツを新たなエネルギー源へリサイクル「スーパー・フェイズ」
      多孔質ガラス発泡材「ポーラスα」
      https://eco-pro.biz/exhibitor/info/EP/ja/9002/
  ○株式会社ベティスミス(倉敷市)
      ジーンズの残反を再生した、ジーンズの聖地「岡山」発の≪ECO Betty≫
      https://eco-pro.biz/exhibitor/info/EP/ja/9235/
  ○真庭バイオケミカル株式会社(真庭市)
      木質バイオマス素材「セルロースナノファイバー」を化学修飾した消臭剤
      https://eco-pro.biz/exhibitor/info/EP/ja/8947/   
  ○三乗工業株式会社(総社市)
      自動車内装部品製造技術を活かした軽量防音パネル「ミノリ・サイレンサー」
      https://eco-pro.biz/exhibitor/info/EP/ja/9254/

◇「ビジネスマッチングEXPO」における岡山県出展者プレゼンテーション
  ○日時  12月7日(木)11:50~13:40
  ○会場  東4ホール「ビジネスマッチングEXPOゾーン」 4-005ブース
  ○発表時間  10分×7社
  ○定員  30名 ※定員を超えた場合は立ち見となります

◇「ビジネスマッチングEXPO」における岡山県出展者ワークショップ
  ○日時  12月9日(土)11:30~13:00
  ○会場  東4ホール「ビジネスマッチングEXPOゾーン」 4-005ブース
  ○実施出展者  株式会社ベティスミス(倉敷市)
  ○内容  ジーンズの端材を使ったストラップ・キーホルダー作り、リペット(金属鋲)打ち体験
  ○定員  100名(先着順) ※材料が無くなり次第終了

◇プレゼンテーション・ワークショップの参加申込
  下記サイトからお申し込みください ※当日参加可
   https://jp.research.net/r/DY8SCXP

◇お問い合わせ先
  ≪エコプロ2017全般≫
    エコプロ運営事務局(株式会社日経ピーアール)
     TEL 0120-261-122(9:00~18:00/土日祝を除く)
  ≪岡山県ブース出展関連≫
    公益財団法人岡山県産業振興財団 ものづくり支援部 研究開発支援課 担当:竹内・保本
     TEL 086-286-9652 E-mail:stake@optic.or.jp

岡山県と公益財団法人岡山県産業振興財団では、中国四国地域を中心とした企業や機関が開発した環境関連の先進的な技術・関連製品などを紹介する「中四国環境ビジネスネット(B-net)フォーラム2017」を開催します。
当日は、国内の環境ビジネスのニューウェーブとして注目の日本環境設計の岩元美智彦氏を迎え、同社が手掛ける衣料品に含まれるポリエステルを再利用する「服から服をつくる技術」や携帯電話等の熱分解リサイクルなどの数々のプロジェクトについて情報提供いただきます。
また、後半は中国四国地域等から集まった約27社・機関が3R、未利用資源活用、省エネなどを推進する様々な先進的な技術・取組を紹介します。
多数の皆様のご来場を心からお待ち申し上げております!!

◆行事名  中四国環境ビジネスネット(B-net)フォーラム2017
◆日 時  平成29年11月28日(火)13:00~17:00
◆会 場  岡山コンベンションセンター ママカリフォーラム 1F イベントホール
         (岡山市北区駅元町14-1 岡山駅中央改札口徒歩3分)
         ※アクセス→ http://www.mamakari.net/access/
◆主 催  岡山県、公益財団法人岡山県産業振興財団
◆後 援
   中国経済産業局/四国経済産業局/中国四国地方環境事務所/香川県/国立研究開発法人産業
   技術総合研究所中国センター/国立研究開発法人産業技術総合研究所四国センター/公益財団法人
   岡山県環境保全事業団/一般社団法人中国経済連合会/一般社団法人中国地域ニュービジネス
   協議会/一般社団法人廃棄物資源循環学会中国四国支部/中国地域産学官連携コンソーシアム
◆定 員  150人 ※講演会場のみ
◆参加費  無料
◆プログラム
  13:00~13:05
   開会挨拶
     中四国環境ビジネスネット委員会 会長 藤原 健史 氏
     (岡山大学低炭素・廃棄物循環研究センター 副センター長/教授)

  13:05~14:15
   基調講演
     「みんな参加型の循環型社会のイノベーション」
       日本環境設計株式会社 代表取締役会長 岩元 美智彦 氏
      ≪略歴≫
         繊維商社で繊維リサイクルに深く携わった経験から、2007年に日本環境設計を設立。
         資源が循環する社会づくりを目指し、リサイクルの技術開発だけではなくメーカーや
        小売店など多業種の企業とともにリサイクルの統一化に取り組む。
         著書『「捨てない未来」はこのビジネスから生まれる』
      ≪要旨≫
         創立10周年を迎えた今年、まったく新しいリサイクルの技術を採用したポリエステル
        工場を立ち上げ、創業当時は想像もしなかった事業に展開を図ります。
         創業からこれまでの会社の軌跡をお話しするともに、映画「バック・トゥ・ザ・フュー
        チャー」に登場したゴミで走る車『デロリアン』の走行を実現させた道のりについても
        ご紹介させていただきます。

  14:15~14:20
   休 憩

  14:20~15:00
   中国四国地域の先進的なリサイクル技術のご紹介
    ≪事例発表≫
      岡山理科大学、徳山工業高等専門学校(山口)、
      三乗工業株式会社(岡山)、YAMAKIN株式会社(高知)

  15:00~17:00
   企業・機関による広域展示商談会

◆広域展示商談会出展者(予定)
  ≪岡山県≫
   ●JFE環境サービス株式会社 倉敷工場
     「廃棄物を燃料に!」
      廃木材などバイオマス由来の廃棄物を燃料とした熱利用
   ●鈴木工業株式会社
      汚泥乾燥システムを利用したリサイクル消石灰「エコライム」
   ●株式会社タイガーマシン製作所
      紙おむつ燃料化装置「スーパー・フェイズ」
      廃棄太陽光パネル再資源化
   ●ニッセンファクトリー株式会社
      環境にやさしい天然染色技術
   ●株式会社日本資源開発社
      NSK処理発酵システム(バーク堆肥製造フローチャート)
   ●有限会社廣安瓦建材
      廃瓦チップ「きびテコラ」:産廃として処分していた瓦を粉砕したリサイクル品
   ●株式会社ベティスミス
      ジーンズ製品生産工程で出る残り布(残反)を再生したジーンズ小物シリーズ「ECO Betty」
   ●真庭バイオケミカル株式会社
      セルロースナノファイバー(CNF)消臭剤
   ●三乗工業株式会社
      自動車内装部品製造技術を活かした軽量防音パネル「ミノリ・サイレンサー」
  ≪島根県≫
   ●株式会社隠岐商事
      天然無機系を主原料とした水質浄化材「ネスネイト」によるネスナイト工法
  ≪広島県≫
   ●中電技術コンサルタント株式会社
      管理型海面最終処分場の利用高度化技術の紹介-底面遮水層を貫通する基礎杭の施工技術-
  ≪山口県≫
   ●株式会社ジオパワーシステム
      地中熱を利用した省エネ換気空調設備「GEOパワーシステム」
   ●周南水処理株式会社
      リンス成分(界面活性剤)で省エネ! 
      産総研実証実験で冷暖房循環ポンプ動力の65%省エネを達成。
  ≪高知県≫
   ●YAMAKIN株式会社 高知工場
     「貴金属リサイクルシステム」
      原料リサイクルからピュア金属、電子工業用途材料、医療機器材料の製品まで一貫生産
  ≪研究機関≫
   ●岡山大学大学院環境生命科学研究科附属低炭素・廃棄物循環研究センター
      岡山大学低炭素・廃棄物循環研究センターの活動紹介
   ●岡山理科大学 工学部バイオ・応用化学科 押谷研究室
      粒状廃棄物リサイクルに向けた振動流動層型乾式分離技術の開発
   ●徳山工業高等専門学校 藤本・三浦研究室
    株式会社アイワテクノ/株式会社リライフ/株式会社山下工業所
      産学官共同研究による省エネルギー水循環装置・噴水装置の開発
   ●中国地域産学官連携コンソーシアム
      さんさんコンソの取組紹介
   ●おかやまバイオマスイノベーション創造センター(OBICC)
      溶融紡糸法によるセルロース系高強度繊維の開発
      硫酸エルテル基フリーナノ結晶セルロースの製造法の機能化および効果的な製造法の開発
      リグノセルロース誘導体による難燃性機能材料の開発
  ≪公設試≫
   ●岡山県工業技術センター
      異種プラスチックが複合した廃プラスチックへの相溶化材という特殊プラスチックの添加による
     新たなマテリアルリサイクルの可能性
  ≪官公庁≫
   ●岡山県環境文化部循環型社会推進課/公益財団法人岡山県環境保全事業団
      岡山県エコ製品、エコ事業所、循環資源マッチング制度等の紹介
  ≪特設/東京都≫
   ●日本環境設計株式会社
      再生ポリエステル製造プラントで製造予定のサンプル展示
      不要となった繊維製品のリサイクルプロジェクト“BRING”の紹介
  ≪経済団体≫
   ●公益財団法人岡山県産業振興財団
      環境産業推進員が岡山県内の事業所を訪問し集めた未利用資源を展示・紹介します。
      再生利用について来場者の皆様からお知恵を拝借!! 
         
◆参加申込
   下記URLよりオンライン申し込みいただくか、または案内チラシ裏面の参加申込書を事務局宛て
  FAXでお申し込みください 
   ※オンライン申し込みはこちら→ http://www.optic.or.jp/okayama-ssn/event_detail/index/1333

◆お申し込み・お問い合わせ先
   公益財団法人岡山県産業振興財団 ものづくり支援部 研究開発支援課 担当:竹内・保本
   TEL 086-286-9652 FAX 086-286-9676 E-mail:stake@optic.or.jp

環境分野は今後ますます成長が期待される分野ですが、環境ビジネスに取り組む地域の企業がさらに発展するためには、様々な支援制度の活用や研究機関・産業支援機関との連携を通じて事業の競争力を強化していくことが重要です。
このたび中国経済産業局では、環境ビジネスに関する支援制度や企業の取組事例を紹介する「環境ビジネス取組セミナーinおかやま」を開催しますのでご案内いたします。

☆詳細情報はこちら→ http://www.info-hiroshima.co.jp/k-okayama/

◇日時  平成29年11月8日(水) 13:30~16:00
◇会場  ピュアリティまきび 3F 「橘」 (岡山市北区下石井2-6-41)
        アクセス→ http://www.makibi.jp/map.htm
◇主催  中国経済産業局
◇共催  岡山県(予定)
◇定員  70名
◇受講料 無料
◇対象  ・環境ビジネスに取り組む事業者の方
      ・環境ビジネスを支援する行政、産業支援機関、研究機関の方
◇プログラム
 第1部 環境ビジネスに関する支援制度の紹介 (13:30~15:00)
   中国地域の環境ビジネス振興のための展開方策
      中国経済産業局 環境・リサイクル課
   環境ビジネスの展開と支援施策の概要
      中国経済産業局 環境・リサイクル課
   環境ビジネスに係る岡山県の支援制度について
      岡山県 産業労働部 産業振興課
   中四国環境ビジネスネット(B-net)の取組及び岡山県産業振興財団の中小企業支援策のご紹介
      公益財団法人岡山県産業振興財団 ものづくり支援部 研究開発支援課

 第2部 環境ビジネスに取り組む企業における施策活用の事例紹介 (15:10~16:00)
   事例① 三乗工業株式会社 代表取締役社長 眞田 達也 氏
   事例② 株式会社リプロ 製造部 西谷 哲 氏

◇参加申込  下記申し込みフォームからお申し込みください
   https://ssl.alpha-mail.ne.jp/info-hiroshima.co.jp/okayama-k.html

◇お申し込み・お問い合わせ先
  【環境ビジネス取組セミナーinおかやま 事業請負会社】
   株式会社広島朝日広告社 
     TEL 082-228-0131 FAX 082-221-1718

岡山県と岡山県産業振興財団では、本年11月、リサイクルビジネスの広域ネットワーク形成などにより環境産業の振興を図るため、中国四国地域を中心に3R等の新技術・関連商品などを紹介する「中四国環境ビジネスネット(B-net)フォーラム2017」を開催いたします。
このたび、下記のとおり「展示ブース」の出展者を募集いたしますので、広域的な環境ビジネスの展開を目指す企業・機関の積極的な応募をお待ちしています。

◆出展事業  中四国環境ビジネスネット(B-net)フォーラム2017
◆会  期  平成29年11月28日(火)13:00~17:00
           ※展示商談会 15:00~17:00
◆会  場  岡山コンベンションセンター ママカリフォーラム 1F イベントホール
          (岡山市北区駅元町14-1 岡山駅中央改札口徒歩3分)
          ※アクセス→ http://www.mamakari.net/access/
◆主  催  岡山県、公益財団法人岡山県産業振興財団
◆出展対象
   (1)環境関連の新技術・製品等の事業化を検討中の企業・団体及び研究者(研究機関)
   (2)新技術を活用して広域的な環境ビジネスの展開を目指している企業
   ※原則として中国地方・四国地方に事業所を有する企業・団体、及び同地域内の各大学研究者等
◆出展料   無料 (搬入・搬出費用は出展者負担)
◆展示小間  パーテーション W80cm×H240cm×2枚 ※A1サイズパネル2枚程度掲示可
          社名板、展示テーブル1本(W180cm×D45cm×H70cm)、椅子2脚、テーブルクロス
◆募集団体  20~25社(機関)程度 ※岡山県内10団体・岡山県外10団体・研究機関5団体 (想定)
◆募集期間  平成29年9月19日(火)~平成28年10月16日(月)
◆募集要領  下記よりダウンロードしてください
◆出展申込
   下記より出展申込書(Word形式)をダウンロードし、必要事項を記入の上、FAXまたはメールにて
  お申し込みください ※会社案内、出展品に関する資料は後日郵送可
◆備  考   予定小間数に達した場合は締切前であってもお断りすることがあります
◆お申し込み・お問い合わせ先
    公益財団法人岡山県産業振興財団 ものづくり支援部 研究開発支援課 担当:竹内・保本
     〒701-1221 岡山県岡山市北区芳賀5301 テクノサポート岡山3F
     TEL 086-286-9652 FAX 086-286-9676 E-mail:stake@optic.or.jp

「エコプロ2017~環境とエネルギーの未来展」への岡山県ブース出展につきましては、定数に達しましたので募集を締め切ります。
多数のご応募ありがとうございました。

岡山県では、県内企業等が開発した先進的な環境関連技術・製品をPRし、広域的な販路展開を支援するため、本年12月7日から3日間にわたり東京ビッグサイトで開催されるアジアを代表する環境・エネルギーの総合展示会「エコプロ2017~環境とエネルギーの未来展[第19回]」に岡山県ブースを設置し、共同出展します。
下記のとおり出展者を募集しますので奮ってご応募ください!!

◇出展事業  エコプロ2017~環境とエネルギーの未来展[第19回]
◇会   期  平成29年12月7日(木)・8日(金)・9日(土) 10時~17時
◇会   場  東京ビッグサイト 東ホール(東京都江東区有明3-10-1)
           アクセス→ http://www.bigsight.jp/access/transportation/
◇主   催  一般社団法人産業環境管理協会、日本経済新聞社
◇出展規模  700社・団体、1,500小間(見込み)
◇来場者    170,000人見込み
◇募集対象  環境負荷低減に繋がる先進的な技術・製品等の販路拡大、及び環境ビジネスの市場
         開拓を目指す、岡山県内に事業所を有する企業等 6社程度 ※共同出展可
◇出展小間  1小間:W2485mm×D1980mm×H2700mm (予定)
   ≪基本設備≫(予定)
     カーペット、パラペット、社名板、パネル設置用造作、LEDスポットライト2灯、
     コンセント(1kW)1個、一次配線工事、会期中の電気供給量1kW以内
   ≪共用≫
     インフォメーション、ストックルーム、商談スペース
◇出展ゾーン  ビジネスマッチングEXPO  
◇出展費用  221,400円
   ☆出展料及び小間基本装飾に係る経費(共用スペースを含む)の一部を補助します。
   ≪出展者負担金内訳≫
      出展料345,600円(税込)×1/2+小間装飾費×1/4
   注1) 基本装飾以外の追加工事費及びオプション備品等、上記以外の経費は、別途、装飾業者から
      請求されますので予めご了承ください。
   注2) 出展決定後(7月中旬予定)、出展費用を請求させていただきますので、振込期限(8月25日
      予定)までに指定口座にご入金ください。
◇申込方法
    出展申込書(下記よりダウンロードしてください)に必要事項を記入の上、会社案内、出展品等の
   カタログ等を添えてお申し込みください。
    なお、出展希望の場合は必ず事前に事務局へご連絡ください。(TEL可)
◇申込期限  平成29年6月26日(月)17時まで ※必着
◇出展者説明会  平成29年10月上旬(予定)、テクノサポート岡山で行います。
◇開催概要  「エコプロ2017」公式サイトをご参照ください→ http://eco-pro.com/2017/
◇事務局(お申し込み・お問い合わせ先)
   公益財団法人岡山県産業振興財団 ものづくり支援部 研究開発支援課 担当:竹内・保本
    〒701-1221 岡山市北区芳賀5301 テクノサポート岡山3F
    TEL 086-286-9652 FAX 086-286-9676 E-mail:stake@optic.or.jp

公益財団法人廃棄物・3R研究財団では、使用済製品等のリサイクルプロセス全体のエネルギー起源二酸化炭素の排出の抑制及び再生資源の回収効率の向上を図るための技術を導入する事業に対して、補助金を交付する事業を実施します。
以下のとおり補助対象事業を公募しますのでご案内いたします。

◇応募受付期間
   平成29年4月27日(木)~5月31日(水)17時必着
◇補助対象事業
 (1)複数樹脂同時選別設備導入事業
     使用済製品のリサイクル工程における複数樹脂同時選別のための光学選別設備を導入する
    事業であること。
    ※ 「複数樹脂同時選別」とは、複数の樹脂及びその他異物の混合物を対象として、1つの設備を
     用いて、樹脂種類の特定並びに圧縮空気等を用いた2種類以上の樹脂及び残さの計3種類
     以上への選別を自動的に行うことをいう。
 (2)非鉄金属高度破砕・選別設備導入事業
     使用済製品のリサイクル工程におけるアルミ、銅等の非鉄金属高度破砕・選別のための設備
    を導入する事業であること。
    ※ 「非鉄金属高度破砕・選別」とは、例えば、素材の分離・選別性を向上させる高効率な破砕や、
     Ⅹ線等を用いた含有元素等に応じた合金選別、複数センサーを組み合わせた高効率選別など、
     先進的な技術を用いて従来の破砕・選別よりも回収される素材の量又は質を向上させる破砕・
     選別をいう。
◇応募申請対象者
 (1)民間企業
 (2)独立行政法人通則法(平成11年法律第103号)第2条第1項に規定する独立行政法人
 (3)一般社団法人・一般財団法人及び公益社団法人・公益財団法人
 (4)法律により直接設立された法人
 (5)その他環境大臣の承認を得て財団が適当と認められる者
◇補助率  補助対象経費×1/2
◇補助事業実施期間  交付決定日~平成30年2月末日
◇応募方法
   下記サイトから公募要領、補助金応募申請書等をダウンロードし、必要書類を添えてご応募ください。
   http://www.jwrf.or.jp/subsidiary/save_co2/current/format.html
◇提出先・お問い合わせ先
   公益財団法人廃棄物・3R研究財団 担当:金井さん、久松さん、井草さん
    〒130-0026 東京都墨田区両国3-25-5 JEI両国ビル8F
    TEL 03-5638-7162 FAX 03-5638-7165

岡山県では、県内中小企業者等が「岡山県エコ製品」への認定を目指すなど、循環資源を原料とした競争力ある新製品開発のための事業化可能性調査・検証事業や実用化研究事業を行う場合に必要な経費の一部を補助する「平成29年度エコプロダクツ製品化支援事業費補助金」の対象事業者を募集しています。
本年度新規に策定された事業ですので、奮ってご応募ください!!

◇補助対象事業者
   県内の中小企業者又は中小企業者の団体
◇補助対象事業
   「岡山県エコ製品」への認定を目指すなど、循環資源を原料とした競争力ある新製品開発のための
  事業化可能性調査事業や実用化研究事業
◇補助率等
  (1)事業化可能性調査・検証事業
     ○補助対象経費:人件費、旅費、試験分析費、市場動向等調査費
     ○補助率:1/2以内(※指定循環資源を原料とする場合は2/3以内)
     ○補助上限額:1,000千円/件
  (2)実用化研究事業
     ○補助対象経費:人件費、旅費、試験分析費、原材料費、機械装置費、工具器具費、共同研究費、
      技術指導受入費
     ○補助率:1/2以内(※指定循環資源を原料とする場合は2/3以内)
     ○補助上限額:3,000千円/件
◇実施期間  交付決定日(7月上旬予定)~当該年度の2月末日
◇受付期間  平成29年4月6日(木)~5月26日(金)17時必着
    ※採択額が予算額に達しない場合は追加募集を行う場合があります。
◇応募方法
  下記サイトより補助事業計画書(様式)をダウンロードし、必要書類を添えて期限内に原本1部、補助
 事業計画書を収録した電子媒体(メール送信可)を提出してください。
  http://www.pref.okayama.jp/page/508272.html
◇提出先・お問い合わせ先
   岡山県産業労働部 産業振興課 新産業推進班 担当:伊集院さん、青葉さん
    〒700-8570 岡山市北区内山下2-4-6 TEL 086-286-7380 FAX 086-224-2165

中四国環境ビジネスネット(B-net)では、岡山バイオマスプラスチック研究会と共催で、第38回岡山バイオマスプラスチック研究会を開催いたします。
岡山バイオマスプラスチック研究会は、産学官が連携しながら、基礎となる技術や製品開発の推進、バイオマスプラスチックの利用拡大に向けた普及啓発等を通じて、グリーンバイオ産業群の育成、及び資源循環型社会の構築の促進を目指しています。
第38回となる今回は、次世代高機能素材として注目されるセルロースナノファイバー(CNF)の動向に加え、CNFの特性を活かした衣料用材料としての応用の可能性についてもご紹介いたします。
当日は、国内のCNFサンプル提供企業情報を取りまとめた最新版もご提供いたしますので、奮ってご参加ください。

◇日時  平成29年3月23日(木) 13:15~17:00
◇会場  ピュアリティまきび 2F 孔雀 (岡山駅東口徒歩7分)
         アクセス→ http://www.makibi.jp/map.htm
◇主催  岡山バイオマスプラスチック研究会
◇共催  中四国環境ビジネスネット(B-net)
◇参加費  無料
◇定員  100人
◇プログラム
  13:20~14:30 講演①
      セルロースナノファイバーの特徴と樹脂複合化技術の展開
          地方独立行政法人京都市産業技術総合研究所 研究戦略フェロー 北川 和男 氏
 
  14:40~15:50 講演②
      セルロースナノファイバーのテキスタイルへの応用
          東京家政大学 家政学部 服飾美術学科 准教授 濱田 仁美 氏

  16:00~16:30 研究会会員企業による事業紹介
      ①CNF(セルロースナノファイバー)の高機能化「高性能消臭剤の開発」
          真庭バイオケミカル株式会社 専務取締役 網屋 繁俊 氏
      ②CNF(セルロースナノファイバー)の商品化に向けての取組状況
          モリマシナリー株式会社 セルロース開発室 室長 山本 顕弘 氏

  16:30~16:45 グリーンバイオ・プロジェクトコーディネーター活動報告
          岡山県産業労働部産業振興課
          グリーンバイオ・プロジェクトコーディネーター 竹内 善幸 氏

◇参加申込 下記申込フォームからお申し込みください ※3月15日(水)まで
         http://www.optic.or.jp/okayama-ssn/event_detail/index/1188

◇お申し込み・お問い合わせ先
   公益財団法人岡山県産業振興財団 技術支援部 研究開発支援課 担当:竹内・田原
     TEL 086-286-9652 FAX 086-286-9676 E-mail:stake@optic.or.jp

平成28年12月8日から3日間にわたり開催された「エコプロ2016~環境とエネルギーの未来展」への岡山県ブース出展報告を「活動実績」にアップしました。
http://bnet-okayama.jp/event_detail/show/15.html